anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

アンモナイト (ネオフィロセラス)

2009-07-11 00:21:13 | 化石
 今日ご紹介のアンモナイトは、女性のプリーツスカートをイメージさせるアンモナイト
で、その細かいヒダの紋様が特徴の1つで、私の好きな種です。
 全体の巻きは、1巻きしかなく以前に紹介したダメシィテスと同じです。
しかし、ネオフィロセラスは表面の殻部分に中心から外に向かって細かい筋が見られ
ます。
 写真は、北海道、羽幌地区の逆川(さかさ)の支流、岳見沢から転石として採取
したものです。 大きさは15cmあります。



 私の自慢の1品で、32年の採取経歴の中で3本指にはいるアンモナイトです。
 写真の上部の黒っぽく見えるのは、表面の殻が何100年もかかって自然に侵食
され内部が方解石化した部分が露出したものです。
 そして、露出した部分にアンモナイト特有の縫合線が浮き出ています。
マニアにとって、よだれがでそうな自然の造形です。

 下部に、ネオフイロセラスの特徴の細かい筋が見えますが、この部分は採取時に
ノジュールの母岩に覆われていたのでクリーニングで見えるようにしたものです。
 さらに、下の部分が虹色に見えますか、これは、宝石のオパールと同じ成分で殻
の表面に珪酸が沈殿付着したものが光屈折を起しているためです。

 この種は、あまり大きくならず15cmは相当大きな方にはいります。



コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 花の想い オムニバス | トップ | カワセミ 徒然に・・ »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おまさ)
2009-07-11 06:08:41
グッチ先生、おはようございます。

写真のアンモナイトは、ド素人の私が見てもスゴイなぁ‥と思いました。
上部の黒い部分は、殻が無くなった状態なのですね。
「綺麗に研磨したのかな?」と思いましたが、これが自然に侵食してできたなんて‥。
縫合線も綺麗。よだれが出るというのも納得です。
こんなふうに殻が侵食した状態で見つかることって、多いのでしょうか?

細かい筋の入った殻が残っていたのは、母岩に覆われていたからという事ですか?
確かに細かい筋ですね。1,2,3,4,5‥無理。数えるの止~めた!
下に見える虹色部分は、オパールと同じ成分‥?
ご自慢の1品。さすがです。

あれ?私、化石の魅力に少し‥。いつの間に?
 
Unknown (グッチ)
2009-07-11 13:29:29
おまさ様

 先日、花の写真を撮らせてもらいに訪れた時、おまささんはおっしゃっていましたよね! 
 どんなに頑張ってガーデニングしても自然の造形には勝てないって!
 化石も、そうです。自然に研磨された優しい姿は、いくらうまくクリーニングしても勝てません。
 結構自然に、部分的に侵食された物はありますが、せいぜい、20%位の露出で、それ以上でしたら
欠損して無くなっている事が多いです。
 写真のものは、逆に露出が多く縫合線からバラバラになる寸前でした。
 ピンポン! 正解ですよ!
殻に筋が入っている部分は、母岩に覆われていて水等の浸食から守られていたからです。
 
 虹に見える事は、説明が長くなるので何かの機会に説明しますが、種と大きさによっては、この虹色がすごく見栄える場合があります。
 
(小声で聞こえないように)
 「いいぞ、いいぞ、化石の話し相手の仲間に、もう少しで引き込めるぞ!」
 
Unknown (ジャニー・ギター)
2009-07-11 22:10:13
プロフィール欄の小さな写真が、本文に昇格して大きくなりましたね!
素晴らしい作品です。
ヨダレ タラタラ・・・。
Unknown (グッチ)
2009-07-12 06:51:39
ジャニー様

 4年前に、ブログに掲載場所の羽幌で採取しました。
 泊りがけで行ったのですが、なかなか思うようのが採取できずでいたが、採取を切り上げるぎりぎりの時間に川底から採取。
 写真の黒い部分が長い時間の自然の侵食で、ジグソーパズルのようにバラバラになる寸前でした。
 現地で丁寧に新聞に包みビニールで固定し、家に戻ってから静かに乾燥し、バラバラになる髪の毛も入らないような隙間に針の先を使い、少しずつ瞬間接着剤を流し込み、裏側に付いている母岩は付けたままでゆっくりクリーニングした思い出が・・

 これで2Kgの重さがあります。
Unknown (クロツグミ)
2009-07-12 17:25:29
プロフィールから、こちらに登場したんですね。
気が付きませんでした。
プリーツスカート、流行りましたね。
勿論私も穿きました。
えっ! 歳を言っちゃいなって…
〝言はぬが花〟ufufu ^^

アンモナイトを、肉眼で見てみたいですねぇ。
新しいプロフィールのこは、ノビちゃん?
Unknown (グッチ)
2009-07-13 10:41:57
クロツグミ様

 そうです! 今度の人事異動で、フィロ君は、ブログ記事に昇格しました。
 
 実は、フィロ君を早く自慢したくてバッタバッタしていたのですが、ちょっと***で、ためらっていましたが・・
 最近、もとのフィロ君に戻ったので掲載することに・・

 言わぬが花・・か!
 そう、言われると、なを聞きたくなるのが人間の性!
 まっ!いい!
 
 「言わずなら 心開くまで待とう ホトトギス」

小さくてよいなら、何か、差し上げてもいいのですが、差し上げる手段が見つかりません・・!

 新しい、プロフィールの子は、「ノゴマ」です。

コメントを投稿

化石」カテゴリの最新記事