サンクチュアリ

美味しい物・綺麗なもの・楽しい事

のんびり古都、こと・・・。 その5 ( 南禅寺 水路閣 )

2017-03-29 08:51:38 | 橋紀行
 何度も訪れているのに、今まで見逃していた「南禅寺 水路閣」、今回は、だんなさんと二人気ままな車の旅なので、新緑や紅葉の季節なら混んでいそうなこの場所にも行ってみることにしました。


     
     絶景かな!で有名な南禅寺山門

 この辺りも見所満載なのですが、ずずずーっと奥まで進み、右手「南禅院」の方に向かうと・・・。

     
     古い建物の間に「南禅寺 水路閣」が見えてきます。

 『   史跡琵琶湖疏水のうち   「水路閣」

 疏水事業は,京都府知事北垣国道の発意により.田辺朔郎工学博士を工事担当者として.明治18年に起工され,同23年に竣工した。  水路閣は,この疏水事業の一環として施工された水路橋で,延長93.17メートル,幅4.06メートル,水路幅2.42メートル,煉瓦造,アーチ構造の優れたデザインを持ち,京都を代表する景観の一つとなっている。
 また,ここから西500メートルにあるインクラインは,高低差のある蹴上の舟だまりと南禅寺の舟だまりを結ぶ傾斜地に上下2本のレールを敷き.艇架台により舟を運ぶ施設で,当時の舟運による交通事情がよくうかがえる。
 いずれも,西欧技術が導入されて間もない当時,日本人のみの手で設計,施工されたもので,土木技術史上.極めて貴重なものであり,昭和58年7月1日に「疏水運河のうち水路閣及びインクライン」として京都市指定史跡に指定された。
 また,平成8年6月には,この水路閣,インクラインに加え,第1疏水の第1・第2・第3隧道の各出入口,第1竪坑,第2竪坑,明治36年に架設された日本初の鉄筋コンクリート橋(日ノ岡第11号橋),同37年架設の山ノ谷橋などが日本を代表する近代化遺産として国の史跡に指定された。』( 案内看板より 青色文字は私が付けました。)

 
 古いお寺の建ち並ぶ静かな場所にある「南禅寺 水路閣」は、違和感なく風景に溶け込んでいるように見えました。明治という時代の建造物は、色々なところで見てきましたが、時代の息吹が感じられて、人々の営みがイキイキと目に浮かぶようです。
 

     
     いくつも重なるアーチが綺麗です。


 「肝心の水路はどこ?」
と私が言うと、そのあたりを歩き回っていただんなさんが
「こっちから見れるよ~。」
と手招きします。     

     
     「魚つり禁止」の看板 ・・・、魚がいるのか???

      
     左側「南禅院」の方から坂の上の方に向かって流れているような・・・?

 いつか、琵琶湖疎水を全行程見てみたいと思いながら「南禅寺 水路閣」を後にしました。京都に住んでいる子供たちは、課外学習などで、ここのこととか勉強するのかな? なんだかすごく羨ましいような気がしました。

 私は、何故か?「水道橋」が好き・・・💦
     スペインの水道橋 フランスの水道橋なども見てね。



  施設紹介   南禅寺 水路閣  京都市京都府左京区南禅寺福地町86

                                                      つづく

 

     
コメント

情熱の?スペイン旅行 その10 ( ラスファレラス水道橋 )

2015-11-04 08:36:50 | 橋紀行
 お腹がいっぱいになった私たちは、早くもバルセロナを後にして、タラゴナに向かいます。
紀元前3世紀にローマ人によって築かれたタラゴナには、現在も「円形競技場」「カテドラル」などが残っているそうですが、私たちは、バスの運転手さんの休憩時間に合わせて、「ラスファレラス水道橋」をちょこっと見るだけでした。

     
     バスの窓からは素敵な街並みが見えます。

    
     
     紀元2世紀のローマ時代に建設された「ラスファレラス水道橋」 橋の上を歩くことができるらしい。

 昨年訪れたフランスでも「水道橋」を見学しました。その時のことは、以前のご紹介のページを見てね。

 この後、約260kmほど先のバレンシアを目指してバスはひた走り・・・。途中休憩したドライブインでは、添乗員さんお薦めの「生絞り」の「バレンシアオレンジジュース」を頂きました。

     
     バレンシアと言えば・・・、オレンジ!

     
     フレッシュジュース! 美味しい!


