右往左往の乳がんの日々

2012年7月乳がん告知。怒涛の術前化学療法・手術・放射線のフルコース治療終了。それでも、小さなことで揺らぎます~

ホルモン療法終えました

2018-02-01 18:19:43 | 術後補助療法
ホルモン療法を始めて、5年経過。
先回の診察時に言われていましたが、
ついにフェマーラ服用が終わりました。

進行がんだった私は、ステージ4のぎりぎり前で、
術前抗がん剤治療が功を奏し、
がん細胞が消え、無事手術を受けることができました。
私が治療を始めた時点で、初発でもHER2陽性の場合、
ハーセプチン使用ができるようになっていた。
HER2の数値も微妙なところを、
主治医の再度の検査でハーセプチン使用することが決まった。
そのおかげで、がん細胞が効果的に減り、
苦痛は比較的少なく、治療ができたのだろうと思っている。
もちろん、抗がん剤によって白血球が激減し、
なかなかスムーズに治療ができなかったこともあったし、
主治医の誤解でおこられたこともあったけど…

主治医曰く、
『進行がんだったけど、抗がん剤がよく効き、
がん細胞が消えたと思われる。(←断定じゃないんだわ)
骨粗しょう症などを考慮して、
ホルモン剤はこれで終了しましょう』

ということで、
半年に一度の経過診察になりました。
8月に、診察、マンモ検査、血液検査。
これで少しは薄毛解消になるのかもね。

ますます、乳がん罹患患者は増えて来ている傾向。
それでも、医療技術の向上で、
助けられる患者は増えてきているのかと信じている。
残念ながら。がんと診断されたとしても、
医療関係者を信じ、
治療を前向きに受け入れ、
希望を失うことなく、
過ごしてほしいと思う。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑クリックよろしくね
コメント   この記事についてブログを書く
« やれやれでした | トップ | 少しでも気晴らしが必要 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

術後補助療法」カテゴリの最新記事