ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

九州レプタイルフェスタ2018オータム 出展御礼

2018年11月06日 | その他


九州レプタイルフェスタ2018は、オータムから開催が二日間となり、

楽しさも数倍以上になりました。

主催者&関係者のみなさま、心から御礼申し上げます!


出展を重ねるごとに、新しい出会いと、懐かしい再会に心がウキウキしました♪


販売した仔たちの成長の様子、

ヒガシヘルマンリクガメの繁殖プロジェクト(勝手に名付けてしもた)の経過、

来年5月にお父さんになる(人間の)という嬉しいご報告など、たくさんありました♪


画像のヒガシヘルマンリクガメ(♀)をお迎えしました(販売しに行ったのですが 滝汗)。

オスが亡くなり、お店が引き取った個体です。 いろいろな事情があると思いますが、

私には詳細は不要、これだけで十分です。


甲羅はほとんど凹凸がなく、嘴は自然に削れ、爪切りもしてありました。

成長線の停止状態から見て、冬眠経験あり、屋外飼育、

成長線の乱れから、飼い主さんが変わり、飼育環境が変わったのでしょう。


トレイシーと命名、トレイシーの終の棲家は我が家です。

冬眠経験のある仔は、加温飼育をしても、自然と冬眠モードに入る場合もあり、

単独飼育をして、しばらく様子を観察していきます。


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やっぱりセロリだねぇ。 | トップ | インドホシガメの抱卵確定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事