  <スペイン よもやま話 添乗員さんのこと>

 今回のスペイン旅行の添乗員さんは、パンフレットにお名前が載っているくらいベテランの方でした。私たちは、時季とお値段だけを目安に決めてしまったので、特に添乗員さんを選んだ訳ではありませんでしたが、お話を伺ってみると、「びっくりポン!」で、なあんと今回で、添乗員さんとしてのスペイン旅行は、307回目とのこと! 観光地はもちろんのこと、ホテルやお土産、抜け道から駅やトイレ、果ては、怪しい人や法外なお値段を吹っ掛けるお店などまで、スペインのことを知り尽くしている方でした。(スリの顔まで知っていた・・・。)
特にお土産物は、同じものでも安く買えるお店を教えて下さったり、美味しいものを買えるようにして下さったりと女性たちには絶大なる人気を博しておりました。
添乗員さんもご愛用の「シワとりクリーム」やオリーブのハンドクリーム、お薦めの「イチジクチョコ」など、私もつい買ってしまいました。添乗員さん、本当にスペインが大好きみたいです。



     
コメント

きまぐれ旅行 その16 ( 帰り道 )

2015-10-22 07:23:38 | 橋紀行
 さて、帰り道は、高知から「高知自動車道」に乗り、川之江JCTで高松自動車道、坂出JCTで「瀬戸中央自動車道」、倉敷JCTで山陽自動車道と乗り継いで、無事に富士市に帰ってきました。
 
     
     「飯野山(讃岐富士)」が真正面。二人とも何年か前のことを思い出して・・・。

 娘が嫁ぐ前に家族で四国旅行をしたのですが、その時に金比羅山からこの山を見たような・・・。金比羅山からの飯野山(讃岐富士)をご覧になりたい方は、このページの最後の方を見てね。


     
     
     
     美しく近代的な橋と青い空。どこまでも遠いところに行けそう・・・。

     
     与島PAで一休み

     
     こんな風に橋を考えた人も造った人もすごいなあ~。

     
     刈谷SA 夕景

 今回も行きたいところだけ行くというわがままな旅行でしたが、だんなさんと二人の旅行は、のんびりと勝手気ままで、とても楽しかったです。だんなさん、4日間、運転お疲れ様でした。
お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。
 皆さんがこれを読んでくださっている頃、だんなさんと私は、異国の地でグーグー寝ているかも・・・。
もし、iPadで投稿できるようなら、頑張ってみるつもりです。

                                                 お終い。


     


     
コメント

きまぐれ旅行 その12 ( 四万十川 遊覧 )

2015-10-17 07:34:46 | 橋紀行
 三島川之江ICで「松山自動車道」に入り、川之江JCTで高知自動車道に進み、山の中をひた走り、四万十町中央ICを降り、道の駅でお昼ご飯を頂いたのは、ちょうど12時でした。
ここからは一般道、のんびり走ります。


     
     たぶん?仁淀川かと・・・。


     
     田んぼは黄色く色づいてとても綺麗です。


     
     この辺りは、コメどころらしく、好きなタイプのクッキーを見つけ、車の中でポリポリ・・・。


     
     この旅行で初めて、青い海です。


     
     お天気が良いと気持ちいいね~! だんなさん、晴れ男かな?


     
     可愛い電車と遭遇。     


     
     1926年(大正15年)開通の四万十川橋(赤鉄橋)

 この橋を過ぎてしばらくして、ナビは、何故か川沿いの細い道を示して、とても不安な気持ちになり、どうにか広い道に戻り、遊覧船に乗ろうとしていただんなさんと私が、「四万十の碧(あお)」に着いた時には、2時を少し過ぎていました。車を停めているとお店の方が出てきてくれて、私たちが、遊覧船に乗りたいと申し出ると、船を待たせてくださって、2時発の船に乗せてくれました。
だんなさんは、船から四万十川が見たかったようなので、とても助かりました。(もう1時間ここで待つのはつらいので・・・。)


     
     三里沈下橋

     
     昨日の雨で濁っているとのことですが・・・。

     
     鮎を食べてしまうので、嫌われているという「カワウ」(鵜は、だんなさんの好きな鳥です)

 あちらこちらに浮いているペットボトルは、川エビやうなぎなどを捕るための仕掛けだそうです。

     
     鮎漁中の漁師さん

     
     全長291.6m、四万十川最長、最も下流の沈下橋、「佐田沈下橋」

 テレビドラマなどでもここが使われていましたね。

     
     川が光って・・・。

     
     三里沈下橋に戻ってきました。

     
     橋の下をくぐって、出発地に戻ります。

     
     私たちが乗ったのは、こんな船。1時間ほどの四万十川満喫の遊覧船でした。

 帆掛け船やカヌーなどに乗ることもできるようです。(別の会社ですが・・・。)

