アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

本気で輸入してほしいシティコミューターたち

2016-11-20 07:00:17 | 車ネタ
高齢ドライバーの事故急増の話題に関連して、小生の持論であるシティコミューターの普及について紹介したが、実際のところ、グローバルではたくさん開発が進んでいる。


 すでに実績のあるところでは、MercedesのSmartがある(右写真)。わけても初代モデルには日本向けに、軽自動車規格のものがあり、2人がしっかり乗れて過ごせる。
 街中でも時々見かけるが、全長が短いため取り回しはすごく楽そうだ。以前から何度か取り上げているが、個人的にもほしかったりする。

 ただ、三代目の現行モデルはそれなりのサイズになっているので、小生が高齢者向けにと考えるシティコミューターとしては大きすぎるかなと。
 そう、日本の軽自動車規格より小さくなくては・・・である。そういう点では、Volpeとよばれる電気自動車は、ギリギリ2人が乗れて全長1.5m、全幅1mというのはよい


 さらに調べてみたら、こんな車も見つかった。全長は2.5mというが、横に2人乗れて・・・タイヤが360度回るので、カニのように移動できるという。
 Hirikoというこの車、最大の特徴は駐車時に折りたたむことができることである(下写真)。これは日本の道路事情にぴったりだし、駐車スペースも狭くてすむ。


 速度制限をかけて、50km/hまでにするとかして、こういうクルマの普及をすべきと思うのだが・・・ついでにいえば、自動ブレーキをマストにする
 今の軽自動車は、枠いっぱいに縦横があるだけでなく、高さも高いものが多い。であれば、このシティコミューターは、全長2.5m以下とかに規定してはどうか。

 そこで思い出したのが、トヨタのiQだ。全長2995mmは、軽自動車枠よりも短い。このサイズで四人乗りを実現していたのだから2.5mでも二人乗りならいけるだろう。
 まずは、トヨタが範を示して・・・と思ったが、そのトヨタがすでにiQを売り止めにしている・・・なんで・・・と


 大昔のスバル360(全長1995mm、全幅1300mm)の頃からすると巨大化した軽自動車は、もはや軽ではないと言えるわけで、全長2.5m、全幅1.5mで規格ってのはどうだろう
 Smartみたいなスタイルもいいし、Hirikoみたいに折りたためるのもよさそうだ。中には、Volpeみたいな縦に二人というのもよさそうだ。
 
 Volpeより1m長くすれば、幅は1mのままでもかなり楽に座れそうだ。そうそう、かつての名車イセッタもある。
 こうしてみると、むしろ日本が得意そうなジャンルで、海外の方がたくさん作っているのって、変な気もする。本気でどうだろうなあ・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« この傘便利です | トップ | POSH Micro X S240購入しました »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

車ネタ」カテゴリの最新記事