ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

ヒガシヘルマンリクガメのメス改めカレンに

2019年03月15日 | ヒガシヘルマンリクガメ


今まで ヒガシヘルマンリクガメのメス(左)と称していましたが、

私の同級生から名前から、 カレン にしました。

カレンは幼体時から育て、販売予定だったので、博多・大阪のイベントへ出品していましたが、

なぜかご縁がありませんでした。

私とのご縁が強かったのでしょうね♪ 

2019年2月26日のポロリ産卵の卵が、現在白濁中です。


カレンと同じように幼体時から大切に育てていたメスたちは、

九州レプタイルフェスタでの熊本大地震、

四国ブリーダーズストリートでの四国災害チャリティーオークションへ出品し、

名進行役の 冨水明氏 のお陰で、それぞれ高値をつけ、お役に立つことができました。

ヒガシヘルマンリクガメのメスをお探しだった方々へ、

望まれて家族として迎えていただくことができ、本当に感謝しています。


カレンの右にいるのは、ニシヘルマンリクガメのマヤ(♀)です。

カレンとマヤはほぼ同じ重量(630g~650g)、大きさも同じぐらいです。

カレンは2018年6月15日に初産、抱卵時の体重630g、

マヤも同じぐらいで初産(2019年3月10日)をしました。


2匹とも母亀になる予定です。

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チビアルダゾウガメの春近し | トップ | インドホシガメの孵化仔 1g... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヒガシヘルマンリクガメ」カテゴリの最新記事