『 四万十川は、全長196km、四国では最長の大河で、「最後の清流」と呼ばれています。現在でも伝統的な川魚漁がおこなわれています。上流から下流までには、多くの沈下橋が架けられています。』

 最後の清流という言葉から澄んだ川の流れを想像していたので、碧い水が悠々と流れている様は、私が思い描いていた四万十川とは、かなり違っていましたが・・・。お天気も季節も良くて・・・。本当に良いところでした。


  遊覧船紹介   四万十の碧(あお)  高知県四万十市三里 1446
                          ☎ 0880-38-2000
 
 ホームページにクーポンあり。 JAFカードの割引あり。


                                                   つづく
コメント

きまぐれ旅行 その3

2015-10-03 13:00:36 | 橋紀行
3日目は、だんなさんの希望で、高知県まで足をのばすことにしました。いつもながらここもあそこもと欲張りな私と違って、希望はいたってシンプル、四万十川に架かる「沈下橋」、龍馬の見た「桂浜」に行きたいというものでした


昨夜の雨で、水が濁ってしまったとか・・・。碧い川は、悠々と流れていました。



桂浜 黄昏れ時

詳しいお話は、帰ってから・・・。
四苦八苦しながら投稿していますが、スマホ版で見ると、写真の縦横や上下が変になっています。どうしたら良いやら・・・。見難くて、ごめんなさい。






コメント

あまりに遠し、フランス旅行 その15 ( アヴィニヨン橋 )

2014-07-04 07:08:54 | 橋紀行
 長らくお休みしていたフランスのお話です。

 バスでアヴィニヨンまで戻り、まずは、ローヌ川に架かる「アヴィニヨン橋(サン・ベネゼ橋)」を対岸から眺めます。



     
     川幅の広いローヌ川に架かる「アヴィニヨン橋(サン・ベネゼ橋)」、右側はアヴィニヨンの街

『 アヴィニヨン橋(サン・ベネゼ橋)

12世紀に「ローヌ川に橋を」と神のお告げを聞いたベネゼ。民衆に狂人扱いされたが、巨大な石を川に投げ込む奇跡を見せ橋の建造に至った。1226年に十字軍に破壊され、再建されたが17世紀のローヌ川の増水で半壊し今の姿になった。』(るるぶフランスより)


     
     途中までしかないので、対岸までは渡れませんが、アーチと川のコントラストが美しい橋です。


     
     橋の真ん中には、「サン・ニコライ礼拝堂」があります。


 「アヴィニヨン橋」と聞けば、誰もがつい口ずさんでしまう ♪アヴィニヨンの橋の上で 踊ろうよ 踊ろう ♪の「アヴィニヨン橋」
本当にあったのね。私の頭の中では「アヴィニヨン」の単語が出るたびに♪踊ろうよ 踊ろう♪が流れて・・・。
ガイドさんのお話だと
「実際には橋の下で踊った・・・。」
とか・・・。こういう幼いころに口ずさんだ歌の威力はすごい! ほらほら、あなたも踊りながら口ずさんでしまうでしょ?


     
     城壁に囲まれた「アヴィニヨンの街」 「法王庁宮殿」の大きな建物が見えます。


     
     「アヴィニヨン」の文字がくり貫かれたごみ箱 

 日本ではコンビニやSAなど以外では、見つけるのに苦労するごみ箱もフランスでは至る所に置かれていて、とても助かりました。


               
               レンタサイクルもカラフルで素敵! 川沿いを走ったら気持ちよさそう・・・。


     
     「ダラティエ橋」を渡って「アヴィニヨン」の街に向かいます。


 さて、いよいよ(古い街並みや建物が好きなので、嬉しくて小躍りしてしまう・・・)バスから降りて、厚い城壁の内側に入って行きます。


                                                  つづく

 


     
コメント (2)

あまりに遠し、フランス旅行 その13 ( ポン・デュ・ガール )

2014-06-27 07:03:06 | 橋紀行
 次の訪問地は、「ポン・デュ・ガール」、アルルから63km、バスで50分くらいの道のりです。


     
     アルルを出てすぐ、大きな川(ローヌ川)を渡ります。両岸には、石の建物が並んでいます。


               
               牧草でしょうか? 立方体とは珍しい?


     
     何の工場かな? 


