和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

早朝の小田代ヶ原  日光

2018-12-20 07:58:26 | 日記














11月の初旬、深夜に松戸の自宅に迎えに来てくれた写友の車に乗っ4人で日光の小田代ヶ原に撮影に行ったことがありました。赤沼茶屋到着午前3時。午前4時半始発の電気自動車に乗り込んで小田代に向かいました。外は未だ暗いのですが車内は超満員。15分で小田代ヶ原にに着きましたがすでに自転車などで来た人がいて整備された木道に三脚を並べていました。日の出まで一時間以上あり冬支度をしていても手がかじかむほどの寒さです。足踏みをしながら寒さに耐えて日の出を待ちました。周りの人の話を聞いていると皆様常連さんのようでした。6時近くになって急に今までなかった霧が湧き出てきました。お目当ては湿原に一本だけ離れて立つ「貴婦人」と呼ばれるシラカンバの木です。シャッターの音だけが霧の中に響きます。みるみる変わっていく瞬間のすばらしさ、貴婦人にも日が差しこみ始めました。霧氷になっているようです。紅葉したカラマツの木々も浮かび上がってステキでした。私にとって今朝は何とラッキーな経験をさせてもらったことでしょうか。
あれから一か月余が経過しました。貴婦人も今頃は雪の中で凛とたたずんでいることでしょう。

紅葉の写真を掲載するのに忙しくてブログ掲載が前後してしまいました。

冬霧や肩並べゐて無言なる
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 湯島聖堂の櫂の木の紅葉 | トップ | 横浜「コクリコ坂から」の舞... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズノコ)
2018-12-20 11:26:07
小田代ヶ原の場所も初めて知りました。貴婦人を求めて深夜からお出かけになられる。ご褒美に朝霧も出て素晴らしい情景に出現れたんですね!俳句の情景も浮かんできます。
早朝貴婦人に光が射す日 (和子)
2018-12-21 07:59:24
カズノコさん

11月の第一週の土日は貴婦人に早朝の光が入るからとの事です。電気自動車が朝の4時半に始発が出るのも土曜日、日曜日とあって昨年同様バスは満員でした。
運良く今年は霧が出ましたが昨年は霧も日の出も見られず帰り際にわずかに寸時の光が小田代ヶ原に射し込みました。
ほとんどの人は7時の帰りのバスに乗り込んでいたのでその瞬間を逃しました。
私達は次の7時半のバスで帰ろうとうろうろしていたのでその光をとらえることが出来ました。
チャンスをつかむのは忍耐がいりますね。
一瞬の出来事なのでまた来年挑戦してみたくなる訳です
コメントありがとうございました。。
瞬時を撮る難しさ (千代子)
2018-12-22 15:49:46
 頑張った甲斐がありましたね。刻々と変化する情景を捕えて1枚の写真に収める難しさが素人ながらわかります。趣味とは言えここまで入れる人は少ないでしょう。私も雨の中ここを歩いて「ここが写真にある所だ」と発見したことがあります。「日光小田代ヶ原」の写真集ができそうですね。
刻々と変わるから面白い (和子)
2018-12-22 19:18:50
千代子さん

良き写友に恵まれているからこそ早朝の小田代ヶ原に立てるわけでして有り難いと思います。
毎回毎回違って同じ風景には二度と出会えないからこそカメラマンがさっとうするのですよね。
たぶん来年も誘っていただけると今から期待しています。来年はもう少し着ぶくれていきたいと思いました。
コメントありがとうございました。


小田代 (s、s)
2018-12-23 18:30:54
小田代ヶ原でわ、お世話になりました。寒かったですね。小田代に、山の影から一筋の光が入った瞬間、あの感動が忘れられず、山に通っているのです。苦労した甲斐がありましたね、素晴らしい写真が撮れてよっかたです。
お誘いいただき有難うございました (和子)
2018-12-24 07:48:08
s、sさん

11月の小田代では大変お世話になりました。
お陰様で今年、2年目にしてやっと満足な霧に出会えてうれしい限りでした。
そうは言ってもこれがベストになるかさらに上が望めるかとの思いで毎年ワクワク出かけて行く気持ちもわかりました。
来年もよろしくお願いいたします。
真冬でもないのに早朝の小田代は気温が低いのでもっと厚着をしていくことにします。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事