勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

DESTINY 鎌倉ものがたり

2018年01月08日 | 邦画
『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督が、原作者・西岸良平のベストセラーコミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化。

昨年公開だったのですが、やっと見てきました。まだ上映していると言う事なので、実は期待して行ったんですが、期待に違わぬ中々良い作品でしたね。作品を貫く言葉は『愛』と言う事で間違いないです。

その『愛』を演じたのが高畑充希。彼女無しに、この作品は成立しませんね。いやぁ、キュート。立派な大人の女性に使う言葉では無いかもしれませんが、かわいい事この上なし。試写の際、夫を演じた堺雅人が「思わず手を握りたくなった」と言うのも、彼女のキュートさと、そして映画を貫く『愛』を見ると、良く分かります。

それでいて、所々、ウルっとするようなシーンもあるんですよねぇ。ヒットするのが判ります。

それと、意外にいい味を出していたと思ったのが、安藤サクラの死神。なんとも、カジュアルな死神ですが、これが良い。それが、この作品を、柔らかくて優しい雰囲気にしていたともいます。これがねぇ、オドロオドロシイ死神だったらねぇ。あんなにほんわかした内容にはなりませんよね。

それと、一色家の家政婦を演じた中村玉緒も良いですね。

主演の堺雅人の事を忘れていたわけでは無いですが、そういう女優陣の活躍が、非常に目についた作品でした。ほんわかして、幸せになる作品です。

タイトル DESTINY 鎌倉ものがたり

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 山崎貴
原作 西岸良平『鎌倉ものがたり』
出演 堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田/里子の夫、正和の編集担当)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン/一色家の家政婦)、市川実日子(本田里子)、ムロツヨシ(ヒロシ)、要潤(稲荷/鎌倉署心霊捜査課刑事)、大倉孝二(川原/鎌倉署心霊捜査課刑事)、神戸浩(恐山/鎌倉署心霊捜査課刑事)、國村隼(大仏/鎌倉署署長)、古田新太(天頭鬼(声))、鶴田真由(一色絵美子/正和の母)、薬師丸ひろ子(小料理屋の女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、木下ほうか(金満和夫)、瀬戸たかの(金満麗子)

コメント   この記事についてブログを書く
« キングスマン ゴールデン・... | トップ | ネイビーシールズ ナチスの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事