               
               ダムが見えます。(ダムを見たのは、今回の旅行でひとつだけでした・・・。)


『ポン・デュ・ガール   (世界遺産)

ガルドン川(ローヌ川の支流のひとつで長さ127.4km)に架けられた、ローマ時代の巨大な水道橋。

ユゼスのユール水源からニームまで約50kmをつないだ水路の一部。現在ほぼ完璧な姿で残っているのは全長275mのこの橋のみで、ローマ帝国時代の紀元38年から52年の間に建造された。およそ1000人の労働者、5万tの石が使用されたとみられる。5世紀にわたり毎日2000万ℓ以上の生活用水を運び続けたが、パイプ内に溜まった石灰が水質を汚染し、使用中止に。18世紀には土台のアーチ部分が増築され、20世紀まで幹線道路として利用された歴史をもつ。』(るるぶフランスより)


     
     河原のようなところを歩いて、橋に向かいます。


     
     緑に囲まれた美しい橋です。     


     
     長さ 275m、高さ 49m、上中下と3層に分かれています。


     
     川辺で寛ぐ家族連れ、上流からはカヌーに乗った人が下ってきます。


               
               あっという間に橋のところまで下ってしまいました。気持ちよさそうですね~。


     
     橋の上から上流を望む


               
               橋の上から下流を望む


     
     1世紀ごろと車道を増築した18世紀頃の二つの工事に携わった石工のサインと日付が記してあります。


               
               橋のアーチの部分にも数字が書かれています。


     

     

『 上層
 35アーチの最上部にモルタルを用いた水道管が設置された。水源からニームまで標高差わずか17m。勾配は17度、1緒につき34cmという精緻な技術で50緒の水路を完成させた。』


『 中層
 中層は長さ265m、高さ21m、幅5mでアーチの数は11。右岸から数えて第4アーチの上部にはウサギのように見える彫り物が残されている。これはポン・デュ・ガールに隠された魔法のシンボルと考えられている。』


『 下層
 下層は長さ約155m、高さ20m。アーチの幅は狭いものが15.75m、一番広いところで21.5mの6つのアーチから成る。1743年、技師アンリ・ピトーの指揮で幅7mの下層を増築し、道路として使用された。』(るるぶフランスより)


 魔法のシンボル、見逃した~。見事な土木技術に、ただただ驚くばかり。実用的な水道橋なのに美しい・・・。


     
     5ユーロ札の裏には、この橋が印刷されています。

 ユーロの硬貨と紙幣のデザインは、表はEU各国共通ですが、裏面は国によって異なるそうです。


                                                  つづく

 こちらでの研修のために帰って来ていた息子は、横浜での研修のため、一緒に夕ご飯を食べて、また横浜に戻って行きました。息子がいなくなったリビングは、また妙に広々してしまいました。いると手間もかかるのですが、いなくなるとつまらない・・・。だんなさんと二人だとなんだか静かな感じです。


 

     
コメント

あまりに遠し、フランス旅行 その12 ( ゴッホの跳ね橋 )

2014-06-26 06:58:27 | 橋紀行
 アルルの街から少し離れたところに「ゴッホの跳ね橋」があります。


     
     1888年にゴッホが狂気と正気の間で描いた「ラングロワの跳ね橋」がモデル


     
     1960年に絵を元に復元されたそうです。


     
     運河は、静かに流れていました。


 ゴッホは、アルルで300点もの絵を描いたということですが、アルルにはゴッホの絵は1点もないそうです。
ゴッホの愛した風景の中で添乗員さんから聞くゴッホの生涯は、街の華やかな明るさとは、かけ離れたものでした。
「ゴッホ」といえば、富士市にあった大きな製紙工場の社長さんが、苦労して「ひまわり」を手に入れて、自分が亡くなったら、一緒に棺桶に入れてくれ!とおっしゃっていたという噂がまことしやかに語られていたことがありました。噂の真偽は、分りませんが、一人の人が、それほどまでに想う「絵」とは、どんなものなのか? 人の情念の激しさに驚いたことを鮮明に覚えています。
 アルルでは、ゴッホの絵のレプリカが街のあちらこちらで、実際の風景と一緒に観ることができるようになっていて、少しだけですが、芸術家の目線を体験できました。


                                                    つづく

 息子が帰ってきているので、賑やかな我が家。もう社会人なんだなあ~。


 

 
  
コメント

心まで青く染めて・・・ その7 ( 宮古島・池間島 )

2014-05-05 07:19:29 | 橋紀行
 お腹がいっぱいになった私たちは、伊良部島に別れを告げ「佐良浜港」からフェリーに乗り、再び宮古島「平良港」に戻りました。


