勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

サイド・エフェクト / Side Effects

2013年09月06日 | 洋画(アメリカ系)
奇才スティーヴン・ソダーバーグの作品。新薬に疑われる“副作用”がもたらす、悲劇と疑惑を描いた、社会派サスペンス。50歳になるスティーヴン・ソダーバーグの最後の劇場公開映画になります。

それにしても、スティーブン・ソダーバーグって、芸の幅が広い。私が見た作品だけでも、『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』の様な、若干コメディー要素もある作品を撮ったかと思えば、『コンテイジョン』の様な、非常にメッセージ性のある作品を撮ったりもしている。才能に溢れた人なんですね。

さて、物語の設定上、うつ病が重要なポジションを占めている。日本でも、(劇中のジョナサン・バンクスの言葉に拠れば)イギリスでも、うつ病とは完全に“病気”として扱われている。しかし、アメリカでは必ずしもそうではなく、心療内科・精神科・セラピストに通うことに関して、日英ほど否定的な響きは無い。そんなアメリカだからこそ、成立するストーリーになっている。

一見、薬害もの?と言う感じがするが、実際のところは、犯罪もの。巧妙なトリックが繰り広げられようとします。

R15指定ですが、あぁ、なるほど。そうかもしれません。

エミリー・テイラーが最初に見てもらっていた女医ビクトリア・シーバートをキャサリン・ゼタ=ジョーンズが演じています。怪しい・・・、いや、妖しいです。とっても。登場からしてミステリアスでしたが・・・。

主人公のバンクス医師を演じるジュード・ロウですが、上手いですねえ。ジュード・ロウはイギリス生まれですが、上記にも記したとおり、バンクス医師もイギリス生まれと言う設定のため、敢えて、英語のアクセントはイギリス英語のアクセントを直していなかったらしい。

ルーニー・マーラも、“か弱い”女性を上手く演じています。そのか弱い感じが、物語での重要ポイントになっているかも。

いやぁ、結構重たい話です。映画の中身と直接関係ないですが、アメリカ医療の一端を見た気がします。どんどんクスリを出すとか、保険を気にするとかetc.etc.。TPPで医療分野が自由化されると、医療はこんな風になってしまうんですかね?やだなぁ~。

タイトル サイド・エフェクト / 原題 Side Effects
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 スティーブン・ソダーバーグ
出演 ジュード・ロウ(ジョナサン・バンクス)、ルーニー・マーラ(エミリー・テイラー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ビクトリア・シーバート)、チャニング・テイタム(マーティン・テイラー)

[2013/09/06]鑑賞・投稿

コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« マン・オブ・スティール (3D... | トップ | 大統領の料理人 / Les saveur... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

