勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody

2018年11月18日 | 洋画(アメリカ系)
大人気ロックバンド“Queen”の伝説的ヴォーカル「フレディ・マーキュリー」の生涯を描いた作品。

不勉強でした。この作品を見るまで、フレディ・マーキュリーが、実はアフリカのタンザニア生まれのインド系の人であると言う事は知りませんでした。しかも、出生名も、全然違っていると言う事も。私が知っているフレディ像は、エキゾチックなロッカーと言う姿でしたからね。まぁ、彼の全盛期は、まだ“子供”でしたしね。

Queenが描かれていると言う事もあって、出てくる楽曲が、すべて名曲。いやぁ、それだけQueenは、凄いバンドだったと言う事ですよね。

そして、それらの楽曲が生み出される過程が、これまた型破り。って言うか、そもそもロックバンドって秩序に逆らう所があるわけですが、Queenもその例に漏れません。“We Will Rock You”って、本当にあんな感じで作られたんですかね?

そして、映画では最後の1985年のLIVE AIDのシーンは、圧巻!パフォーマンスされた曲が、“死”に関して、少なからず触れていて、公表はしていなかったものの既にAIDSを発症していたフレディが(インターネット上の百科事典では、フレディのAIDS発症は1987と、LIVE AIDの後と言う事になっている様ですが)、自身の死を意識していたのかな?と思わずにはいられませんでした。それが理由ではありませんが、思わず泣きそうになってしまいました。チコちゃんに寄れば、『脳のブレーキが壊れている』らしいですね(笑)

本筋とは離れますが、このLIVE AIDのシーンを見て、この時代は、まだ世界も平和で、恵まれない人をみんなで救おうと言う意識があったんですよねぇ。難民問題が深刻な今こそ、何かしなければならない気がしますが、そうではありません。時代が進み、科学や医学は、当時よりも発達したかもしれませんが、人類は退化していますね。

ちょっと残念なのが、日本でのライブのシーンがカットされてしまった事。画面には、TOKYOとかOSAKAとかの文字は出たんですけどね。

それにしても、いやぁ、凄い!その一言です。

タイトル ボヘミアン・ラプソディ / 原題 Bohemian Rhapsody

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/アメリカ
監督 ブライアン・シンガー
出演 ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)、

コメント   この記事についてブログを書く
« search サーチ / searching | トップ | おかえり、ブルゴーニュへ / ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事