勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

THE GUILTY ギルティ / Den skyldige

2019年02月24日 | 洋画(その他)
警察の緊急通報受付にかかってきた一本の電話。その電話の音声だけで、誘拐事件の解決を図ろうとする、究極の舞台を映像化した作品。

たった一つのシチュエーションを描いた作品と言えば、最近では、SNSの画面だけを使って映像化した『search サーチ』がありました。また、同じく電話だけを舞台にした作品としては、古くは『セルラー』があり、それよりも最近だと『ザ・コール 緊急通報指令室』もありますね。どちらの作品も、誘拐あるいは行方不明と言った事柄を描いているのは、偶然じゃ無いんでしょうね?

緊急通報受付を受けた人物が主人公と言う話的には、『ザ・コール 緊急通報指令室』に似ているのかもしれません。ただ、違っているのは、こちらの作品の場合、二重三重に、音声しか使えないことによる思い込みによる、不幸な思い違いがある事。主人公のアスガーももちろんですが、見ているこちらも「え!マヂで!」と思わずにはいられませんでした。

邦題の『ギルティ』は、アスガーの事を言っているんですかね?まぁ、それはそれで、思ったほど悪くはありません。でも、原題の『Den skyldige』は、デンマーク語で“犯人”と言う意味。やっぱりそっちの方が、この映画のタイトルとしては、適切なような気がします。

タイトル THE GUILTY ギルティ / 原題 Den skyldige

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/デンマーク
監督 グスタフ・モーラー
出演 ヤコブ・セーダーグレン(アスガー・ホルム)、イェシカ・ディナウエ(イーベン/声)、ヨハン・オルセン(ミカエル/声)、オマール・シャガウィー(ラシッド/声)

コメント   この記事についてブログを書く
« ナチス第三の男 / The Man wi... | トップ | グリーンブック / Green Book »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(その他)」カテゴリの最新記事