五箇山のもり

五箇山の豊かな自然・文化を桂湖ビジターセンターより紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五箇山ツリーハウスを通して・・・

2012年07月30日 | 日記
今日は桂湖で五箇山ツリーハウスづくり。
天気も良~し。ツリーハウス日和です。

今回は南砺市・八尾・利賀の方や、
地元の子育てサークル「もりりん」など20名程の方が参加してくださいました。



そして小林亀清さんを先生に、森林組合の方たちにも手伝っていただきました。



それではみんなでひみつの森へ出発~。



今回のツリーハウスは五箇山の合掌造りの技を生かして、
すべてネソや縄を結って、組み上げていきます。
(以前のブログでのネソの説明)

まずはマンサクの若木を縄のように柔らかくする
ネソ練りの作業を教えていただきます。



ではみんなでやってみましょう。





そしてネソを使って土台を組みます。



みなさんも練習。



1・2回締めればもうバンバン。
ネソが乾燥すればさらにきつく締まります。
まさに先人の知恵・技ですな。

土台はある程度事前に組んでおいたので、
(土台づくりの様子)
はしごなどを作って行きます。
縄の結び方を教わります。つの結びにはこ結び。





みなさん真剣に縄の結び方練習中。



次は床になる丸太を組んでいきます。
なかなか真っ直ぐな木はないもので、
自然のまんまの形を合わせながら並べていきます。



そして両端を上から細い木で挟んで縄で縛ります。



「gokayama」Tシャツを着て、
職人パパの仕事っぷりを真剣に見つめております。



これで床は完成。
午前の作業はここまでで山を下りて、
子供たちは岩魚つかみ。



その場でお腹をとって、



炭火焼。



焼けるのを待つ間に流しそうめんです。



流しそうめんは何回やっても楽しい~。
ただ流して、ただそうめんなんだけどおいしく感じるんだよなぁ。
桂湖バックに流しそうめんというのがなんとも贅沢です。
お腹もいっぱいになったし、
大きなネムノキノの木陰でゆっくりと休憩&お昼寝タイムです。

そしてカヌー体験をして、2時から午後の作業スタート。

手すりの取り付けです。
これもネソと縄を使って組んでいきます。







子供たちはツリーハウスの隣にオブジェづくり。



そして亀清さんがツリーハウスの下に即席でブランコを作ってくれました。
子供たち大喜びです。



そしてついに五箇山ツリーハウス完成!



お昼寝から覚めた「もりりん」チームも記念撮影。



五箇山らしいツリーハウスできたかなぁ。
森の中にある材料で、ネソと縄でつくったおうち。
立派じゃないけど、みんなの力と五箇山の技いっぱいの素朴であったかい。
結いのツリーハウスです。

つくづくこの合掌づくりの技や昔からの暮らしの技はすごい!
これはたくさんの人たちに知ってもらいたいし、
伝える価値のあるものだと思います。
そしてここで暮らしてきた本物の人たちに伝えてもらうこと、
それが何よりの価値です。

今回のツリーハウスづくり、
本当にたくさんの方たちの協力で作り上げることできました。
亀清さんには場所決めの最初の段階から手伝っていただき、
何回も桂湖へ足を運んでいただきました。
そして亀清さんがやるならばと森林組合の若い職人さんたちも手伝ってくださいました。
そして、岩魚つかみや流しそうめんの準備にもたくさんの方たちの知恵と協力をいただきました。
そして参加してくださったみなさん。
本当にありがとうございます。

すべてこの桂湖でやるのが初めてのことばかり。
一からの準備で試行錯誤しながら、時間ばかりかかって・・・。
きっと外から見てたらはがやしかっただろうなぁ(笑)

目に見えるたくさんのモノであふれている世の中、
逆に知恵や技、結いやつながりのような目に見えないモノはどんどん失われている。
でもそれが五箇山にはあるんだよなぁ。
そんなことを今回のツリーハウスづくりを通して、
人とのつながりを通して、ますます感じるのでした。
みなさんに感謝。
これにて1年間にわたる緊急雇用事業の一つ、モニターツアーは終了。
この事業も残すは1カ月。
8月は報告書などに追われる日々でしょうか・・・。
いやいやワクワクの夏ですからまだまだ桂湖・五箇山エンジョイしましょう!
コメント

桂湖でつながる時間

2012年07月14日 | 日記
前日に合掌の里で行われたエコツアーカフェ五箇山の
オプショナルツアーとして、桂湖でカヤックツアーを行いました。

出発前の記念撮影。



なかなかパワフルで濃ゆ~いメンバー。
右手にパドル、左手は腰にねっ。
この時点でこのチームワークの良さ。
これはエコツアーカフェのおかげでしょう。
そして自然が大好き!
いつまでも少年のような大人たちが集まっちゃった感じです。

