和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

新宿御苑便り 9月

2018-09-21 07:48:25 | 日記

桜の木に寄生している茸





日本庭園の横の芝生にカーブを描いて



今年も銀杏は豊作でした

マルバチシャノキ

センニンソウ

ツルウメモドキ

ツルボ



初秋の新宿御苑では下を見ると雨あがりの地面に多くの茸を見つけました。
猛暑日の連続でお花は早々に枯れてしまったものが多かったように思いました。

白粉花過疎の道端照らしけり
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« キレンゲショウマを訪ねて Ⅱ | トップ | 初秋の松戸21世紀の森 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新宿御苑便り (ミント)
2018-09-22 05:44:42
おはようございます!和子さん

暑かった夏から秋を感じる頃となりました。
茸が色々な所に生えていましたね芝生の中の白い茸絵になりますね

秋便りを満喫させて頂き有難うございました
茸が多いです (和子)
2018-09-22 19:47:44
ミントさん

猛暑の夏は雨が少なかったのに9月に入って長雨があり茸たちは待ってましたとばかりあちこちで見かけるようになりました。
昨年より数が多いみたいです。
芝生の中にS字状に生えてきた白い茸は昨年は見かけませんでした。
家の近くのお寺でも今彼岸花の群生している中に黄色い小さな茸がにょきにょき出てきました。
昨年にはなかったことです。
夏の日照りと関係があるのでしょうかねなんとも不思議ですね。
コメントありがとうございました。
Unknown (カズノコ)
2018-09-25 20:47:19
キノコが芝生に絵を描いているよう、面白いですね!
銀杏の鈴なりの状態、はじめて見させて頂きました。いつも落ちているものばかり、そういえば、上を見たことはなかったですね。
茸がSカーブを描いて (和子)
2018-09-29 08:56:30
カズノコさん

初秋の新宿御苑では下を見て歩くと茸を見つけて写真が撮れますが初めて芝生にSカーブ状に生えてきたのは初めて見ました。写友にそのことを教わり戻って撮影してきました。
面白いですね。地下で根っこがつながっているとは思えずなんなんでしょか?
御苑ではこの木だけは銀杏を近くで見ることが出来て逆光で撮影出来ました。
透かして見ると実に綺麗です。
下にはもちろん沢山落ちてはいるのですが少し小さいせいか誰も拾わないんですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事