anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

ノビタキの給餌

2019-06-23 00:00:43 | 野鳥
         今年も大好きな野鳥、ノビタキの給餌を撮ることができました

         毎年、この時期にブログに書いていますが

         野鳥写真家には、人気のある種とは言えませんが

         私には、4月末頃から飛来し、子育てをし、巣立ち直後の給餌

         こうした流れを撮ることを毎年ライフワークにしています

         特に、給餌のシーンは巣立ったその日が撮影チャンスで

         次の日になると

         幼鳥の行動範囲が急激にスピーディで広範囲になり、見つけるのも追うのも大変です

         だから、ベビーラッシュを迎える6月初旬から中旬にかけて

         毎日のように、草原を探していました


   いましたよ! 黄色っぽいくちばし、頭の縦スジ・・ こんにちは、1年ぶりだね!
  

   親が近づいたので、“おねだり” でも、この時は・・
  

   近くにいた他の幼鳥に餌がいき、この子は今回はスルー
  


         幼鳥は、だいたい4~5羽生まれ巣立ち直後は飛べる距離、大きさに個差が見られます

         餌をもらう瞬間は全身で羽を震わせ、もらった直後の満足気な顔がとても可愛くおもいます

                  
   枝に幼鳥がいます
  

   近くに親が来たようです
  

   きたのはお父さんのようです
  

   「ちょうだい、ちょうだい!」
  

   お父さんから、もらえてよかったねぇ~
  


         今年は、昨年撮れなかった麦の上にとまるノビタキが撮れました

         そして、空中給餌も・・・


   いいとこにいるね
  

   今度はお母さんが飛んできました
  

   おおっ、完璧な空中給餌です
  

   「ぼくちゃん、まっててねぇ~」
  


         10日程、草原をうろうろして7、8組の親子をみつけましたが

         スズメより、ちょいと小さいノビタキなので

         10m位の近さまで寄ってくれないと、なかなかいい写真は撮れません

         子供が生まれて数は増えているはずですが・・・

         これから、南下する9月~10月迄、何故か? 見かける回数がぐっと減少します







コメント   この記事についてブログを書く
« 菜の花畑 | トップ | オオヨシキリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事