ものぐささんの短歌日記

日々の気づきを短歌にのせて・・・

そう言う事!!かも?

2017-07-27 | 子育て
おはようございます

昨日、娘のある出来事から
重要な事に気付いたきがして、アップしようと
思いました。

思春期だから、それで片付けて来ましたが
息子や娘がマイペースなのは親(私)から
譲り受けた『質』ももちろんあると思います。

それ以上に、私の子育ての仕方の最大の
傾向が、子供達から思考力を奪っていたの
ではないかと思う事があったのです。

私は、子供達に『ダメ!』を出す時
いつも当たり前のように、何故それが
ダメなのか、説明付きで教えて来ました。

例えば、家族間であっても自分のものと
人の物は区別しなさい。
何故かと言えば、自分の大切に使っている物
大事にしてるものを了承もなく使われたり
壊されたりしたら、気分悪いでしょ?
それは、誰だって同じ。
まっ、一例ですがこんな感じです。

幼いから、まだ分からないから
失敗や傷つきながら、『何故ダメなのか?』
を理解し身につけて行く為に『理由添付』は
必須だとずっと思って子育てして来ました。

けれど、小さい頃ならいざ知らず、ある程度
になったら、それは自分で考えさせなければ
ならない事だったのだと思いました。

失敗した、嫌な思いをした、ムカついた
その全てに『何でそう思ったのか?何故
失敗したのか?何故それがダメな事だったのか?』

そのひとつひとつの経験値を自分のスキルに
する為に自分で自分に問わせ答えを見つけさせて
行く大事な訓練過程を私が先に答えを押しつけた
子育てして来たばかりに、考える力が弱くなり
それが幼さを引き立たせて見える原因なのかも
知れないと、昨日はふと思えてしまったのです。

もちろん、それだけではないでしょう。
余りに日常過ぎて、既に自分の子育てなど
時々、反省と共に自覚できるくらいです。
立場は、圧倒的に親の方が力も権限も
持っていますから、子供はひとり立ちする迄
それに従う他ないですからね。

このブログでも何度となく気づきと反省と
自己嫌悪と共に変えて行きたい!と
試みて来ましたが、ダイエット並みに
全く改善されませんでした

そして、得たものは自分が見下していた
母への深い感謝。

子育て赤点にションボリ
な事も多いですが、少しでも気づいた事を
活かし反映させて行けるよう、今暫く
頑張らねば!と思う今日この頃です。

今日も子育て反省会にお付き合い下さり
ありがとうございました。

そんな今日の一首は・・・

今日この日 生きて行けるは 見えてない

感謝もされぬ 他力と愛にて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再びの就活! | トップ | 世界征服!! »

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事