サイド・エフェクト (あーうぃ だにぇっと)
サイド・エフェクト@よみうりホール
サイド・エフェクト~策士ヤクに溺れる (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Side Effects。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ、ア ...
サイド・エフェクト/THE SIDE EFFECTS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 26歳で撮った「セックスと嘘とビデオテープ」でデビュー、 「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」など多彩な作品、 先日「マジック・マイク」が日本では公開になったばかりのスティーブヴン・ソダ....
『サイド・エフェクト』 (ラムの大通り)
(原題:Side Effects) ----この映画って、スティーヴン・ソダーバーグ監督、 最後の劇場映画と言われているんだって? 彼、まだ若くなかった? 「そうだね。 『セックスと嘘とビデオテープ』で カンヌ国際映画祭パルムドールを史上最年少で受賞したのが26歳のとき...
サイド・エフェクト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SIDE EFFECTS】 2013/09/06公開 アメリカ R15+分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム 事件に潜む、もう一つの“副作用(サイド・エフェクト)” [Story]...
サイド・エフェクト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 前半ダレるが蓋を開ければ上質サスペンスだった
スティーブン・ソダーバーグ監督『サイド・エフェクト(Side Effects)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督 (復帰の期待も込めて、一応)最後の劇場公開監督作『サイド・エフェクト(Side Effects)』薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に
サイド・エフェクト (to Heart)
原題 SIDE EFFECTS 上映時間 106分 映倫 R15+ 脚本 スコット・Z・バーンズ 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 音楽 トーマス・ニューマン 出演 ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/チャニング・テイタム うつ病の女性に処方した新薬の副....
サイド・エフェクト (だらだら無気力ブログ!)
中盤から終盤にかけての展開が面白い。
★サイド・エフェクト(2013)★ (Cinema Collection 2)
SIDE EFFECTS 事件に潜む、もう一つの“副作用(サイド・エフェクト)” 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(プレシディオ) 初公開年月 2013/09/06 ジャンル サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 「コンテイジョン」「マジック・マイク」のスティー...
サイド・エフェクト/ジュード・ロウ (カノンな日々)
先日『マジック・マイク』を観てきたばかりですが、こちらもスティーヴン・ソダーバーグの監督作品でチャニング・テイタムも出演しています。しかし内容はガラリと変わって、とあ ...
サイド・エフェクト (風に吹かれて)
報い 公式サイト http://www.side-effects.jp監督: スティーヴン・ソダーバーグ28歳のエミリー(ルーニー・マーラ)の夫マーティン(チャニング・テイタム)は、インサイダー取引の
サイド・エフェクト (そーれりぽーと)
スティーブン・ソダーバーグ監督も宮崎駿に先立って辞める辞める詐欺商法に走り始めたのか(失言)、これで最後的な宣伝文句も気になって『サイド・エフェクト』を観てきました。 ★★★★ 映画の中身は凄く複雑なトリックで楽しませてくれたので全く文句は無いんだけど...
サイド・エフェクト (心のままに映画の風景)
インサイダー取引で収監されていた夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所した矢先、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、自動車事故で病院に運ばれる。 診察に...
『サイド・エフェクト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サイド・エフェクト」□監督 スティーヴン・ソダーバーグ □脚本 スコット・Z・バーンズ□キャスト ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、       チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ■鑑...
『サイド・エフェクト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サイド・エフェクト」□監督 スティーヴン・ソダーバーグ □脚本 スコット・Z・バーンズ□キャスト ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、       チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ■鑑...
『サイド・エフェクト』 シンプル・イズ・ベスト (映画のブログ)
 上手い! 本当に上手いと思う。  まず題名が上手い。  当初予定されていた『The Bitter Pill』も、とても上手い題だ。「The Bitter Pill」は「嫌なこと」を意味するが、「苦い錠剤」という意味もかけている。この題なら、抗うつ薬を巡る医師と患者の物語にピッタリ...
サイド・エフェクト (とりあえず、コメントです)
今作で劇場映画は最後という噂のスティーヴン・ソダーバーグ監督が描くサスペンスです。 一癖ありそうな出演者を揃えて、どんな物語が展開されるのか気になっていました。 期待通りの裏のある展開に、面白さと怖さがグルグルと回っていくような感覚になってしまいました。...
「サイド・エフェクト」よくできた2時間サスペンス (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
とても評判いいし、前からずっと観たかった作品。 何より薬の副作用を扱った、もしや医療問題を絡めた社会派の作品?と、ちょっと期待しすぎたかなー 意外などんでん返しを用意して、でも謎を解いてみたら、案外手の混んだ2時間サスペンス。
「サイド・エフェクト」 (セレンディピティ ダイアリー)
スティーヴン・ソダーバーグ監督によるサイコサスペンス、「サイド・エフェクト」(S
薬と嘘と殺人事件 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「サイド・エフェクト」を鑑賞しました。 新薬の副作用によって夢遊病となり夫を殺害してしまった女性 薬を与えた主治医の精神科医はその悲劇の裏側に隠された真実を暴こうとするが・・・ 久々に正統派サスペンス、ミステリを見たなぁと 鬱、新薬...
「サイド・エフェクト」 (ここなつ映画レビュー)
完成された作品。見事、と言う他ない。監督スティーヴン・ソダバーグ、50歳にしてこの完成度。しかし、確かに魅惑の光は輝いてはいたけれど、その中には爆発的なエモーションは無かった、と言うべきか。完成し過ぎ、こなれ過ぎ、という感じ。 そう考えると、この作品...
サイド・エフェクト ★★★★ (パピとママ映画のblog)
スティーブン・ソダーバーグ監督が、薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に潜む陰謀を描いたサスペンス。幸福な生活を送っていたエミリーは、夫がインサイダー取引で収監されたことをきっかけに、かつて患ったうつ病が再発。精神科医のバンクスが処方した新薬により、...
映画『サイド・エフェクト』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-70.サイド・エフェクト■原題:Side Effects■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,800円■観賞日:9月9日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・撮影・編集:スティーヴン・ソダーバーグ◆ジュード・ロウ◆ルーニー・メーラ◆...
サイド・エフェクト (いやいやえん)
ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムさんら共演。うふっ 精神科医バンクスのもとに、夫マーティンがインサイダー取引の罪で収監され出所した、うつ病の女性エミ