勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ヒトラー暗殺、13分の誤算 / Elser

2015年10月18日 | 洋画(ドイツ系)
1939年11月8日、ミュンヘンのビアホール「ビュルガーブロイケラー」で発生したヒトラー暗殺事件の首謀者、ゲオルク・エルザーを描いた作品。

ヒトラー暗殺計画は、数多く計画されたのは知っていましたが、このゲオルク・エルザーの事は、不勉強で知りませんでした。でも、作品を見て判ったのが、信念の人だったんですね。誤解を恐れずに言えば、反ナチス原理主義的人だったようにも思えます。それと、あれだね、

先ごろ見た『顔のないヒトラーたち(Im Labyrinth des Schweigens)』でナチスを追求するオットー・ハラー検事を演じたヨハン・フォン・ビューローが、この作品では逆に、ゲシュタポを演じていたのが、わたし個人的には印象的でした。

また、こちらは史実ですが、エルザーを追求した刑事警察長官のアルトゥール・ネーベが、後年、シュタウフェンベルク大佐が画策したヒトラー暗殺計画のヴァルキューレ作戦に連座して処刑されているのも、興味深いです。エルザーはなぞの多い人物と言われていますが、ネーベ自身も十分になぞの多い人物だと思います。

タイトル ヒトラー暗殺、13分の誤算 / 原題 Elser
日本公開年 2015年
製作年/製作国 2015年/ドイツ
監督 オリバー・ヒルシュビーゲル
出演 クリスティアン・フリーデル(ゲオルク・エルザー)、カタリーナ・シュトラー(エルザ)、ブルクハルト・クラウスナー(アルトゥール・ネーベ/ナチス・ドイツの刑事警察長官)、ヨハン・フォン・ビューロー(ハインリヒ・ミュラー/ゲシュタポ局長)

コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« ステーキ・レボリューション ... | トップ | 1001グラム ハカリしれない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(ドイツ系)」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

ヒトラー暗殺、13分の誤算 (佐藤秀の徒然幻視録)
泳ぐひとは自由を目指す 公式サイト。ドイツ映画。原題:Elser、英題:13 Minutes。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルク ...
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (あーうぃ だにぇっと)
ヒトラー暗殺、13分の誤算@ニッショーホール
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (試写会) (風に吹かれて)
もし成功していたら... 公式サイト http://13minutes.gaga.ne.jp10月16日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー ~最期の12日間~」 「インベージョン
顔のないヒトラーたち (映画好きパパの鑑賞日記)
 1958年、旧西ドイツでアウシュビッツのナチス戦犯を裁いた事実を元にした作品。どこまで本当か分かりませんが、自国の手で戦犯を裁いたドイツと裁かなかった日本の違いを感じるとともに、そのドイツも、検察官の正義感がなければ、戦犯は野放しにされていたというこ...
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (だらだら無気力ブログ!)
何か思ってたのと違った。
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (映画好きパパの鑑賞日記)
 1939年に起きたヒトラー暗殺未遂を描いた作品ですが、事件そのもののサスペンスというよりも、犯人の家具職人にスポットを与え、なぜ、テロリストでもない普通の市民の彼がこのような事件を起こしたかを掘り起こしています。  作品情報 2015年ドイツ映画 監督:...
映画:ヒトラー暗殺、13分の誤算 ELSER   狂気の時代に1人立ち向かおうとした男  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
狂気の時代に突入しつつあった1939年、爆弾によるヒトラー暗殺未遂が発生した。 たった13分、ヒトラーが予定より早く切り上げたことが、不運にもその計画を「未遂」に変えてしまった。 当然ゲシュタポは、多数ある敵国、国内外のレジスタンス組織その他に疑いの...
彼がヒトラー暗殺を決意するまで (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「ヒトラー暗殺、13分の誤算」を鑑賞しました。 1939年11月8日 ミュンヘンでナチス指導者ヒトラーの演説が行われ 演説を予定よりも早く終わらせ退場した その直後、会場が爆破される 逮捕されたのはゲオルグ・エルザーという男だった。ゲシュタポ...
「ヒトラー暗殺、13分の誤算」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Elser」…aka「13 Minutes」2015 ドイツ 1939年11月8日、ミュンヘン。恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、その日の悪天候によりいつもより早く演説を切り上げる。やがて人々が会場から去った後仕掛けられた時限爆弾が爆発する。それはヒ...
「ヒトラー暗殺、13分の誤算」:淡々とし過ぎて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』は、題名からすると『ジャッカルの日』みたいなサ
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (シネマ日記)
ゲオルグエルザークリスティアンフリーデルが爆弾を仕掛けているシーンから始まる。予想外の始まり。非常に緊張した様子で爆弾を仕掛けるエルザー。最後にフタをして完成し、建物を去る。その後ヒトラーがその場所で演説を行い爆弾が爆発する。この爆発で7名の人が亡くな...
ヒトラー暗殺、13分の誤算★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ヒトラー ~最期の12日間~」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督が、1939年11月8日にミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実の物語に迫るドラマ。主演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、共演にカタリーナ・シュットラー、ブルクハル....