和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

新宿御苑便り  冬の温室の花木 サガリバナ ジャボチカバ

2018-12-28 12:45:04 | 日記

サガリバナ

落ちたサガリバナ

ジャボチカバ













12月の御苑の温室では洋ランの花の特集をしていましたがその他にも珍しいサガリバナが咲いていました。
夜開花して芳香を放ち朝方には花の役目を終えて散ってしまうサガリバナが御苑にもあるとは今まで気が付きませんでした。日本では南西諸島のマングローブの川沿いの湿地に自生しているそうです。次に珍しかったのはジャボチカバでした。常緑性の高木でブドウのような実がついているのです。調べてみると味もブドウに似ているそうですが以前隠岐の島に行った時にやはりレストランの室内でブドウのような実が無数についた大きなジャボチカバを見ました。初めて見たときは異様な感じがしましたが御苑でも見られて嬉しかったです。何度も御苑の温室を訪ねているのにこの花の撮影はしていませんでしたが白い花が幹にびっしり直接咲くそうです。

12月23日の読売新聞のよみほっとというコーナーにジャボチカバの特集が載っていました。”幹につやめく南米の実り”フトモモ科の果樹で原産地は南米。日本では静岡市の農園カフェのビニールハウスの中で100本が植えられ、生の実の他に実を皮ごと使ってパンやケーキジュースにして味わうことができるそうですよ。一日たつと味が落ちてしまう繊細な果実で一般の流通ルートにはでまわらないとも書かれていました。

華やかな洋ラン展では多くの人が足を止めて見入っていました。


所狭しと稀な木見るや冬の室
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 横浜「コクリコ坂から」の舞... | トップ | 亥年の守護神 摩利支天 徳... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズノコ)
2018-12-29 08:53:05
洋ランではなく、珍しい花々との出会いのものがたり、いいもんですね!どうぞ、いいお年をお迎えくださいませ。
温室の花 (ミント)
2018-12-29 10:07:02
こんにちは 和子さん

美しい花を見ると心も和みます
珍しいジャボチカバ・サガリバナ(初めて見ました)、洋ランのご紹介有難うございました。

今年も残り少なくなりました
どうぞ良いお年をお迎えください。

珍しい花木 (和子)
2018-12-30 20:21:07
カズノコさん

新宿御苑の温室はかなり頻繁にのぞいてはいるのですが毎会新しい発見があります。
やはりお花も咲いていない時は通り過ぎてしまいここに前からあったのにと。
不思議な物ですね。
一年間コメントを頂き励みになりました。
来年も宜しくお願いいたします。
温室の花 (和子)
2018-12-30 20:38:15
ミントさん

サガリバナは夜中に開花して朝方には落ちてしまうらしいのですが訪ねた日はお昼頃でしたが未だ花が一つぶら下がっていてその様子を見ることが出来ました。
まだまだ花芽がありましたので一月でも見られるかもしれません。
いつもコメントを頂きありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事