ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

ぴくたさんから苦情があったぶりくら市2016御礼と2017のイベント情報(固定された記事 最新は次にあります)

2018年10月23日 | ぶりくら市


ぴくたさんは10年以上前のぶりくらスタッフ、 

その当時のメールアドレスを使い、私に対して  不愉快  だという苦情が入りました。


名前は 黄緑、返事は不要とのことでしたが、

ぴくたさんのメールアドレスだったので、

事務局長が、午前4時半過ぎ に返事を出したところ、メールは届きませんでした。


悪質でした。


ぶりくら市2016 直前のできごとでした。



いつものように私だけならいいのですが、今回はぶりくら市2016を控え、

非常に多忙な事務局長を早朝から煩わせたので、この事実を公表いたしました。



心労のため、拙ブログは少しお休みをさせていただきます。



疲れました。




ぶりくら市2016へは、2,000名を超えるご来場者があり、

本当に心から御礼を申し上げます!!


2017年のぶりくら主催のイベント情報を掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


会場内にいる   黄緑さん(複数の別名を使い分け)

ハンドルネイム 〇〇〇&〇〇〇(ひらがな3文字)、 Twitterネイム 〇〇〇(ひらがな3文字)   の正体は・・・。

ぶりくら設立趣旨とは、全く関係のない、

ぶりくら市のブース名は、〇〇〇〇(アルファベット4文字)。

一人ではありません。 夫婦です。


あまりにひどい暴言の数々、

名誉毀損の法的措置を進めています。

  法的措置  に反応し、

件名は、名誉毀損の示談交渉など、

差出人・メールアドレスのない嫌がらせメールを送るのは止めてください。


にほんブログ村
コメント

えらいこっちゃのガリガリくん

2018年10月23日 | ニシヘルマンリクガメ


ニシヘルマンリクガメのガリガリくんが、

えらいこっちゃ!

嬉し恥ずかしの発情です。


ガリガリくんは、甲長11.8㎝ 体重228g でお迎えしました。

こんなガリガリの仔は今まで見たことがなく、

看取り覚悟でお迎えをしました(販売店はきちんと餌を与えているお店)。


現在 体重は280gぐらい、一瞬でしたが300g超えをしたことがありました。

毎朝 餌待ちをする仔、好き嫌いなく、何でも食べる仔ですが、

なかなか体重が増えず、現状維持が続いています。


お迎え時は単独飼育を続けていましたが、

その後 食欲旺盛な成体のマルギナータリクガメ(♀)と同居させていました。


ところが昨朝 突然 発情しました。

気温差によりオスは発情するのですが、ガリガリくんに関しては、

予想外の出来事でした。 


偶然かな? と思い、ニシヘルマンリクガメのメスと一緒にさせたら、

この画像になりました(汗)。

発情よりも体重増加を優先したいので、昨日からまた単独飼育です。


ガリガリくんは5歳、我が家には、300gぐらいで父亀になった仔もいますが、

体重増加を最優先にしたいので、少し様子を観ようと思います。

にほんブログ村
コメント

パプリカを独り占め

2018年10月22日 | アルダブラゾウガメ


チビアルダゾウガメのジョアン(♀)です。


我が家では、めったにないことですが、

パプリカを独り占めでした。


なぜか私が近寄ると、甲羅の下にパプリカを隠しながら食べていました。


私はパプリカを横取りしませんよ。

にほんブログ村
コメント

四国ブリーダーズストリート2018(SBS2018 )出展御礼

2018年10月21日 | その他


昨日 10月20日(土)香川県高松市で開催されました

四国ブリーダーズストリート2018(SBS2018)から、無事に帰阪いたしました。

本当に楽しく、主催者・拙ブースを訪れていただいた皆様、

関係者の皆様など、心から御礼を申し上げます!


まず、仕事をお休みして高松へ向かったのが幸いし(滝汗)、

新幹線の全面運休の難を逃れ、昨年 食べることのできなかった

美味しいおうどんをいただき、幸せ気分になりました♪


西日本豪雨被災地復興支援・チャリティーオークション個体の

ヒガシヘルマンリクガメ(♀)は、リクガメ大好きな方に落札されました(嬉)。

トークショーに続き、ビバリウムガイド編集長・冨水明氏& Gecko Market の Go!! Suzuki氏の

進行にも大変感謝いたします。


ニシヘルマンリクガメの孵化仔たちは、昨年 拙ブースを訪れた方が、

一年越しに真剣に考えてくださり、お迎えしていただきました。

ブリーダー冥利に尽きました!


