the Laughing Gnome

スポーツ・音楽・美術に関する話題。
庭園めぐりのような老人趣味についても。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1982日本シリーズプログラムから写真を抜粋

2004-11-30 | スポーツ/ベースボール
おもしろいもの(主に広告)、有名選手の写真を抜粋しました。 日程とコミッショナー 両リーグ会長と両チームオーナー。堤義明氏(当時40代後半)が若いですね。 <西武> 西武黄金時代の象徴のような二人。森さんの名前が現在の「祗晶」ではないのが印象的ですね。広岡氏は「玄米食・菜食を中心とした食事革命」を行ったそうです。ライバルの日ハム・大沢監督(「喝だ~!」の人です)葉っぱ食べて勝てるならヤギさ . . . 本文を読む

1982年の日本シリーズ

2004-11-29 | スポーツ/ベースボール
実家の父が1982年の日本シリーズのプログラムを送ってきてくれた。 今年のものと比べると値段が500円と半分の値。また当時はカラーページが少ない。 このシリーズのカードは今年と同じ「中日対西武」。表紙には楽天監督の田尾氏、オークランド・アスレチックス監督のケン・モッカ氏、当時の西武・広岡監督、東尾氏、らが確認できる。 中を覗くと・・・、クラウン(景品)が古い!また中ほどに景品の車と流行歌と選手 . . . 本文を読む
コメント (8)

モス匠味バーガーを食す

2004-11-28 | 人に食あり
外食が好きなわけではないが、最近自分の作る料理にマンネリを感じてきた。マンネリを打破しようにも野菜と卵が高い。魚が安かったので魚を食べることも多かったがさすがに飽きてきた。なんだかやる気がない。おかげでパンばかり食べている。子どもの頃から米よりパンが好きだった。 昭和30年代には米国重視のためにパン食を推進したらしいが 私が小学校に通う頃(昭和50年代末期)には給食も米が主流だった。おかげで憂鬱で . . . 本文を読む
コメント (6)

映画感想文:「ショー・ミー・ラブ」田舎の青春は万国共通だ

2004-11-27 | 日記・雑記
スウェーデンの青春映画というのを見た。「ショー・ミー・ラブ」という作品。 スウェーデンの田舎町が舞台で、主人公はヤンキーといじめられっ子でレズビアン(この設定は実に欧米的だ)。内容はたわいもないのだが、田舎の青春、田舎のヤンキーは万国共通だと思った。主人公の一人であるヤンキー少女は粗暴で、姉(やはりヤンキー)も粗暴。口癖は「町へ出て年寄りを襲って金を取ろう」とか「クスリがやりたい」とかどうしようも . . . 本文を読む

芸術の秋④皇居へロイヤルコペンハーゲンを見に行く

2004-11-27 | 国内旅行・庭園めぐり/散策・展覧会日記
11月23日に皇居へ行った。ロイヤルコペンハーゲンを見せてもらいに。 フフフ・・・と、いっても宮内庁の管轄である三の丸尚蔵館という博物館へ見に行ったのです。 デンマーク女王が訪日したこともあり、同国の王室が所有するヴィンテージ物のロイヤルコペンハーゲンが見られる、ということが新聞に載っていたので行くことにした。しかし相手は皇居。どうやって入るんかね??困った・・・。怪しまれやしないだろうか?もっと . . . 本文を読む
コメント (5)

私の愛読誌

2004-11-26 | 本・雑誌
私がよく買う雑誌、それは週刊ベースボールではなくて、「エスクァイア日本版」です。非常におもしろい特集がいつも組まれるので毎号とまではいきませんが、よく買っています。 買うようになったきっかけは2002年10月号の「北欧特集」。その後、現代の写真家、菓子、日本の島や沖縄、オランダ、ギリシャ、米国南部特集を買い、何回か購入をお休みしていたものの、今月、「南米音楽特集」を買い、姉妹誌の「Luca」が金沢 . . . 本文を読む

芸術の秋③:気鋭の写真家が撮った「大阪球場」

2004-11-22 | 国内旅行・庭園めぐり/散策・展覧会日記
森美術館3階のアートショップで見たもの、それは洋書の表紙の「大阪球場」でした。 住宅展示場となっている「大阪球場」。 表紙にNaoya Hatakenakaの文字。出版元はおそらくドイツの会社でしょう。 大阪球場が住宅展示場となった後、取り壊されたのは知っていました。「探偵ナイトスクープ」でかつての南海ホークスファンが大阪球場で南海の名選手(たしか杉浦さん?)と野球盤で遊びながら昔の思い出を語 . . . 本文を読む

