刮目天(かつもくてん)の ブログだ!

諸悪の根源は、
日本ヘイトの占領政策基本法を憲法にしてることだよ!
日本人の道理を護れる憲法に変えよう!

国民を護るための議論を!(; ・`д・´)

2018-09-15 00:17:11 | 国防
【自民総裁選討論会詳報(4)】「自衛隊は軍隊なのか」で論戦 安倍首相「憲法解釈変えるのか」 石破氏「『国外では軍隊』は通用しない」
2018.9.14 12:12 産経ニュース


自民党総裁選立候補者討論会に臨む安倍晋三首相(左)と石破茂元幹事長=14日午前、東京都千代田区・日本記者クラブ(納冨康撮影)
 《自衛隊の憲法、国際法上の位置付けについて一家言ある安倍晋三首相と石破茂元幹事長が「自衛隊は軍隊なのか」をめぐり、持論をぶつけ合った》

 首相「石破氏が安全保障の議論について、ずっと取り組んできたことに敬意を表したいと考えています。石破さんは、今の政府の憲法解釈と国際法との関係について『誰にも分からない』『世界に通用しない』と強く批判しているわけであります。そこで、例えば『自衛隊は憲法における軍隊ではない』という考え方を私たちは取っている。(自衛隊は必要最小限度の)『実力組織』という考え方を取っていますが、国際法的には軍隊であるという立場をとっている。これに対しても批判されています。もし石破氏が首相になったときには、自分のご主張に合わせて直ちに変えるお考えがあるかどうかということであります」

 石破氏「私も学校で憲法を学びました。『陸海空軍その他の戦力はこれを有しない。国の交戦権はこれを認めない』。(憲法9条)第2項です。じゃ、陸上自衛隊は何だ? 海上自衛隊は何だ? 航空自衛隊は何だ? 必要最小限度だから戦力ではない? 何をもってして、必要最小限度というのか。その判断基準が分からないということです。そして今、総裁がいみじくもおっしゃったように国際的には軍隊、国内的には違う。では、一体、何なんだということが分からないままに、ずっとこれが続いていると私は思います」

 「名称は国民が愛着を持ち、親しみを持っていただいている『自衛隊』のままでちっとも構いません。ですけれど『必要最小限度だから戦力ではない』という考え方はかえって国民の理解を妨げるものだと思っています。国内においては違うが、国外においては軍隊だ。そのような議論は国際的に全く通用するものではありません。そういう立場に自衛隊を置いていいと思わないんです。それをきちんきちんとご説明して、日本国の独立を守る。そして国際法にのっとって活動する。そのことを明確にする。その説明をすることが、私は自民党の責務だと思っております」

 首相「今、重要なことを言われたと思う。『国際法的に軍隊ではない』ということを日本の首相が明言されますと、自衛隊が今、ハーグ陸戦条約、あるいはウィーン条約、ジュネーブ条約等々で権利、義務、規制がかかっているのですが、そこから外れてしまうということになります。つまり日本においては憲法上、必要最小限という制約が、各国にはない制約がかかっておりますから、日本ではいわゆる軍隊ではない。実力組織という考え方であります」

 「しかし、国際社会的には十分、軍隊として認められている。そのわれわれは条約にすでに加盟しているわけでありますから、そこでのわれわれの権利はあるわけでありますし、例えばイージス艦を数隻も所有している。5兆円も防衛費にお金を使っている。それが軍隊ではないということは、もちろん国際社会的にはその方が私は非常識なのではないかと考えますが、どうなのでしょうか」

 石破氏「名称は自衛隊のままで構いません。それは国の独立を守る組織。つまり領土であり、国民の生命であり、統治機構であり、これが国家主権ですから、これが外国から侵されたとき、必ずこれを排除する。そういう組織を軍隊と言うんです。世の中は、そういうものです。ただし戦争の、あの悲惨な記憶。軍隊という言葉に対する危機感があることは私もそうです。そうであるならば、それは自衛隊という名称でいい。それは国の独立を守るものだ。総裁がおっしゃったようにジュネーブ条約。ジュネーブ条約だけではありません。ハーグ陸戦法、ハーグ海戦法規。それは自衛権を行使する場合のルールなのです」

 「ルールをきちんと守っていかなければ、それは自衛隊に恐ろしい負荷をかけることになるんです。臨検、拿捕(だほ)、没収してよい内容です。でも日本はそれができない。そういうことをきちんきちんと議論しながら、日本国の独立と平和を守るためにどうすべきなのかという話こそ、私は必要なのだと思っております」=(5)に続く


こんないい加減な話で、打ち切るとは許しがたい!

他のことよりも最優先で、どうすべきかトコトン話し合って下さい!

もう、憲法といわれている占領政策基本法を護るための不毛な議論は止めよう!


