勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

宇宙へ。(吹替版)

2009年08月22日 | 洋画(イギリス系)
NASA創立50周年、アポロ月面着陸40周年を記念してイギリスBBCがNASAの膨大な記録映像をまとめたドキュメンタリー。NASAはアメリカの政府機関なのに、何で映像化がイギリスのBBCなのか?と言う突っ込みは無し(笑)

マーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画、スペースシャトル計画と時代を追ってアメリカの宇宙開発史が振り返られます。もちろん、アポロ1号の悲劇、スペースシャトルチャレンジャーの悲劇、同じくコロンビアの悲劇もきちんと語られています。ですが、もう少しで悲劇になるところだったアポロ13号の事は全く触れられていません。映画化もされたので、食傷気味と言うことでしょうか?

アメリカの宇宙開発なのであれば、スペースラブも語るべきだと思うのですが、全く触れられていません。これは、他の計画の話と違い、ドラマがないからですかねぇ。

日本語版のナレーションは、宮迫博之。意外に良いです。洋画は基本的に字幕でしか見ないんですが、この作品は吹替えでもOKでした。って言うか、ドキュメンタリーだし、これは吹替えの方が良いと思います。

タイトル 宇宙へ。
原題 ROCEKTMEN
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/イギリス
監督・脚本・製作総指揮 リチャード・デイル
出演 宮迫博之(日本語版ナレーション)

[2009/08/22]鑑賞・投稿

コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« ナイト ミュージアム2 | トップ | 96時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(イギリス系)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

宇宙(そら)へ。 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ROCKET MEN) 【2009年・イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1958年発足当初から全てのプロジェクトの仔細を、16mmカラーフィルムに記録していたNASA=アメリカ航空宇宙局。 撮影されたまま誰の目にも触れずに、文字通り"凍結"されていたNASA50年に及ぶ膨大なオ...
宇宙(そら)へ。 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
NASAの宇宙開発は、多くの犠牲の上に成り立つ特権的プロジェクト。いったいなぜ人類はこうまでして宇宙を目指すのか。そこには、未知の領域への挑戦という神々しい情熱と、米ソの軍事目的と領土拡大まで視野に入れた競争意識という下世話な動機が同居していた。そんな...
宇宙(そら)へ。 (LOVE Cinemas 調布)
『ディープ・ブルー』、『アース』のイギリスBBCが今度は宇宙をテーマに製作。NASA50周年、人類の月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。NASAの秘蔵映像をふんだんに使ったアメリカの宇宙開発史を振り返った作品と言ってもよいかもしれない。製作総...
宇宙(そら)へ。 (だらだら無気力ブログ)
『ディープ・ブルー』『アース』に続き、イギリスBBCがアメリカの NASAの50年に及ぶ、宇宙開発への歴史をNASAに眠る オリジナルフィルムをもとに作られたドキュメント映画。
宇宙(そら)へ。 (LOVE Cinemas 調布)
『ディープ・ブルー』、『アース』のイギリスBBCが今度は宇宙をテーマに製作。NASA50周年、人類の月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。NASAの秘蔵映像をふんだんに使ったアメリカの宇宙開発史を振り返った作品と言ってもよいかもしれない。製作総...
「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ (はらやんの映画徒然草)
本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。 宇宙をテー
宇宙(そら)へ。 ROCKET MEN (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イギリスのBBCのドキュメンタリー製作部門が、NASA(アメリカ航空宇宙局)の秘蔵映像を惜しみなく使って作り上げた作品だ。成功シーンも失敗シーンも迫力満点の映像で見ることができる。それにしても、月の表面を歩く宇宙飛行士がこんなにきれいな映像で見ることができて...
『宇宙(そら)へ。』(2009)/イギリス (NiceOne!!)
原題:ROCKETMEN監督・脚本・製作総指揮:リチャード・デイル翻訳監修:毛利衛公式サイトはこちら。<Story>打ち上げに失敗したロケットの姿、船内火災、そして飛行士たちの死。予期せぬ事故の凄惨なありさまに言葉を失い、頭を抱える地上職員の緊迫した表情は、宇....
『宇宙へ。』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
NASA設立から50年、人類の月面着陸から40年、という節目に作られたというドキュメンタリー映画。『ディープ・ブルー』と『アース』のスタッフが作ったという触れ込みではあるが、製作がイギリスの国営放送局BBCだというだけで、シリーズ第3弾とかいうわけでは...
宇宙(そら)へ。 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:ROCKET MEN公開:イギリス製作国:2009/08/21上映時間:98分鑑賞日:2009/08/22監督:リチャード・デイルナレーション:マイケル・J・レイノルズ日本語版ナレーション:宮迫博之+あらすじ+米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙...
『宇宙(そら)へ。』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:イギリス映画、リチャード・デイル監督・脚本・製作総指揮。 ≪日本語ナレーション版≫
[映画『宇宙(そら)へ。』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この作品、公開初日と二日目は500円と言う特別料金で鑑賞できたそうで、故に、私は通常料金を払うのが癪なので、せめてレイトショーで観た。  <ワーナーマイカル・村山>には、お客さんが、私を含めて3人しかいなかった^^;  映画『アース』のBBCスタッフ...
宇宙(そら)へ。見てきた。 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
六本木ヒルズのTOHOシネマズでNASAのドキュメンタリー映画の宇宙(そら)へ。を見てきました。 本日はIHIのキャンペーンで500円。
★宇宙(そら)へ。(2009)★ (CinemaCollection)
ROCKETMEN映時間98分製作国イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/08/21ジャンルドキュメンタリー映倫G【解説】米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局)。マーキュリー計画からアポロ計画...
試写会「宇宙へ」(そらへ) (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/8/12、新宿、明治安田生命ホールでの開催。 比較的こじんまりとした会場で、中断から後ろはかなり傾斜がある。 前方の列でも前席が邪魔になることはない。 *** ソニー・ピクチャーズの配給。 「宇宙へ」と書いて「そらへ」と読ませるが、「空へ」とは何の関係...
宇宙(そら)へ。・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年はアポロ11号の月面着陸から40周年という事もあって、宇宙を題材にしたドキュメンタリーが相次いで作られている。 「空(そら)へ。」は...
邦題が誤解を招く作品、宇宙へ (オヤジの映画の見方)
原題『Rocket Men』というこの映画は、邦題が『宇宙へ』となっている。この詩的響きをもつ邦題がこの映画の最大の失点だろう。この映画はロケットともに危険を承知で宇宙へ飛び出した人類の記録とでもいうものだからだ。
宇宙へ。 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『幾多の尊い命が、その栄光を支えた。』  コチラの「宇宙へ。」は、設立50周年を迎えたNASA(アメリカ航空宇宙局)が設立当初から記録していたフィルムを、イギリスのBBCがその膨大な記録映像を編集し、1本の映画にまとめた8/21公開のドキュメンタリー映画なのです...