勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

キング・コング(2005年)

2005年12月24日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル キング・コング

---感想---
ピーター・ジャクソンが、映画の道に入るきっかけとなった映画のリメイク。監督の気合の入りが違います。

気合入りすぎです。オリジナルが100分ほどしかないのに、このリメイクは188分と3時間越え。長すぎます。途中、髑髏島のシーンが長すぎてだれます。監督が気合が入っているのはわかりますが、違うところに気合が入ってしまったようです。

ナオミ・ワッツ、美しいですね。女性の年を話題にするのははばかれるのですが、あの歳とは思えません。ただ、顔の筋肉を動かす必要があるシーンでは、若干不自然に感じるのは気のせい? あと、アンディ・サーキスのキング・コング、良いです。表情が豊かですね。ゴリラの表情を研究する為に動物園に通っていたら、ゴリラから気に入られてしまった逸話付ですが、その甲斐は有ったと思います。

全般を通してみると、駄作とはいいませんが、A級作品ではないですね。B級作品といって良いでしょう。

英語版HP:King Kong from Yahoo!
オリジナル版英語HP:King Kong from Yahoo!
1976年版英語HP:King Kong from Yahoo!
オリジナル版日本語HP:キング・コング from Yahoo!
1976年版日本語HP:キング・コング from Yahoo!

日本公開年 2005年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 ピーター・ジャクソン
出演 ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、アンディ・サーキス

[2005/12/24]鑑賞
[2006/01/14]投稿

コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« SAYURI(2005年) | トップ | 勝手に映画評オープンです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

キング・コング (Diarydiary!)
《キング・コング》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - KING KONG
「キング・コング」 (雑板屋)
終始気分だれすることもなく、ずっと集中して観れた。期待も最初から全くなくて・・・。‘ま、200分間トイレ行かなくて大丈夫か?’程度に心配もそこそこで席に着いたほどだった。 ところが!これが結構面白い!次から次へと一難去ってまた一難という感じ。特にジャングル
3時間もかけて語るストーリーだったのか?◆『キング・コング』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月13日(金)TOHOシネマズ木曽川にて 1933年、大恐慌時代のアメリカ、ニューヨーク。売れない女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、映画作家を名乗るカール・デナム(ジャック・ブラック)からの誘いで、彼の映画に出演することを承諾する。カールのクルーは冒険映画
映画館「キング・コング」(2005年) (☆ 163の映画の感想 ☆)
とても楽しみにしていた作品。今回は、33年のオリジナル版と76年のリメイク版の予習もきっちりしてから観てきました。 「キング・コング」(1933年) 「キング・コング」(1976年) 過去の記事はこちらから ピーター・ジャクソン監督が、33年のオリジナル版を観て...
『キング・コング』鑑賞 (思うトコロあって・・・)
正月の映画三昧がインフルエンザで実現しなかったので、成人の日連休に一つ観に行ってきました。 キング・コング キング・コングができるまで 製作日記 フィギュアBOXピーター・ジャクソン ナオミ・ワッツ エイドリアン・ブロディ
キング・コング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 キングコングです!v(^ω^)v♪v(^ω^)v♪イェイイェイ♪シャカリキがんばろう!ってごめんなさーいっ!m(≧ω≦)m!どーしてもっやりたかったもので(・Θ・;)アセアセ…  というワケで、明日(12/17)から公開されるキング・コングの先行上映レイト・ショーの招待券...
映画評:キング・コング (映画と写真のブログ)
人通りの多い果物屋の前を、みすぼらしい姿の女が通りすがった。 果物屋の店主は、目ざとく女に警戒の目を向ける。 女は、ちらりと店主がこちらを見ていないのを確認して、林檎を一つ手に取り、懐にしまいこんだ。 「待て。金を払うんだ!」 店主が女の手を掴んだ。 ...