それでは漕ぎ方、乗り方レクチャーを受けて、





出発~。



途中で今は桂湖の下に沈んでしまった桂集落のお話。



今ここから見える風景と



40年程前の暮らしのある風景。



を見比べてちょっとだけ昔に思いをはせました。
桂集落が桂湖に沈んでしまったと言いましたが、
ダムを作るために桂の人々が村を離れたのではありません。
お隣の飛騨加須良の人々と助け合いながら暮らしてきた桂の人々は、
飛騨加須良の離村により、
自分たちだけでは暮らしていくことができない、
苦渋の決断を下し村をあとにしたのです。

桂湖にはそんな桂の人々のたくさ~んの思いがあります。

そして奥地に進み。
大畠谷。ここの谷に入ると本当に空気がかわるよう。
心静かな穏やかな時が流れます。



境川本谷に進み上陸して中州カフェでございます。
みなさんにお茶の材料を調達してきてもらいます。



そして採ってきたクロモジをグツグツしてクロモジティーの出来上がり。



今日のおやつはイケンジャラへ採りに行った桑の実と、
五箇山といえばホンコサマでも使われるエイ。
えごまのシフォンケーキにしてみました。



ちょっとまったりして・・・。

帰還しての記念撮影。
う~んいい顔っ。



とっても愉快なメンバーで、
楽しい時間を過ごさせていただきました~。
ありがとうございました。
桂湖でみなさんとつながれたことに感謝。
コメント

ツリーハウスはどうなったかなぁ。

2012年07月13日 | 日記
ツリーハウスはどこまで進んだかなぁ~。
まずは選ばれた木たちです。



そして土台づくり。
五箇山スタイルですからネソがポイント。
今回は主要な部分はネソで結っていきます。
(ネソ・茅葺きの詳しい説明は以前のブログで)

早速名人直々にネソねり。





このネソを使って軸になる木に丸太を縛っていきます。



















こんな感じで土台はできていきました。
ちょとツリーハウスにしては低いんじゃ・・なんて声も聞こえてきそうですが。
高床式小屋といった感じで。
でも斜面に建っているので見晴しはいいんです!
あとは床・手すり・はしごなどなど・・・。
それは当日にみなさんと一緒にネソを使ったり、
縄を使ったり、名人直々に教えていただきます。
しかしここからの材料集めが・・・。
丸太30本近く切り出さなければなりません。
地道に頑張ります!
コメント

五箇山ツリーハウスづくり

2012年07月13日 | 日記
今桂湖では28日に行われる、
ツリーハウスづくりに向けて準備を進めています。



ツリーハウスを作ってみたいなぁ~とは漠然と思っていましたが、
この話が動き始めたきっかけは、
地域のママさんグループのツリーハウスを作ってみたいという声です。
ならばやってみようということで。
まだまだ雪の降り積もる2・3月に決めた話ですが、
桂湖は五月中旬まで冬眠しているので、じんわりじんわりスタート。
ツリーハウスなんて作ったことないので、
木のことならばと、まずは亀清さんに相談。



亀清さんは森の名手・名人に選ばれた茅葺き職人さんです。
今でも畑に草刈り・山仕事、自宅の炭小屋で炭も焼いている超アクティブな方です。
家がご近所なので仕事帰りによく会いますが、
最近炭小屋から煙がモクモクと出ているので、ちょっと拝見。



山のことから道具のことまで
へぇ~へぇ~と言うようないろんな話を聞かせてくれます。
五箇山の昔からのやり方を今も守り続けている本物のやまびとです。
話がそれましたが・・・。
亀清さんにこんなんやりたいんですと言ったら、
心配ないよ~作れる作れる。手伝ってやるよ~って。心強いお言葉。
ということで今に至ります。

まずは作る場所をリサーチ。



事前に良さそうな場所を探しておいたので、
どの木がよさそうか相談して、
まわりを少しだけ手入れしました・・・・  つづく





今回のツリーハウスは五箇山らしいものになればなぁと思っています。
昔から伝えられてきた五箇山の暮らしや
合掌づくりの技や知恵を親しみやすい形で感じてもらう。
そしてここで暮らす人たちに直接伝えてもらえたらなぁと。
ツリーハウスというとスタイリッシュですごいものを
想像しておられるようですが、
素朴であったかい五箇山スタイルでいきましょう。
興味のある方がいらっしゃいましたらどうぞ。

