五箇山のもり

五箇山の豊かな自然・文化を桂湖ビジターセンターより紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1122で高落場山

2011年11月22日 | 日記
今日は11月22日。
いい夫婦とかけて、
1122mの高落場山に夫婦で登りましょうという
イベントがありました。

実際夫婦での参加者はいませんでしたが・・・
11人でたいらスキー場を出発。

昨日の雪で上の方はけっこう積もっているかも・・。



ガイドは五箇山自然文化研究会の
よしのやの真照さんと本谷さんです。

今日歩く道は「道宗道」と呼ばれる道です。

道宗というのは、500年程前の五箇山の住人で、
蓮如上人の教えを受け、篤い信仰生活を送りながら、
五箇山地方に真宗の教えを広げた人物です。

そして月に一度井波・瑞泉寺へのお参りに行く道が
「道宗道」と呼ばれるようになったそうです。



朴峠の登山口から旧五箇山街道を進んで行きます。
うっすら雪が積もっていますが、
登っていくうちに・・



一面の雪に。
おひさまも出てきて、











木に雪が吹きつけられて積もっています。
本当にもうきらっきらっ!
寒さなんか忘れてしまいます。

そして朴峠と高落場山の中間あたりにある、
「南砺市のへそ」
南砺市の地理的中心にある場所に到着。





白山を望むこともできました。





そして秋もまだ残っていました。




ムラサキシキブ


ぶなの実

ここからさらに雪深くなり。
初かんじきで
ラッセルの先頭に命じられました。



靴に縄で結びつけるだけのシンプルなものですが、
さすが昔からの道具です!
ざくざく進んでいけますが、
頂上付近は4、50cmはあるさらっさらっの雪で、
さすがに埋まる埋まる・・・。

でも誰も歩いていない真っ白な雪を進むのは最高です。



そして頂上に到着です。
バンザーイ!









少し雲が出てきましたが、
立山・弥陀ヶ原や槍ヶ岳なども見えました。

お弁当もおいしかった~。

帰りは木に積もった雪も落ちはじめて、
朝とは違う景色になっていました。

本当に自然の美しさって一瞬のもの。
一期一会です。
ありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ついに初雪 | トップ | バイバイ桂湖また来春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事