勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HACHI 約束の犬

2009年08月08日 | 洋画(アメリカ系)
1987年の映画「ハチ公物語」のリメイク版。舞台をアメリカ東海岸の架空の街ベッドリッジに設定して作られていますが、話の大筋自体は、元々の「ハチ公物語」のままになっています。

この映画、“一応”主演はリチャード・ギアですが、本当の主演はHACHIを演じた犬達でしょう。子供のときのHACHIは柴犬が演じていたりするようですが、成犬となったHACHIは3頭の秋田犬が演じています。どれもとてもカワイイです。しかも、しっかりと演技しているんですよねぇ。どうやって演技を付けたんでしょうか? 物凄く不思議です。

正直なところ、物語そのものは、特に起伏も無く、淡々と進むために、盛り上がりに欠けています。でも、何だか最後の方は泣けてしまうんですよね。特に最後のシーン。泣けます。

HACHIがパーカー教授の所に来た理由、って言うか、それより何より、何でHACHIが日本からアメリカに来たのか?と言う事が全く解明されず、突っ込みどころは満載です。でもこの作品は、そう言う細かいところは気にしないで、素直に物語を見るのが良いと思います。

タイトル HACHI 約束の犬
原題 Hachiko: A Dog s Story
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 リチャード・ギア[日本語吹替え:北大路欣也](パーカー・ウィルソン)、ジョーン・アレン[日本語吹替え:真矢みき](ケイト・ウィルソン)、サラ・ローマー[日本語吹替え:高島彩(フジテレビアナウンサー)](アンディ・ウィルソン)、 ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ケン)、 ジェイソン・アレクサンダー(カール)、エリック・アヴァリ(シャビール)、ダヴェニア・マクファデン[日本語吹替え:柴田理恵](メアリー・アン)

[2009/08/08]鑑賞・投稿

コメント   この記事についてブログを書く
« アマルフィ 女神の報酬 | トップ | ナイト ミュージアム2 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事