     
     気になっていた「サシバの展望台」ともお別れです。


 ここから、北に向かい「池間島」「東平安名崎」(宮古島)を目指します。


     
     車窓から「人頭税石」を見ました。

『人頭税石(にんとうぜいせき)

 宮古島は世界でも類例をみない悪税といわれた人頭税によって苦しめられた島です。
慶長14年(1609年)、薩摩の琉球侵略の結果、琉球王府はその財政に貧窮し、その対策として宮古・八重山の両地方に限り寛永14年(1637年)から人頭税を課すことにしました。男女15歳以上50歳までの人を対象に税が課せられ、男は粟を女は宮古上布を納めました。賦計り石(ぶばかりいし)とも呼ばれる人頭税石は高さ1m43cmの石柱で、この石の高さ以上の背丈になると、税が課せられたという伝承もあります。この悪税は明治になっても続き、島民や新潟県出身の中村十作らの帝国議会への直接誓願の結果、明治36年(1903年)になってようやく廃止されました。』(宮古島楽園観光 (株)八千代バス・タクシー パンフレットより)


 宮古島の北端から「池間大橋」を渡って池間島に向かいます。

『池間大橋

 宮古島本島と池間島を結ぶ離島架橋です。全長1425m。総工費99億円をかけて1992年2月に完成しました。』(宮古島楽園観光 (株)八千代バス・タクシー パンフレットより)


 
     

               

     

 言葉では言い表せない「あおい海」に思わず歓声が上がります。


     
     
     海辺まで下り、池間大橋を望む


               
               大神島を望む


     
     海も橋も美しい


 海の青さを満喫した後は・・・。

     
     昭和の香りのするお店で・・・。


     
     紅いもソフトクリームを頂きました。

 夏を思わせる日差しが照りつけ・・・、焦ってペロペロ・・・、少しお行儀の悪い私たちでした。


     
     宮古島北西にある「西平安名崎(にしへんなざき)」 風力発電の風車がゆったりと回っていました。


                                                  つづく

 あっという間の1泊2日、娘とtakaさんは、昨日夕方、遠い街に戻って行きました。楽しんでくれたかな?
今日、息子はビールやらお菓子やらを買い込んで、大学の研究室のバーベキューに参加するようです。タフだね~。
コメント

心まで青く染めて・・・ その5 ( 伊良部島・下地島観光  )

2014-05-01 07:30:18 | 橋紀行
 博愛漁港で「半潜水式水中観光船」を降りた私たちは、バスで平良港に向かい、バスも一緒に大きなフェリーに乗って、「伊良部島」の玄関口「佐良浜港」に着きました。


     
     来年完成予定の「伊良部大橋」
     

『伊良部大橋(いらぶおおはし)は、沖縄県宮古島市の宮古島と伊良部島とを結ぶ予定の橋。2006年3月18日に起工し、2015年の開通を目指している。全長3,540mで、完成すれば、2006年に完成した新北九州空港連絡橋を抜き、通行料金を徴収しない橋としては日本最長となる。』(ウィキペディアより)

     
     
     建設中の伊良部大橋と観光船


     
     海の上の橋ってこんな風に造るんだ・・・。


     
     遠くに見えた鳥?飛行機?の展望台

 この展望台が気になって、たくさん写真を撮ってしまった・・・。


     
     緑豊かな伊良部島が見えてきました。


     
     伊良部島上陸、佐良浜港近くは、案内してくださったバスガイドさんのお宅がある独特な雰囲気の集落


 伊良部島と「下地島(しもじじま)④」は、まるで仲良しの親子のようにくっついていて、初めて訪れた私には自分がどちらにいるのか分らなくなってしまいました。二つの島は、6本の橋で、繋がっているそうです。


     
     大きな津波で運ばれてきた「津波岩」がごろごろしている「佐和田の浜」   


     
     日本で唯一パイロットの飛行訓練ができる「下地島 パイロット訓練飛行場」


     
     無事着陸! ドキドキしてしまった・・・。

 パイロットは、青い海に降り立つような気分なのかしら? なんだか素敵ですね。(そんな余裕はないかも?)


     
     ダイビングの人たちのボートが浮かぶ 下地島の外周道路沿いにある「中の島ビーチ」      


     
     外側は海、内側はサトウキビ畑


     
     伊良部大橋から「ホテルサウスアイランド」(NHKの朝のドラマ「純と愛」のおじいのホテル)を望む


 写真もバスの中から撮ったものが多く、情報もバスガイドさんのお話を聞いて後から深い記憶の底から引き揚げたような感じなので、間違いがあるかも・・・。すみません。


                                              つづく
コメント