FPの胃袋 ~FP・社労士 川部紀子のブログ~

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士 川部紀子の腹の内。

FP・社労士事務所 川部商店

プラス3520円で「冬限定」イタリア産ブーツの北海道仕立て

2019-12-01 | ブログ
冬に北海道に来る人に必ず聞くこと。
それは、「どんな靴を履いて来る予定?」

私の言わんとしていることをわかっている北海道の冬経験者は、
「冬に札幌に行った時に買った靴だよー!」とか、「裏付いてるから大丈夫!」なんて回答がきます。

でも、素人さんは「あったかーいブーツです!」とか「スノーブーツですけど、何か?」みたいな回答となります。

あったかいとか、スノー何とかは関係無し!

問題は「靴底」です。
札幌市内の場合、雪深いところを歩き回ることは無いはずなので、何ならブーツじゃなくて夏場と同じ革靴でも問題ありません。

もうおわかりですね?
長いとか、あったかいとか、そういう問題ではなくて滑らない靴底であることが重要です。

私はこの冬イタリア製の結構良いブーツを買いましたが、裏は当然フラットなわけです。

これでは、生粋の道産子だって転んで大怪我をしてしまいます。

そこで、本日靴底を付けてきました。
「一番滑らないヤツでお願いします!」
「はい!ウチではこちらですね。先払いで3,520円です。現金のみなんです。」

ということで2時間ちょっと経過後のご指定の時刻に出向きもらってきた完成品がこちら。

3,520円をプラスして、「冬限定」イタリア産ブーツの北海道仕立ての出来上がり!

もう少し、アップでこんな感じ。

猫と共にこんな感じ。

北海道の冬の素人さん。

冬の靴というのは「靴底」が全てですので、そこのところよろしくお願いします。

出張女子メシ 北見編 1人の時こそ「鮨幸」さんのお寿司

2019-11-27 | ブログ
女満別空港からバスで北見に入りました。

カーリングの街だけにポストの上に乗ってます!

私は、地方で1人の時こそお寿司屋さん!と思っています。

理由は、まず、カウンターがある!
そして、カウンター近くのテーブル席があったとしても、賑やかな人達に囲まれて肩身の狭い思いをすることもないのです。
その地域の美味しい食材に出会える確率も高いし!

北見といえば「鮨幸」さん。
鮨幸
0157-24-1201
北海道北見市北五条西4
お寿司屋さんだらけの街ですが、私は先週に引き続きこちらにお邪魔しました。

大将のおすすめを5貫お願いしました。

オヒョウの昆布じめ、マグロの漬け、軍艦巻きはカニの外子、ウニの漬け、蒸し穴子です。

その後、貝類を2貫追加すると、ツブとホッキが出てきました。

今日も安定の美味しさ!

ごちそうさまでした。

札幌女子メシ 二条市場編 のれん横丁「くりこ」のおでんの季節です。

2019-11-26 | ブログ
仕事を終えて、歳下の従姉妹とご飯を食べに二条市場付近へ。

向かった先は「のれん横丁」2階の「くりこ」さん。

札幌の日本酒「千歳鶴」はもこもこフローズン。

飲みやすくて危険です。

そして、くりこさんといえば、おでんです。

玉子はこの状態で食べられる系です。
寒い季節には最高!

そして、ハマったのが真ガレイの唐揚げ。
日本酒とともに。

骨もしっぽもバリバリ食べちゃいました。

従姉妹は私の100倍飲めるクチ

信じてもらえませんが、私は意外と弱いですからねぇ。

今でも調子の良い時でビール3杯です。
その後、バタンと寝ちゃいますけど。

出張女子メシ 黒松内編 大人気居酒屋「新ちゃん」サイコー!

2019-11-09 | ブログ
金曜はセミナー仕事で黒松内へ。

※黒松内町オフィシャルサイトより↑

札幌からは特急で長万部で降りて普通列車に乗り換えです。

金曜日だけ長万部駅で売られているという手作り感あふれるおにぎりを購入しました。
玄米おにぎりをセレクト。

乗り継ぎ時間が50分ほどあったので、のんびりおにぎりを食べてから普通列車に。

夕方につき、高校生がたくさんでした。

黒松内でのセミナーは黒松内商工会様が主催でした。
女性も多かったのが嬉しかったす。

終了後は数名でこちらの居酒屋に。
新ちゃん
0136-72-3778
北海道寿都郡黒松内町黒松内210
なかなかシブいです!

これもシブい!

まずは自慢の「親鳥炭火焼き」を!
硬いけど味わい深いのが特徴で、若鳥より旨味があり美味しいという声も多いです。

豚串も美味しい!
鳥串も美味しかったし、焼き鳥のレベルはとても高いと思います。

玉子焼きも大人気!

チーズ焼き?!ほぼチーズでネギ入り。

メニューがビックリするほど豊富です。

安くて美味しくて、とても良いお店でした。

カウンターもあるので1人でも大丈夫かと。
でも、金曜日だったのでちょっと賑やかなグループも多かったです。
こんな日に、カウンターで1人だとさみしいかも。

今朝はこんな大自然の中にある宿で目覚めました。

その名も「歌才自然の家」です。

この中にはレストランもあります。
樻里花
0136-72-3010
北海道寿都郡黒松内町字黒松内584 歌才自然の家 1F
オープン11:00に入店。
朝昼兼用ご飯としました。

ラム肉の定食を!

1人で焼いて食べました。柔らかい!

でも、よく考えたら黒松内町って牛肉を食べるべきだった?!

セミナー、後泊、ランチの後帰宅しました。

出張女子メシ 東京編 江古田「アランダルーズ」でタジンとパエリア

2019-11-08 | ブログ
昨日のランチは池袋から西武池袋線で3駅の江古田です。

お店は、日本人のセンスではあり得ない江古田の不思議ワールド。「アランダルース」

階段もモロッコ柄?でかわいい!

というわけでモロッコ&スペインレストラン?らしいです。

ランチタイムでもいつもガラガラでゆ〜ったり!

前作編集者さんとのランチといえばココなのであります。

いつものタジンとパエリア、定期的に食べたくなります。

ミートボールのタジン

バレンシア風パエリア

前作の版元「永岡書店」のある江古田に来ると、ここは外せないお気に入りになりました!

マンガ「臨死‼︎江古田ちゃん」にハマっていたら、すっかり江古田づいてしまったかも。
アランダルース
050-5456-1841
東京都練馬区旭丘1-75-1 瀧島ビル 2F