勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トリック 劇場版2(2006年)

2006年06月10日 | 邦画
タイトル トリック 劇場版2

---感想---
人気テレビシリーズの映画化作品第二段。いつものメンバーでの、あの緩~い、マッタリとした独特な世界観が再びです。

相変わらず、パクリ満載です。ある一定年齢以上の方ならわかりますが、片平なぎさの”例の”手袋を歯で取る演技も見れます。29年ぶりの映画出演らしいですが、良く笑わないで、演技しましたね>片平なぎさ。流石に女優の貫禄を感じました。

あと、ユートピアなんて、やっぱり今時の人は知らないんだろうなぁと思ってしまいます。こう言う濃いところが良いですね。

矢部(生瀬)は今回、一体何の為に出てきたんでしょうね? 今回矢部の活躍はほとんどありません。やはり『広報人』としての出演でしょうか? まぁ、『広報人 矢部謙三』と言うのもありますが、そんな緩いところが良いです。

堀北真希ですが、彼女は良いですねやっぱり。『ALWAYS 三丁目の夕日』でもいいと思いましたが。将来、大女優になりそうな気がするといっては過言でしょうか?

何時もいつも良い意味で期待を裏切ってきている”トリックシリーズ”。この次が無いとは、誰にもいえないですね。

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/日本
監督 提幸彦
出演 仲間由紀恵、阿部寛、野際陽子、生瀬勝久、片平なぎさ、綿引勝彦、上田耕一、平岡祐太、堀北真希

[2006/06/10]鑑賞・投稿

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« トランスポーター2(2005年) | トップ | インサイド・マン(2006年) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (だめ男)
2006-06-11 09:31:08
トラバもらっていきます。

また、暇があったらのぞいてください。
TBありがとうございました (DARGO)
2006-06-11 23:21:37
初めまして。

私はトリックならではのマニアックさが結構好きです。

今回の映画は確かに若者にはよく分からなかったかもしれませんが、そんなことをまるで気にせず作っているところがある意味良いですよねー。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事