中央美術学園校友会

中央美術学園校友会の公式ブログです。
卒業生の親睦向上を図り、母校の発展に寄与することを目的とします。

初夏の谷根千散歩

2018年05月27日 | イベント情報

一年で一番すごしやすい季節ですね。

ぼくの地元、日暮里駅から谷中、根津、千駄木へと散策する道は最近は外国人観光客でおおにぎわいです。

上は朝倉彫塑館。中美アートサークルでは何度か来ているので、なつかしい卒業生も多いと思います。

古い蔵を改造したギャラリー、スペース小倉屋。

寺町美術館。

ここは、最近お気に入りの古本屋さん。風情があるでしょ

谷中には行きつけのお店もいくつかあって、よそではあまり売っていないかばん屋さんや帽子屋さんもあります。

ぜひぜひお出かけください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

卒業生や学生から、どんな本を読んでますか? と聞かれることがあります。

今週読んだ、または読んでいる本です。

卒業生のみなさんにおすすめは、今月号の芸術新潮ですね。

印象派の画家たちの劇的な物語が紹介されています。

ミスター印象派クロード・モネも若い頃はまったく評価されず、セーヌ川に身を投げました。(自殺未遂)

今でこそ絵画史に残る巨匠たちも、まったく評価されない時代が長かったのです。

モネの作品「印象・日の出」を見た記者が「壁紙のほうがまし」と記事を書いたのは有名な話ですが、その評論記事の全文が掲載されているのでとても参考になります。

美術学校の受験に失敗し、展覧会に落選しつづけたセザンヌも不遇の時代が長かったですね。

モネと親友だったルノワールもまた、不遇の時代を経ての名声があります。

誰しもが多くの壁を乗り越えて、その先の未来を目指すもの。

1953年、パリとニューヨークで個展を開きに行く岡本太郎に、ある人がこう聞きました。

「あちらで、何を得てこられるのでしょう?」

岡本太郎はこう返事しました。

「いや、こちらが与えにゆくんです!」

挑戦すること

挑み続けることで

壁を乗り越えていきましょう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相馬先生のリキテックススクール第2期開講!

2018年05月23日 | いま、中美では

卒業生の画家相馬博先生のリキテックススクール第2期がはじまります

活躍しているアーティストやイラストレーターも、体系的に知識技術を学ぶために競って受講する、

前回はあっという間に定員に達した人気スクールです。

興味ある方はぜひ、早めにお申し込みを

学園造形芸術科学科長として、指導にあたる相馬先生。

中美新世代を牽引する指導者です。

こちらは山口先生の素描の授業。

今年の1年生もみな熱心です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今朝(平成30年5月23日)の朝日新聞の「折々のことば」です。

なんでもないことは流行に従う、

重大なことは道徳に従う。

芸術のことは自分に従う。

小津安二郎

 

*自分の作り出すアートは、誰に従うものでもなく、自分だけのものであるべき。
それは根源的な芸術の在り方です。ものの見方や知識技術、創作に取り組む心のありようはすぐれた先生から学ぶべきですが。

いま、日大アメフト部の悪質タックルが話題ですね。加害者とされる選手の潔さと、学生を見捨てるような学校のありようが対照的です。夢を育てるのが学校なのに、夢をつぶしてしまう学校のありようがおかしいです。

ぼくが学校長として先生方に最も期待していること。

それは、お手本となる人間であることです。

先輩アーティストとして。

立派な社会人として。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/24〜26夏だ!島だ!海だ!新島合宿だ!

2018年05月21日 | イベント情報

以前中美アートサークルで毎年夏に行っていた新島ガラス工房研修旅行

新島独特の土を使用した、吹きガラスを制作します。

船旅や温泉、島の民宿に泊まったり、花火大会や島一周サイクリングは楽しいですね。

今年は7月24日〜26日です

いま、内田先生と学生たちで研修内容を考えています。問い合わせは副田まで

ちなみに民宿はごはんおかわり自由なので、中美大食いチャンピオン内田先生が何杯おかわりするかその記録も楽しみです

新島の海岸はめちゃくちゃきれいで砂浜も真っ白

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは八丈島に3月に行ったときです。もうほとんど熱帯みたいで、晴れてると暑かった記憶があります。

船旅だとイルカが船に近づいて来るのも楽しいですね

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きょうの言葉

「楽しみは勉強の中に宿っているべきです。」

ポール・セザンヌ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年生ひなちゃんのジャンプ展!

2018年05月20日 | 在校生紹介

きょう2年生ひなちゃん(ペンネーム)が少年ジャンプ展に行ってきたそうです。

画像と記事を送ってくれました。

~ジャンプ展VOL2~

最近僕は漫画を描く上でペン入れという作業はデジタルでやろうかなぁ。と思っていました。

ですが、今回原画を見ることができ、やっぱりGペンで描けるようになりたいと思いました。

ジャンプの漫画を見るととても刺激になって、やっぱり漫画が1番の教科書です。

すごくクオリティーが高くて自分が読んでいた世代のVOL3を観に行くのも楽しみです!