リクガメブースが拙ブースだけだったこともあり、

ギリシャリクガメの成体(♀)、ヒガシヘルマンリクガメの幼体、

インドホシガメ探しなどのご質問や飼育相談などがあり、知り合いの

ブリーダーさんなどをご紹介いたしました。


そして、ケズメリクガメやアルダブラゾウガメをお庭で飼育されている飼育者たちが、

何人もいらっしゃるということがわかりました。 画像を拝見しましたが、

広~~いお庭、食べ放題の野草、体が浸かるほどの池もあり、

のびのび環境の中で、なんだか私も嬉しくなりました。



画像が一枚もありませんので(汗)、

我が家のインドホシガメのオスたち、

繁殖可能な仔たちです。


屋内ケージでは、高価な紫外線を使用していますが、

気温を見ながら、こうして温浴と日光浴、

バルコニーを歩かせています。

トコトコと歩く姿がとても愛らしいです。



今日は野草採集、亀たちのお世話日、

そして、明日からは仕事という日常生活へ戻ります。


来年も四国ブリーダーズストリートへ出展できるように、

毎日 亀たちのお世話を楽しみながら続けていきます。

にほんブログ村
コメント

四国ブリーダーズストリート2018(SBS 2018)チャリティーオークション出品個体

2018年10月18日 | ぶりくら市


10月20日(土) 香川県高松市で開催されます

四国ブリーダーズストリート2018(SBS2018)の

西日本豪雨被災地復興支援・チャリティーオークション出品個体です。


自家繁殖の国内CBではございませんが、

幼体時から大切に育てている仔です。


現在も完全屋外飼育、

食欲旺盛のヒガシヘルマンリクガメ、

2016年 海外CB、

黄色の甲羅が美しい メス です。


少しでもお役に立てたら、大変嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


今までお家の仔でいてくれて、本当に有難う!!

にほんブログ村
コメント

四国ブリーダーズストリート2018(SBS2018 )出品孵化仔

2018年10月17日 | 産卵・孵化仔


10月20日(土) 香川県高松市で開催されます

四国ブリーダーズストリート2018 (SBS 2018 )への出品個体の

ニシヘルマンリクガメとヒガシヘルマンリクガメの孵化仔です。


完全屋外飼育の泥亀を温浴したら、

甲羅がピカピカになりました。

でも、四肢と顔の泥がよく取れませんでした。


順調に成長中の今年の孵化仔を、

連れて行くかどうか思案中です。


どうぞよろしくお願いいたします。


どうしても行きたかったので、

仕事をお休みしての高松入りになります(滝汗)。

にほんブログ村
コメント

屋外飼育中の泥亀たちの水分補給

2018年10月16日 | 産卵・孵化仔


完全屋外飼育中のリクガメたちは、

泥亀のように汚れています。


朝・晩は涼しくなりましたが、昼間の気温は20度を超えていますので、

みんな食欲旺盛です。


脱水が気になりますので、この日は水分補給日、

サニーレタス日でした。


この中の3匹を、

10月20日(土)開催の四国ブリーダーズストリート2018(SBS2018 香川県高松市)へ

連れて行きます。

にほんブログ村
コメント

ニシヘルマンリクガメの孫亀は逞しい

2018年10月15日 | 産卵・孵化仔


ニシヘルマンリクガメの孫亀・

17アンコ2号(手前)は完全屋外飼育中です。


泥亀状態で、

逞しく成長中です。


10月20日 高松で開催されます 四国ブリーダーズストリート(SBS〉〉へ連れて行きます。

その時までに温浴をさせてピカピカにします。

にほんブログ村
コメント

チビアルダゾウガメへ届いた贈り物

2018年10月14日 | 極小ヨークシャーテリア


ヨークシャテリアのルーシィ(♀ 1.1kg 戌年生まれの12歳)のご縁で、

ぴょんちゃん(ブログ名 わんころ日誌)が、

亀餌をたくさん送ってくださいました!


ぴょんちゃんはお犬さまの飼育者(現在 大変可愛い極小ヨークシャテリアが2匹)、

リクガメとは無縁なのですが、職場近所の八百屋さん(この響きが大好き♪)から、

大きな段ボール箱にいっぱい入ったお野菜が届きました。

小松菜、レタス、ツユムラサキ、そしてジョアンの大好きなセロリ♪

クール便で届きましたので、どのお野菜もパリパリ、シャキシャキでした。


ツユムラサキは、ガーリック入りのオリーブオイルで炒めて、

人間が美味しくいただきました♪


有難うございますのご挨拶を、

チビアルダゾウガメのジョアン(♀)にもさせようと思ったのですが、

爆睡中でした(なんてこっちゃ 笑)。


ぴょんちゃん 本当に有難うございました!

