和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

紅葉の東北を訪ねて Ⅲ 抱返り渓谷 角館 猊鼻渓舟下り

2018-12-06 08:27:28 | 日記

抱返り渓谷



紅葉にはまだ早い

満開の枝垂れ桜の写真はこのあたり





丁度高校生がおもてなしで太鼓演奏して

猊鼻渓 午後二時半の予約で乗る

下船して



面白かった船頭さんは自分でもお客さんをスマホで撮り掲載してるいるとか

三日目はお天気もまずまずでした。最初に行ったのは宿からも近い抱返り渓谷、東北の耶馬渓とも言われ原生林のなかの青い渓流が美しいところです。自由時間が短くて滝までは行けなかったのが残念です。ここも紅葉はまだ始まったばかりでした。
次に行ったのは春のシダレサクラと武家屋敷で有名な仙北市の角館でした。1656年頃に武家屋敷の各戸ごとに植えられた枝垂れ桜が現在153本残っているそうです。みちのくの小京都とも言われています。今は桜の時期ではないので武家屋敷の黑塀に桜の花が彩を添える姿を想像しながら歩きました。
旅の最後は北上川の支流の砂鉄川沿いにあル2キロメートルにわたる渓谷 猊鼻渓 です。日本百景の一つにもなっているこの渓谷では舟下りをしました。川岸は100メートルもある断崖絶壁がそびえ船頭さんが竿一本で巧みに舟を操ります。乗った舟の船頭さんの巧みな話術に引き込まれました。ここは川を上り下りすることになっています。上りきったあと上陸し20分休憩。後の舟下りでは伊藤船頭さんが歌う東北民謡に酔いしれました。生憎午後2時を回っていたので光が弱くせっかくの紅葉がもう一つでした。
2泊3日の東北の旅は紅葉に関しては不消化ながら楽しく終えることが出来ました。

百景の鮭上る川舟下り
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 紅葉の東北を訪ねて Ⅱ 八甲... | トップ | 新宿御苑だより 12月 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズノコ)
2018-12-06 15:46:02
抱返り渓谷、猊鼻渓、言葉の勉強になりそうです。猊鼻渓は、僅かに日が当たっていて静けさが感じられますが、もう少し広い範囲か、紅葉があればもっとよかったでしょうね!
地名の由来 (和子)
2018-12-07 09:24:44
カズノコさん

地名の由来は調べてみると面白いですね。抱返り渓谷は昔すれ違うん際に抱きあって通るほど狭かったのでそう言われたそうですが今は高いところに道路が出来て滝までのんびり行けるようになりました。青い渓流で有名でJRの駅のポスターでも今見かけます。
猊鼻渓の名前の由来は、猊(しし)(獅子)の鼻に似た奇岩が見られることからつけられたようです。
いずれも標高が低いので紅葉は訪ねた時は始まったばかりでした。
コメントありがとうございました。
東北の旅 (s,s)
2018-12-07 20:18:25
こんばんわ、しばらくです長野、新宿御苑、東北、と忙しく楽しんでいますね。青森、八甲田、十和田湖、角館、猊鼻渓、これで日程ゆったり旅ですか・・・若いですね。紅葉は十和田湖が青空も有り一番よっかた様ですね。
10月は忙しく (和子)
2018-12-08 16:59:00
S.Sさん

紅葉時期は長野、東北の旅が続き10月は忙しく過ごしました。
55歳以上のツアー旅行の日程はこれでもゆったりです。朝もゆっくり9時出発ですし、個人で行くとあそこにもここにもと欲張りすぎてくたびれてしまいますが。
東北の旅は十和田湖だけが紅葉時期と合いましたね。八甲田は終わって猊鼻渓や抱返り渓谷は早すぎでしたし。
今週の水曜日と今日土曜日に新宿御苑へ紅葉を探しに出かけました。
こちらはもみじも色々で期間が長く楽しめます。まだ緑の葉のもみじもあります
し例年よりかなり遅れているもの早いものと昨年とは状況が大きく違います。塩害の被害があるとはいえ逆光で見るもみじはやはり見ごたえがありました。
14日の写友会はその日、巨木の仲間の御苑案内を頼まれているのでお休みします。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事