FPの胃袋 ~FP・社労士 川部紀子のブログ~

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士 川部紀子の腹の内。

FP・社労士事務所 川部商店

「つみたてNISA」月末に積立日を設定したら年末分はどうなるの?

2018-03-04 | ブログ
今年から始まった「つみたてNISA」

年間40万円の権利を使うために、毎月33,333円投資して、
銀行口座からの引き落とし日は、お給料日後の月末付近、なんて方は多いと思います。

そこで、
「あれ?年末ラストの引き落としの分って、年内の40万円に入るわけ?もしかして、来年分に回っちゃう?」
と疑問を持った方がいらっしゃいました。

素晴らしい気付きです。尊敬!

結論は、「来年の分になっちゃいます!」
となると、40万円の枠が1か月分あまります。

もったいない、枠を使い切りたいと思ったら、
ボーナス設定などで調整する仕組みが各社あるので、年内に枠をいっぱいまで使えるようにするといいですね。

さて、解説ですが、
投資信託には、注文日→約定日→受渡日という3つの「何とか日」があり、
NISAは受渡日で判断されます。

ちなみに、
注文日:申し込み受けたよ!
約定日:注文が成立したよ!
受渡日:お金をもらったよ!

商品によりますが、注文日から受渡日まで、7,8日くらいかかります。
土日祝日や、取引がお休みの休場日もあるので、10日前でギリギリ間に合うかどうかです。

年末年始は特にの進行に時間がかかりそうですね。

12月分の引き落とし日をお給料日後にしている人で、枠を使い切りたいなら、注意してくださいね!

毎日コロンコロンしている安男さん
この記事についてブログを書く
« 「はじめての資産運用講座」完了 | トップ | 動画アップ「つみたてNISAに... »
最近の画像もっと見る

ブログ」カテゴリの最新記事