芸術の秋②現代芸術に驚愕する

2004-11-22 | 国内旅行・庭園めぐり/散策・展覧会日記
あんなすごいものが見られるとは夢にも思わなかった。 芸術の秋①ジョージ・ジェンセンの100年展@森美術館の続き。 ジョージ・ジェンセンのチケットがあれば他の展覧会も見られるというので、別にどっちでもよかったのですが、とりあえず見に行くことに。通路をぐるぐる歩いて、広いところに出たらエスカレーターがあり、横に立っている人物にチケットを見せ、上へ。 「Colors:ファッションと色彩」展へ。黒・白・青 . . . 本文を読む

明るいナショナル

2004-11-21 | スポーツ/ベースボール
モントリオール・エクスポズがワシントンに移転することになったのですが、その球団名がワシントン・ナショナルズになったそうです。「ナショナルズ」って読んでふと頭をよぎったのは、「水戸黄門」の番組中に流れたあかる~いナショナ~ルの歌。いやいやふざけていてはいけない。 このエクスポズについては「カナダのしかもフランス語圏になんかにあるから不人気」というのが大方のイメージでした。 カナダのフランス語圏=アメ . . . 本文を読む
コメント (2)

名古屋はええよ!グランパス君一家!

2004-11-19 | マスコット図鑑
マスコットネタです。 前に名古屋はええよやっとかめ2004のFLASH(いきなり音が出るからご注意ください。解説はこちら)を見たとき、 日本の中枢は名古屋に移り、瑞穂(みずほ)グラウンドが国立競技場にのとこでグランパスのマスコットが出てくるのだけど、それを見て思わず、なんじゃこりゃと思ってしまいました。こんな気分になったのは私だけでしょうか? 最初は思わず困惑してしまうこのマスコット。 名古屋グラ . . . 本文を読む
コメント (6)

やっと音楽ネタ~「ライブエイド」

2004-11-18 | 音楽の泉
表題で音楽について語ると言ってるのにちっとも音楽ネタを書いてませんでした(汗)。自分で言うのもなんだけど自分はそれなりの音楽ファンだと自負してるんですが、かなりマイペースなファンで、いわゆる「ビルボードTop40」とかオリコンとかあんまし興味がないし。そんなこともあってなかなかいいネタが見当たらなかったわけです。 ライブ・エイドのDVDが発売されています。 ライブ・エイドは1985年7月にイギ . . . 本文を読む
コメント (6)

ラミちゃん?あ~(泣)気を取り直してドラフト!

2004-11-17 | スポーツ/ベースボール
というわけで、ドラフトです。 と、言っても昔とは違ってこれといってワクワク感とか、失望感とか、そういうものはありません。 今回の話題はダルビッシュとか涌井とか一場とか野間口とかです。あと15歳の選手誕生というビックリニュースもあります。あと「巨人の星」とか。 個々の選手については今後、雑誌等で見ていくとして、驚いたのが 中日6巡目の石井裕也投手。先天性の難聴だそうです。プロは厳しいですし大変だ . . . 本文を読む
コメント (2)

芸術の秋①ジョージ・ジェンセンの100年展@森美術館

2004-11-16 | 国内旅行・庭園めぐり/散策・展覧会日記
(写真は「ムーンライト」1914年) 週末に六本木ヒルズにある森美術館へ行って来ました。デンマークの銀製品のブランド、「ジョージ・ジェンセン」が創設100年を記念し、同社の代表作及び、デンマーク国立美術館所蔵の近現代絵画を紹介するというので、これは行かなくては!と思っていたのですが、なかなか行けず、会期も残り一週間となったのであわてて行って来ました(苦笑)。 美術館の入り口へは看板等があり、それ . . . 本文を読む
コメント (8)

週刊ベースボール 11・22号

2004-11-14 | 本・雑誌
久しぶりに週刊ベースボールを買った。表紙が松坂と新垣だったから。おお!コレは買い!と思ってキオスク(いや東急だからキオスクという名ではないが・・・)で買った。 で、二人が対談してたりするんだけど、これが結構おもしろい。この二人が98年のアジアAAA選手権に出た際のエピソードが特に。 松坂:初めて一緒になったのは3年夏の甲子園後のアジアAAA選手権。すごいおとなしかったな。 新垣:猫かぶっとった . . . 本文を読む
コメント (8)

ご当地チェックに思う

2004-11-13 | 日記・雑記
やはり私は「石川県人」か「東京(非出身者)」がしっくりきます。今住んでる神奈川のは「もともと神奈川県、しかもディープな地域(横浜だったら「中区」とか「南区」とか・・・)の出身で今も当然在住」でないと当てはまらないものが多い気がします。でも理解できるものも増えたなあ。 ところで今日、土曜はいつも神楽坂まで某ヨーロッパの国の言語を学びに通ってるので、「東横線~半蔵門線~東西線」という、いつものルート . . . 本文を読む
コメント (2)