五箇山のもり

五箇山の豊かな自然・文化を桂湖ビジターセンターより紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昔を思う

2011年11月16日 | 日記
「お昼過ぎから山行くよ」とお誘いの電話。
もちろんご一緒しま~す。

今日は桂湖対岸の岐阜県側の山です。
桂湖の下の境川ダムの登山道から出発。

そう桂湖というのは、境川ダムによって生まれた人工の湖なんです。
そしてこの境川・桂湖が岐阜県と富山県の境になります。



岐阜県と富山県をまたぐことができるレアな橋です。

この橋を渡って登っていきます。
登り始めはススキに覆われているので、かき分けながら、
急な坂を登っていきます。



そう言えば。今日、山にはうっすらと雪!
昨日の天気予報通り、初冠雪です!



富山県と岐阜県にまたがる人形山にもちょっとだけ雪が見えます。
標高は1726m。
山腹には2人の幼子が手をつないで踊っているかのような、
残雪による人形(雪形)が現れることから人形山と呼ばれています。
まんが日本昔ばなしでも「人形山」のお話があるらしいです。

そしてひたすら登っていくと、



ありましたありました・・・なめこ!
今日の目的はきのこでもあります。
それにしても見るからにおいしそう。





かなりのナラの大木がカシノナガキクイムシにやられて、
枯れているので、そこにきのこがビッシ~リ。

あんなに高い所にも・・・。
でもちょっと遅い感じ。あれはもう食べられなさそう。

この時点で3時近く。
戻るのも何なので、5時までには下れそうなので、
尾上峠へ抜けることにしました。

すっかり葉っぱは落ちていますが、
この森も、ブナやナラ、クロモジにマンサクなどなど
紅葉も楽しめ、とってもステキな時間が過ごせる森です。

途中オゾウゾ山への分岐点。
時間があれば登りたいところですが、
なんせ日没が迫っているので足早に先へ進みます。



対岸が望める場所。
下の方に小さくビジターセンターが見えます。
そしてうっすら雪をまとった大笠山(1821m)も
真正面の奥に見えます。

今見ている景色は富山県。
今立っている場所は岐阜県。
そして昔の飛騨加須良集落があった場所。

その飛騨加須良集落と助け合いながら暮らしてきた桂集落は
今は桂湖の下に沈んでいます。

県は違っても、協力しながら生活を営み、
お互いがなくてはならない存在であった二つの集落。

今は姿を消してしまいましたが、
ここから望む山の姿は今も変わらずにあるわけで。

昔の人も同じ山の姿を見て、
いろいろなことを感じていたはずです。

今この二つの集落をつないで、伝えるためにも、
この場所はとても大切な場所。

この道を歩いて昔の人たちの思いや暮らしを感じる。

自然だけでなく、そこに暮らしてきた人々を思うことができたら、
とってもステキなことです。

日没間近、何とかビジターセンターに辿り着くことができました。
今日のきのこたちはみんなでお鍋にしていただきました。
自然に感謝。
ごちそうさまでした。
コメント