和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

あけぼの山農業公園 今年の狐のカミソリ

2018-09-02 08:00:54 | 日記

咲いているのをやっと探して

今年はこんな状態

昨年の桜山では

昨年の狐のカミソリの花

向日葵畑だったところの今

8月中旬、あけぼの山農業公園へ狐のカミソリを見に行きました。東葛地方は雨が少なく、高温の日々が続いています。この厳しい気候のなかでうまく咲いてくれているか心配です。行ってみるとこれから咲く花のそばに枯れ花があったりして不揃いなため写真にはなりませんでした。花芽が一斉に揃わないのはやはり異常気象の影響を受けているようでした。
一生懸命に咲こうとしているのにうまく咲くことができなくて植物たちが悲鳴を上げているように感じました。満開の花が見れなかったので昨年同じところで撮った2枚を載せました。
7月に行ったときに見事に咲いていた向日葵畑はつぎのコスモスに向けて種まきの準備をしていました。

地の神の気まぐれなるか花野みち
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 変化朝顔 Ⅱ 日比谷公園展示場 | トップ | 千葉県立房総の村を訪ねて »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズノコ)
2018-09-02 10:46:00
キツネノカミソリ、一生懸命努力しているのに、気象条件によってこうも違うのですね。ちょっとかわいそう!遠くから見ると、彼岸花や山百合のような鮮やかさ感じられませんが、控えめなオレンジといった色合いですね!やはりいっぱいそろわないと、色がくすんでしまいますね。
Unknown (グライセン)
2018-09-03 06:07:52
地の神・・・なるほどな~こういう言い方もあるのですね。素敵!
気象条件で (和子)
2018-09-03 06:37:39
カズノコさん

撮影日誌を見ながらだいたい今年の見頃は何時かなと案じながらでかけます。毎日見に行けるところではないので失敗すると来年こそはと期待して一年待つことになります。
一本一本は確かに控えめなのでやはり群生が良いですね。今年は他の所でも同じような現象だったようです。
コメント有り難うございました。
地の神 (和子)
2018-09-03 06:46:14
グライセンさん

思わず地の神様が今年はきままなんだとつぶやいてしまったわけです。
そんな言い方が俳句にはあるかどうか解りませんが。
雨が降らなかった八月は狭庭のキュウリは大きくならずくねっと曲がって小さく。出来が良かったのは中玉トマトで水切れで甘かったです。
すべて天候次第。今年の彼岸花はここへきて雨が多いので平年並みでしょうかね?
コメント有り難うございました。
努力の結晶 (千代子)
2018-09-04 09:29:55
 すべての生物は天候に左右されるのですね解っていても例年と違うことに出会うと「あそうか」と実感します。今年の2枚は尊い努力の結晶ですよ。台風21号がおとなし去ってくれることを祈っています。ありがとう。
天候に左右されて (和子)
2018-09-04 21:54:18
千代子さん

台風の進路からは遠く離れていても松戸でも雨こそ降っていませんが夕方から強風が吹き荒れていて今も続いています。
台風か通過して行った各地の被害は大変なものがありますね。
この夏キツネノカミソリが一番の天候被害があったでしょうか?
山百合も向日葵もそこそこ見ごたえがあったように思いましたが。
彼岸花もはや咲いている所もあるようで
すがこちらの群生地は近所にもあるのでいつでも行けます。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事