ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

インドホシガメの抱卵

2018年12月04日 | 産卵・孵化仔


インドホシガメのパタヤ(♀)です。


インドホシガメとは思えないほど、よく動き、とても活動的なメス、

落ち着きのない仔です(苦笑)。

そのパタヤが、真夜中に飼育ケージ内で大暴れしました。

体重は1.05㎏、いつもの体重ですが、

触診をしたところ、左後肢の付け根に小さな卵の感触がありましたので、

急遽 産卵ケージへ入れました(今朝 触診したら、卵の感触はなし)。


パタヤの初産は、2015年4月22日、産卵床の上で、割れた卵を1つ産み落としました。

当時の体重は、抱卵時800g、産卵後760gでした。


その後 抱卵だと思ったら、尿路結石を作り、自力で排泄できないので、

除去手術を受け、危篤状態が続きましたが、自力でお水を大量に飲み、

奇跡の回復をしてくれました。 


私にとっても辛い経験があるので、今回も 尿路結石? とも思ったのですが、

感触としては、卵のようです。


インドホシガメのチャアムもパタヤも、私的には抱卵してほしくない仔たちの

抱卵が確定しました。 


より産みやすい産卵ケージ作りをします。

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 尻尾のないアナの近況ご報告 | トップ | ジョアン 雨だよ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産卵・孵化仔」カテゴリの最新記事