少年ジャンプ展は年代別に3期に分けて開催されます。上の画像は昨年開催のVOL1の様子。北斗神拳バーガーは美味しかったです

なんと、少年ジャンプ創刊号の復刻版も入手して図書室に置いてあります

VOL3も楽しみですねー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業生漫画家!内野タカラ先生登場!

2018年05月19日 | 校友会員の近況

卒業生漫画家の 内野タカラ先生からお知らせです

スターツ出版様の女性向け電子コミック紙 comic  Berry's(6月1日配信 vol.45)より

高田ちさき先生 原作

『スイートペットライフ』

 の連載を開始します

 

LINEマンガ、コミックシーモア、Renta!などでも読めます。

電子単行本も出る予定です。

これまで何度か、中美に来ていただいた内野タカラ先生。

マンガコースの同期には、漫画家・イラストレーターとして数多くの本を世に出しているMAKO.先生がいます。

卒業生の活躍はうれしいですね

 

 ------------------------------------------

毎年冬に開く「そえ宅鍋会」で、この壁飾りを見た人も多いはず。

以前いた学校でお世話になった先生からもらったものです。その先生の息子さんがサッカー選手の原口元気さん。

子供の頃から天才と言われて成長を楽しみに見てきましたが、5月18日発表の日本代表メンバー27人にも選ばれました。日本国内で開催された予選はぼくも応援に行っていました。6月ワールドカップ登録メンバー23人の中にもぜひ入ってほしいです。

どんな分野でも、夢を持ち続けることそのものが、人生を素晴らしいものにします。

ワールドカップ日本代表も頑張ってほしいですね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内田先生のマル秘放課後勉強会潜入ルポ。1年S君より。

2018年05月18日 | 在校生紹介

謎のベールに包まれた放課後の内田先生勉強会「内田コミュ」

潜入不可能と言われたその謎の内田コミュに、勇気ある1年生が潜入ルポを敢行

以下がその笑劇いや衝撃のレポートです。上の画像も本人の撮影です。

 

-ある日の内田コミュ レポート-

内田先生の提唱する“モンタージュ理論”はとても面白い。

この日は、4ページの本状になった小さな紙を渡された。

最初の見開きページ中央には、黒い丸。
ページをめくってみると真っ白で何も描いていない。

真っ白なページだけでは何の意味も持たない。
しかし、その前のページに黒い丸が存在することで、「丸が消えた」という意味が生まれる。

「これがモンタージュなんだよ!」と内田先生力説。

その理論に則り、丸のページの次に別の丸を描き、いろんな意味を持たせる一同。

小さな丸を大量に書いて増殖をイメージさせたり、見開きいっぱいの大きな丸を書いて接近や拡大をイメージさせたり…

途中、研究生の先輩と内田先生が熱い討論を繰り広げる場面もあり、手に汗握るゼミとなった。
討論中も内田先生はどこか楽しそうで、穏やかなオーラを纏っているのだった。

内田先生は不思議な人である。

1年 スズキ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雫石さんのグループ展開催!フェイストゥフェイス記念展!

2018年05月17日 | 校友会員の展覧会

以前、放課後によく中美アートサークルで見学させていただいたギャラリー・フェイストゥフェイス。

卒業生画家雫石さんの初個展もこちらでした。

2008年にオープンしたギャラリー・フェイストゥフェイスも今年で開廊10周年だそうで、西荻窪の新しいスペ–スで記念展を開催します。

もちろん、卒業生画家 雫石さんも出品されるのでぜひお出かけ下さいませ

卒業後、画業をつみあげてきた雫石さん。

昨年11月の個展もかなり遠方から多くのファンが駆けつけました。

もちろんぼく(副田)もファンの一人です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちひろの心をもとめて

2018年05月16日 | 在校生紹介

先日の「いわさきちひろ美術館」見学会の感想など1年生にもかいてもらったので一部紹介します。

上の画像は1年生の中国からの留学生Kさんが、ちひろの絵をイメージして描いたものです。

いつも美味しそうなお弁当を持参しているM君の感想。

きょうは暑いのでアイスの配給をせねば

山口先生の素描1年生授業です。

相馬先生のアート演習です。

みんな熱心ですねー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中美の情景2018.5.14~中美ネコ転落事件~

2018年05月14日 | いま、中美では

きょうはいい天気だからお昼寝

なんか発見

ちょいちょい

あ、落っことしちゃった

自分も落っこちたあ

そのまま寝よう

きょうも中美裏庭ではドラマが起きていました笑

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅倉田美子先生の絵本です。

2018年05月12日 | 校友会員の近況

卒業生イラストレーター 浅倉田美子先生から絵本の寄贈をいただきました。

中美図書室の浅倉先生の蔵書も10冊以上となり、学生や見学者の方も興味深く読んでいます。

今月は毎週水曜日午後の授業に入られています。

いつもありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

六本木ヒルズの森アーツセンターで開催中の「少年ジャンプ展2(90年代)」です。

今も人気ある作品が多いですねー

グッズも仕入れたので、校友会ブログに記事を載せてくれた学生にあげますね

ジャンプ連載の漫画家たちのコメントコーナーもありまた。

「漫画描いてるだけじゃ本当の漫画家じゃない。

人生が漫画じゃなきゃ漫画家とは言えない!もしかしたら漫画を描かないでも人生が漫画なら漫画家なんだろう。

だからみんなも漫画な人生を送って漫画家になればいい!