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村 -->
コメント (2)

チビマルギナータリクガメは11gと17gでした。

2018年10月13日 | その他


とんぶり市2017でお迎えした、

同腹のチビマルギナータリクガメの懐かしい画像です。


2017年8月初旬生まれは17g(手前)、

同年8月下旬生まれは、たった11g(真ん中)でした。


我が家の孵化仔誕生時のような小さな命、

無事に育つのかどうかわからず、

必死のパッチで育てました。


前者の仔は、26gの時にご縁があり、ゆうさんちのお仔になり、

マルちゃんという名前を付けていただき、素晴らしい飼育環境で育っています。

後者は、我が家にいるチビマルギです。


私の経験から、白い個体は育ち難いので、

いまでも慎重に育てています。

にほんブログ村
コメント

ビルマホシガメの完全屋外飼育終了

2018年10月12日 | ビルマホシガメ


昨日 ビルマホシガメ軍団の完全屋外飼育を終了しました。

最低気温が20度を下回り、最高気温が20度+、

防寒対策をしていますので、この気温でも食欲旺盛なのですが、

大事をとり、屋内飼育へと切り替えました。


画像は、台風25号通過のため、

屋内へ避難中のビルマホシガメ、

気温差により、ジェイド(左 ♂)が発情し、

ジャッキー(右 ♀)に寄り添っていました。


ジャッキーの甲羅がひどく汚れているのは、雨降りの時に寝場所へ入るため、

一方、ジェイドの甲羅がそれほど汚れていないのは、

雨降りパトロールが好きなため、雨が甲羅の汚れを流してくれるからです。


屋内でのジャッキーは、時々しつこくなるジェイドと離し、のんびり単独飼育中です。

にほんブログ村
コメント

産卵ケージ生活中のニシヘルマンリクガメの孵化仔

2018年10月11日 | 産卵・孵化仔


ニシヘルマンリクガメの孵化仔・ハリコっ仔、

産卵ケージ生活を続けています。

産卵床を濡らしていますので、四肢などは泥に塗れています。


抱卵数が少ないようで、

卵が体内で動き、

触診をしても、卵が消えることが多いです。


でも、私の指に残る コツン という感触は、

卵に間違いありません。


毎日 食欲旺盛、

まだ暴れることもなく、後肢立ちをすることもなく、

穏やかな産卵ケージ生活を送っています。


新鮮なタンポポに大満足です(嬉)。

にほんブログ村
コメント

チビアルダゾウガメのう〇ちせんべい

2018年10月10日 | アルダブラゾウガメ


チビアルダゾウガメのジョアン(♀)です。


ジョアンのう〇ちは、巨大サツマイモ形状なのですが、

画像のように、せいべい状態になるのは、かなり稀です。


寝場所で排泄する時なども、甲羅でせんべい状態にすることはなく、

上手に避けて、移動しています。


ジョアンは腹甲が汚れるのが嫌なのでしょうか。

きれい好きなのかな? と、つい妄想をしてしまう私です。

にほんブログ村
コメント

屋外飼育中は泥亀の孵化仔

2018年10月09日 | 産卵・孵化仔


屋外飼育中のニシヘルマンリクガメの孵化仔(右 ♀)と、

ヒガシヘルマンリクガメの孵化仔(左 ♀)です。

ぐんぐ~~ん成長中です。


ぶりくら市&とんぶり市以外で販売予定です。


毎日 太陽光を浴びて、のびのび生活中。

泥亀のような孵化仔たちですが、

洗えば ピカピカになるはず(苦笑)。

にほんブログ村
コメント

ぶりくら市2018御礼とニシヘルマンリクガメの孵化仔・りもちゃん

2018年10月08日 | ぶりくら市


昨日 神戸で開催されました ぶりくら市2018は、

ご来場者数 2,958名、ぶりくら市&とんぶり市の過去最高となり、

出展者さま、ご来場者さまに心から御礼を申し上げます!

反省をもとに、次はとんぶり市2018(11月11日 浅草)です。

どうぞよろしくお願いいたします。


さて、毎年 ぶりくら市でお会いするのは、

ニシヘルマンリクガメの孵化仔・りもちゃんです。

ぶりくら市&とんぶり市は、生体の持ち込みは厳禁ですから、

こうしてお写真のりもちゃんを拝見するのが、

私の毎年の楽しみになっています。


私はぶりくらの設立趣旨に賛同し、リクガメのブリーダーになり、

その後 合同会社ぶりくらの出資者(社員)になりました。

数々の暴言により、働かないといわれ、ブースを持つこともなく、

用意されたお弁当も食べず、すべて持参の当日を過ごしています。

十分な脂肪の蓄えがありますから、どうぞご放念くださいませ。


今回も我が家の外孫亀である、

ニシヘルマンリクガメ&ヒガシヘルマンリクガメが出品され、

とても愛おしく思いました。


告知はさせていただいていますが、毎年拙ブースを探してくださる方々があり、

りもちゃんのように販売から10年が経過しているのに、毎年訪ねてくださる飼い主さまに対し、

ブリーダー冥利に尽きています。


りもちゃん(♀)、名前の由来は もりもり 食べるからです(苦笑)。

飼い主さまの手から食べさせてもらっています(画像)。

大切に、大切にされ、1.8㎏になり、まだ少し成長をしているようです♪


ぶりくら市の翌日は、仕事なのですが、今年は祝日♪

野草採集へ出かけます。

私にとって、毎日が リクガメ日です。

にほんブログ村
コメント (6)