五箇山のもり

五箇山の豊かな自然・文化を桂湖ビジターセンターより紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここにしかないもの

2011年12月22日 | 日記
今日はタカンボースキー場のスキー場開きの日。

でしたが、残念ながら積雪量が足りないため式典のみとなりました。

スキー場開きの神事が行われ、安全祈願。





3ヶ月間みなさんが安全に楽しい時間を過ごせますように。

明日からはかなりの雪が降る見込み。
クリスマスにはオープンできるといいのですが・・・。

そして夜は井波で行われたコミュニティビジネス講座に参加してきました。

コミュニティービジネスとは、
地域資源を活かしながら民が主体となって、
地域が抱える課題をビジネスの手法により解決し、
コミュニティの再生を通じて、
その活動の利益を地域に還元するという事業のこと。

そしてその地域の特性を生かした新しい地域社会づくりが

・商店街、まちの活性化 
・顔の見える地域社会の再生  
・地域での雇用創出  
・生き甲斐づくり  へとつながっていく。

今日の講師の方は
三重県尾鷲市の“夢古道おわせ”と“夢古道の湯”の店長の伊東さん。

夢古道おわせでは、地元のお母ちゃんたちによる
ランチバイキングを提供しているそうです。
「旬のもの」「地のもの」「健康で安全」などを約束としています。

地元の郷土料理。
地元の人たちが昔は当たり前のように食べていたもの。
でも最近は地元の人たちもなかなか口にすることがなくなった料理。

地元の人たちにとっては懐かしい。
そして外から来る人たちにとっては新しい。

五箇山にもそんな郷土料理がたくさんあるはず。
ここにしかないものが・・。

とにかく伊東さんのバイタリティとアイデアには感動。
夢古道おわせに行ってみたいと思いましたもんね。
やっぱり人です。
薄っぺらくない本物の魅力。

そして地域の特性、文化、歴史、風土、慣習などを尊重し、
それぞれの地域の特性を生かした社会作り、まちづくりのあり方。

今まさにこの地域で取り組んでいること。

本当にたくさんの気づきをもらいました。

そしてエコツアーのプログラムを作るにしても、
地域活性の活動をするにしても、

ただやるだけではなく、
そこから何を感じてもらいたいのか、
という本質、軸になるものを大切にしなければならないと。

いろいろな方々のリアルなお話は、
たくさんの刺激や衝撃を与えてくれます。

自分の考えや経験小さな世界が少しずつ少しずつ広がっていくような。
そして初心にも戻れるような。

人と人のつながりに感謝。
ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« スキー場の裏側 | トップ | かんじき作り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エコツアー (ほそみち)
2011-12-24 09:52:35
エコツアーばやりですが、そこに何を感じるかが勝負だと思っています。企画者、受け入れ側、参加者ともども。同感ですが、現実はなかなか…根気よくこだわり続けなければ意味がないと思っていますが少数意見になってしまうジレンマです。
Unknown (さんさん)
2011-12-24 22:04:14
コメントありがとうございます。
エコツアーは自然だけでなく、人と人とのつながり。自分の思いを押しつけることなく、お客様との双方で作り上げていきたいですね。、それぞれの思いを大切に。そのためにも自分自身が、いろいろなことを素直に受け止められる、クリアな気持ちをいつも持っていたいものです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事