人生を冒険にしよう!

頭の中だけで冒険してないで人生が冒険だ!

漫画な人生にGO!

俺も漫画的に生きてる!」

江川達也

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業生三ツ木君の近況報告です!

2018年05月12日 | 校友会員の近況

卒業生三ツ木君から近況報告です

「東京芸大から作品の依頼をされた時の本が出版されまして、その本に僕の作品が載りました

その他にも僕の作品が載った本が二冊出ました

 

こちらは昨年、展覧会に作品が出品されたときの画像です。

今後のさらなる活躍を期待しております。

また、そえ宅なべ会にも来てくださいね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きょうの言葉

「私は鳥が歌うように、絵を描きたい。」

クロード・モネ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中美生が雑誌創刊に携わっています!

2018年05月11日 | 在校生紹介

このたび練馬区地域雑誌「コレスポンデンス」創刊号作成に協力させていただくことになりました

 

写真はアートコース2年MIHOさんの取材の様子です。
武蔵関公園で絵を描きながら取材を受けています。

 

MIHOさんの絵はこの雑誌の表紙を飾ります。

また写真や取材内容が雑誌に記載される予定です

さらにプロのマンガ家である内田かずひろ先生の作品も掲載されます。

わたしもショート絵本を描く予定です。

どんな雑誌になるか楽しみですね。

はやく完成した雑誌に会いたいです。

2年 もりもと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きょうの言葉

「楽しくなければ描きません」

ルノワール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅沼先生の「絵本ゼミ」!

2018年05月10日 | いま、中美では

きょぅ放課後、卒業生の絵本作家 浅沼とおる先生の「絵本ゼミ」がスタートしました。

通常授業にプラスしての、放課後の参加自由ゼミです。

毎週木曜日放課後に開講します。

毎週金曜日放課後には卒業生画家 相馬先生のゼミが開講されます。

昨日放課後は漫画家内田かずひろ先生の「漫画サークル」がありました。

今年の学生もほんとうに皆熱心ですね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかむらゆうこさんグループ展開催中です!

2018年05月10日 | 校友会員の展覧会

イラストコース卒業のイラストレーター なかむらゆうこ さんのグループ展が銀座ミレージャギャラリーにて開催中です!

ぜひぜひお出かけくださいませ!


2018 5月9日 ~14日

展覧会名 My Life展

天木彩

立谷陽介

ぢーま

なかむらゆうこ

林田五百重

福守久子

柚月

わほぷけ

在学中に中美アートサークルでは「アート・イラストフリマ大会」などにも参加してくれた、なかむらゆうこさん。

今後のさらなるご活躍を期待しております


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きょうの言葉

「一度燃え上がった想いは、止めることができない。」

フィンセント・ファン・ゴッホ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代を創造するものはニャーか?!

2018年05月09日 | いま、中美では

中美ネコ雨の日も元気です

路地裏で咲き始めたアジサイも見ました。

ここのところ毎日、卒業生在校生の進路相談を受けています。

創作創造活動と日々の生活をどう将来設計していくか、みな悩んでいるところですね。

きょう帰りに寄った書店で、岡本太郎の名著の復刻版を見つけました。

図書室に置いておくので、興味ある方はぜひ読んでくださいね。

「生きるよろこびのための芸術表現」のヒントを得られます。

「18世紀までは、絵がうまいことが画家の条件だった。しかし・・・」

「今日では、下手に描くということが芸術家の大きな目的になっている」

常識をくつがえす岡本太郎の言葉は常に新鮮ですね。

「芸術は常に新しい」

時代を創造する意志を中美生にも求めたいですね。

ちなみに、この本の巻末解説文を有名画家で作家のA氏が書いていますが、このA氏のご息女も中美卒業生です。(個人情報なので実名はさけますがこの校友会ブログにも学生時代の画像があります)。どこかでみな、つながっていますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、東大学食の壁に飾られていた画家宇佐美圭司氏の大作が、改修のために破壊廃棄されてしまい、非難されていますね。

アートの価値がわかる世界、わからない世界の境界線もまた微妙です。

昨年、ZOZOTOWN社長前澤氏がバスキアの作品を123億円で購入して話題になりました。

バスキアはぼくもニューヨークでの個展を見たことがありますが、そもそも建物の壁の落書きアート(スプレーペインティング)が、「街のアート作品」として認められたのが原点です。

平成時代が終焉を迎えつつあります。

新たな時代を創造するアーティストをぜひ、中美生には目指してほしいです。

進路相談希望の卒業生は副田まで平日土日かまわずお問い合わせください

 

 --------------------------------------

きょうの言葉

「ぼくらは、絵を通してのみ

何かを語ることができる。」

フィンセント・ファン・ゴッホ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加