ルールを守ることは日本国内では重要だが、

一歩日本の外に出れば、ルールは必ずしも守られないのが現実だ。

日本が大東亜戦争で敗けたのも

日本は道義国家として人道主義で国際法を厳格に守ったからであって、

日本以外の国は勝つために、ルール違反をやったのが事実だ!

非人道的な核兵器を無抵抗の日本国民に2度も使用したし、

東京大空襲をはじめ、日本の各都市や大陸で民間人を

どのように虐殺したのか思い出すがよい。

日本を戦争に追い込んだのは

こういう野獣国家の責任だという事実が今ははっきり分かってきた。


日本の軍国主義者が戦争を引き起こしたんじゃないんだぞ(; ・`д・´)

いつまでも野獣国家が日本国民に押し付けた自虐史観に基づく

欺瞞の日本国憲法に騙されていては日本国民を護れない!


インターネットの普及によって、

反日リベラルのマスメディアが言論統制できなくなってきたにも拘わらず、

日本国民を護る責任のある人間は、

間違った情報のままだ。


いつまでもマヌケなインチキ憲法擁護の立場では

最も肝心な以下の視点がゴッソリ抜けてしまうのだ。


どうやったら領土問題を解決できるのか?

どうやったら拉致された日本国民を取り戻せるのか?

どうやったら日本固有の領土が侵略されないで済むのか?

どうやったら日本国内で暴れる反日国家の予備役兵士から

日本国民を護れるのか?

どうやったら日本の国土が反日国家に売却されないようにできるのか?


どうやったら日本国民の生命・財産・自由を反日国家から護れるのか?


こういう差し迫った国防・安全保障上の大問題に

具体的にどう対処するのかを総理大臣候補がまともに議論しないで、

従来の枠の中だけの神学論争を繰り返すのは無責任極まりない!


よくも戦後70年の大半を

このような無責任政党が政権担当していたものだと

今更ながら呆れてしまう!


日本国憲法と呼んでいるものは

日本国民が日本国のために作った憲法ではなく、

むしろ日本国と日本国民に有害な、邪悪な意図のもとに

GHQによって作られた占領政策基本法だ
ということが事実だ。


そういう事実に目を向けず、

インチキ憲法の肝心な部分を改正しようともせずに、

或いは、

憲法ごと全部廃止しようしないのは

政権担当政党として無責任極まりない!


それに気づいていない日本国民が多いのも事実だが、

自分の家族が拉致されて国外に連れ去られた時、

日本政府の対応を見てどういう気持ちになるのか?

日本国は平和国家だから救出できないなんて言われて本当に納得できるのか?

日本の国土・領海を外国に奪われて、

生活の基盤を失ったらどういう気持ちになるのか?

日本の都市や集落に核爆弾が降ってきたらどうなるのか?

考えたことはないのか?(;一_一)


そんなこと考えたら生活できないから考えないようにするのか?

愚かすぎて話にならない!


キミはアホか?より)


そういうことが起きないように日本国民の税金を十分に使って

口だけではない万全の国防に努めるのが日本国民と日本国の義務だ!

憲法を守るために、そういう肝心なことを怠るのは本末転倒だぞ!


日本政府と国会議員が大学や民間と協力して、

最優先で、最も合理的で有効な手立てを考えて、

予算を十分に付けて、

自衛隊や担当の公務員が可能な限り安全に確実に任務をこなせるようにするのが

国家としての使命だろう!


もう一度総裁候補はこういう国民の危機意識の視点で

国防の具体論を交えて議論してほしい。

今の憲法は何処がまずいのかを明らかにして、

改正するなら改正してもいい!!

でも国民投票などと、そんな悠長なこと言ってられないから、

時代遅れになって賞味期限が切れた占領政策基本法として

(偽)日本国憲法を廃止し、


大日本帝国憲法を復活させて、急いで現代の状況にあった改正をすべきだ!

いつまでも欺瞞のままにしていると、取り返しのつかない事態になりかねない‼

反日国家が核兵器を持って日本列島をにらんでいることを忘れないでほしい。


(偽)日本国憲法を国会で廃止すると、

たちどころに法律がすべて無効になって

社会が大混乱するというのは

反日リベラル護憲派のデマだからだ!

個々の法律は国会で審議して改廃手続きをしなければならないからだ。

廃止したくないような法律が帝国憲法に反するなら、

帝国憲法を改正すればいいのだ!

だから安心して、

日本人が日本のために作った大日本帝国憲法に戻そう!


これを無責任な主張と言うのなら、

日本国憲法のすべての欺瞞を知ってから言ってほしい!



【参考記事】GHQの占領政策

『吉田茂という反省』(自由社)阿羅健一・杉原誠四郎 対談

「大日本帝国時代はいい時代だった」パラオの人はなぜ親日なのか

コメント   この記事についてブログを書く
« 人類の敵の後援会なのか?!(... | トップ | 弁天様が卑弥呼だよ(^_-)-☆ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国防」カテゴリの最新記事