      五箇山ツリーハウスづくり
   ー自然・人・技をつないで伝える五箇山の学び舎ー

■日程:7月28日(土)           ■時間:9:30~16:00
■場所:桂湖周辺の森           ■集合:桂湖ビジターセンター
■定員:15名
■参加費:モニター価格2000円(昼食代・保険料込)
■持ち物:作業しやすい服装(長袖・長ズボン)・靴・軍手・帽子・タオル・飲み物・虫よけなど
■スケジュール(予定)
      9:30 桂湖ビジターセンター集合
           ツリーハウスづくり
     11:00 いわなつかみ取り
     12:00 昼食(岩魚炭火焼き・流しそうめん)
           カヌー体験(希望者)
     14:00 ツリーハウスづくり
     16:00 完成・解散
           (モニターのためアンケートにご協力お願いいたします。)
■問い合わせ・申し込み
     桂湖ビジターセンター  TEL(0763)67-3120     FAX(0763)67-3711
                    E-mail sakaguti@p2.tst.ne.jp             担当:坂口
コメント

Eボート指導者講習(2日目)

2012年07月08日 | 日記
講習会2日目。
今日はお天気にも恵まれて、いよいよEボートとのご対面。
その前に参加者との距離を縮めるための
アイスブレイクの方法を学びました。

知らないもの同士が何かプログラムに参加するときに、
はじめに行うアイスブレイクはとても重要です。
一日ともに過ごすわけですから、
緊張をほぐして、お互いのことを知ることで
この一日はより楽しいものになります。

自己紹介からはじまってゲームなどを行います。



与えられた絵を見てみんなで並べ替えたり、
人間知恵の輪をしたり。
みんなで話したり、交流しなければ
事ははじまらないので知らず知らずに距離は縮まり、
笑顔が生まれてきます。
本当に自然と和気あいあいと相手のことがわかってくるものです。

そしていよいよEボート!
Eボートは空気で膨らませる10人乗りの大きな手漕ぎカヌー。
Eボートの「E」には誰もが(Everybody)、簡単に(Easy)、楽しく(Enjoy)、
水辺の素晴らしさを体験(Experience)、水辺体験の入り口(Entrance)、
交流(Exchange)などたくさんの意味が含まれているそうです。

まずはコンパクトに収納されたEボートを袋から出して、



人力で空気を入れていきます。



予想外の大きさにちょっとテンション上がります。
そして空気の量を確認して、30分もしないうちにEボートの完成。



いよいよ湖に浮かべます。



まずはペアになってタイムレース。
この時点ではパドルの使い方や漕ぎ方はノーレクチャー。
まずはやってみよ~という具合です。
なかなかあの大きなボートを操って、
ターンしたり、岸に着けたりするのは難しい。



先生の技を観察して、教わって2回目に臨みました。
そして全員で乗り込んで出発。



カヤックとは違ってみんなで漕ぐ楽しさ。
この一体感が何とも魅力的です。
このみなさんの笑顔見ていただければ・・・。
そして子供たちを乗せたEボートとちょっと競争なんかしてみたり。



一番後ろに乗る人が舵取りで、
パドルを使って進む方向をかえていきます。
そして前進・バック・漕ぐ強さなどを声掛けしていきます。
みんなで順番に舵取りを体験しましたが、
あの大きなボートをパドル一つで操る感覚はちょっと気持ち良い。
なかなかテクニックがいるようですが、上手になったらかっこいいなぁなんて。

つづいてフィールドを庄川に移して、
ドキドキのスローロープによる救助訓練です。
水は冷たくて、足がつかない、流れもある。
それだけでちょっとドキッとしてしまいます。
ライフジャケットを着て、ヘルメットをかぶって、
いざ流れの中へ。



そしてロープをキャッチして引っ張り上げてもらいます。



私は2回ともロープは届かず、
1回目はサポートの方のロープで助けていただき、
2回目は泳いで岸へ上がりました。
本当にいい体験です。
実際に川で流されてみてわかる感覚。自分の動き。



今日はEボートに乗って、水辺で遊ぶ楽しさを体験し、
川での救助訓練では、水辺で遊ぶ怖さを体験しました。
自然の中で過ごすということは水辺に限らず山でも危険はつきものです。
でも危険だから自然の中で過ごすのをやめてしまうのではなく、
事前に回避できる環境を整え、
回避できる能力・判断を身に着ければ、
本当にすばらしい体験ができることを学びました。
怖さを知るということは本当に大切なことです。
そしてまた自然の楽しさ・デカさを感じるのでした。

再来週の講習会では桂湖に初Eボートがやってきます。
今からワクワク。
コメント