勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション / Mission: Impossible - Rogue Nation

2015年08月14日 | 洋画(アメリカ系)
ネタバレあり。

トム・クルーズの「ミッション:インポッシブル」シリーズ5作目。

今回の敵は、“シンジケート”と言う謎の組織なんですが、007シリーズで言うところの“スペクター”ですかね?冷戦も無くなり、テロの時代の今、明確な敵が判らなくてこう言う作品は作りにくいのではと思いますが、こう言う謎の犯罪組織と言うのは、敵役には丁度いいのかもしれませんね。

って言うかねぇ、このシリーズでいつもいつも思うんですが、IMFって、何でいつも見方からも狙われるの?組織間の対立と言うのは有るにせよ、どうなんだろうなぁ。NSAも真っ青の秘密中の秘密組織で、何でもありの組織だから、他の組織から目の敵にされて狙われるということは有るのかもしれませんが、抹殺するほど狙われるとはねぇ。って言うか、CIAのみならずMI6も敵にしてしまったからなぁ。

主演のトム・クルーズが、劇中の様々なアクションシーンにスタント無しで取り組んでいることがウリになっています。って言うか、トム・クルーズ、53歳だぜ。特に話題になっているのが、軍用機の側面にへばりついたまま、軍用機が飛び立つシーン。もちろん命綱は付けていますが、それでもねぇ、事故はありうる訳で・・・、凄いな。マッチョタイプでは無いと思っていたんですが、演技に対しては貪欲というか、本物主義なんですねぇ。一般的に、辛い食べ物なんかは、最初辛いと思ってもだんだんと慣れてしまっていって、より強い辛さを求めてしまいまう事があります。これもそれと相似形で、最初の頃のスタントで満足していても、そのうち慣れて満足しきれなくなってしまって、より激しいスタントを求めるようになってしまったということでしょうか?そう言う意味では、トム・クルーズはスタントジャンキーだったりして(苦笑)。

それと、今回もバイクによるチェイスシーンがあります。『ミッション:インポッシブル2』の時もあって、それはジョン・ウー監督の趣味なのかと思いましたが、いまもやっているということは、トム・クルーズの趣味なんですかね?

今回驚いたのが、阿里巴巴が製作陣に入っていること。今回は舞台に中国は入っていないんですが、出資はしているんですね。

タイトル ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション / 原題 Mission: Impossible - Rogue Nation
日本公開年 2015年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 クリストファー・マッカリー
出演 トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブレント)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ビング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、ショーン・ハリス(ソロモン・レーン)、イエンス・フルテン(ヤニク・ヴィンター/レーンの手下)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー/CIA長官)、サイモン・マクバーニー(アトリー/MI6長官)、トム・ホランダー(イギリス首相)


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶賛 (iina)
2015-08-28 10:11:27
007“スペクター”の公開に重ならぬように、早目に仕上げた分、ストーリーが練り込まれてないと評する記事を、どこかで読んだ記憶がありますが、何をおっしゃるウサギさん、この夏はマッドマックス、アベンジャーズ、ターミネーター、ジュラシック等の大作ばかりと勝負しているではありませんか・・・。

主人公イーサンを勇(イサ)んで助ける謎の女もイルサ。 (^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。