勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

2012

2009年11月22日 | 洋画(アメリカ系)
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。

いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で2億2千5百万ドルを稼ぎ、3日間で製作費の2億ドルを回収したとは、とても信じられません。

まず、パニックを描きたいのか、あるいは、助け合う人類を描きたいのか、逆に人々のエゴを描きたいのか、焦点が全く定まっていません。その意味では、同じくローランド・エメリッヒが監督をした『インデペンデンス・デイ』の方が、一致団結して危機に立ち向かうと言うテーマが判りやすく描かれていますし、自然の驚異であれば『デイ・アフター・トゥモロー』の方が判りやすいです。いろいろと盛り込みすぎて全てが中途半端になり、かえって判り難くなってしまったんじゃないんでしょうかね。

とは言うものの、このところ世界の政治の世界で存在感を増している中国を物語の終盤の舞台に持ってきたのは、新しい試みで面白いと思いました。これまでの映画で、中国がこの様に舞台に現れたのは、非常にまれだと思います。これが、ハリウッドの世界観なのでしょうね。

と、注目すべきところは、残念ながらその位。地球の破滅が進行していく様子は良くわからないし、それに対して行われている対策も良くわからないし、人々の生活も良くわかりません。人類滅亡モノの映画は沢山ありますが、それらに共通していたドキドキ感が無いんですよね。全く残念。余り期待しないで、見に行くと良いと思います。

タイトル 2012
原題 2012
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
出演 ジョン・キューザック(ジャクソン・カーティス)、キウェテル・イジョフォー(エイドリアン・ヘルムズリー)、オリヴァー・プラット(カール・アンハウザー)、アマンダ・ピート(ケイト・カーティス)、タンディ・ニュートン(ローラ・ウィルソン/米大統領の娘)、ダニー・グローヴァー(トマス・ウィルソン/米大統領)、ウディ・ハレルソン(チャーリー・フロスト)

[2009/11/22]鑑賞・投稿

コメント (1)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
« 風が強く吹いている | トップ | 笑う警官 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (かめ)
2010-01-04 02:01:23
TBありがとうございました。

インドで地球の異常が発見され、中国製品で逃げる、今のアメリカのこの2国に対する人的な依存度をあらわしていると思います。
アメリカのハイテク産業では、アメリカ人はマイノリティーです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

55 トラックバック

2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました (レベル999のマニアな講義)
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、違った。放出ニュートリノの異常反応で、地球のコアに異...
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未...
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
「2012」みた。 (たいむのひとりごと)
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
2012 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月20日(金) 20:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエメやんの新作。 大味監督エメやんらしい、科学的考証ゼロ、力技で最後まで吹っ飛ばす作品...
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
『2012』 (Matthewの映画日記?)
今日、『2012』を見てきました。 あらすじは、 2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握り...
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
『2012』 (ラムの大通り)
※かなり辛口です。ごめんなさい。{/dogeza/} (原題:2012) -----昨日の夜は、 『2012』の大試写会が新宿ミラノで開催されたんだよね。 「超」がつく大作ということで、勇んで行ったはずなのに、 なぜか口が重たそうだニャあ…。 確かこれは、マヤ文明が予言したとか...
2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなので...
『2012』 (めでぃあみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし...
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係...
『2012』を見る (ワノログ)
 序  昨日、『2012』の前夜祭レイトショーを見てきた。  20時20分に上映
★2012(2009)★ (CinemaCollection)
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパニック/サスペンス映倫G【解説】「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)...
「2012」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ローランド・エメリッヒ監督だけに破壊シーンには力が入ってました!!ただし相手が自然という事で、人類には対抗出来るすべもなく、そのあたりの丁々発止が成立しなかった分、「インデペンデンス・デイ」に面白さは及ばなかったですね。破壊の連続のCGも、そろそろ飽き...
2012 (5125年映画の旅)
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに始まっていた。一方、各国の政府は滅亡を回避するため、極...
2012 (DVD YouTube CINEMA)
多くの遺跡を残し、天文学においては緻密な計算がなされていたなど、超古代文明として知られる“マヤ文明”。その古代マヤ人が記したマ...
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
2012 (そーれりぽーと)
派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同じく人類の終末を描いた映画でムカつく内容だったけど、今回は...
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰の強い細麺、薄くスライスしたあっさり味ながらコラーゲン濃縮なチャ...
「2012」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「2012」 (原題:2012) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン・ビリングスレ...
2012 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索する...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
映画2012 もう一度観たい映画に1票! (ぱるぷんて海の家)
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃には...
2012 (Recommend Movies)
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起...
2012 (映画通信みるみる)
大迫力の映像。娯楽作品として楽しめました。 やはり、中国なのか・・・ 次から次へと押し寄せる地球崩壊の映像シーンに、圧倒されます...
2012 (Diarydiary!)
《2012》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - 2012 2012年12月
2012 (~映画盛り沢山~)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズで観てきました ローランド・エメリッヒ監督のディザスターっぷりがハンパないことになってましたw 陸地が次々と崩壊していく映像を見ているだけで軽くご飯三杯はいけますww それぐらい映像がすごい これぞまさにスペクタクル ...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
2012 (You got a movie)
監督   ローランド・エメリッヒ キャスト ジョン・キューザック      アマンダ・ピート      タンディ・ニュートン      ダニー・グローヴァー      ウディ・ハレルソン 古代マヤ暦に2012年以降の記述が無いという世界終末の日を題材にし...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
映画「2012」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オリジナル・サウンドトラック 映画の話 2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたち...
2012 (Movies 1-800)
2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族の脱出行を描くディザスター・ムービー。 基本的なストーリーは「ディー...
映画「2012」 (FREE TIME)
映画「2012」を鑑賞しました。
2012 (Thanksgiving Day)
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しん...
「2012」を観る (紫@試写会マニア)
映画を観る基準で、鑑賞しに行った映画館でたまたま観た予告編は結構大事。観た瞬間に「・・・!これは観ないとぉぉ~」だって思った「2012」観てきましたー。(わーい) スゴかったです、迫力満点!でもちょっと、“ああ”なっちゃった時、自分はどうしているのかな...
2012 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン ◆STORY◆200...
2012/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
ハリウッドが得意とするところのSF超大作のディザスター・ムービー。監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ。これまでの実績から映像的には十分期待出来る監督さんだと思うのでとりあえずツッコミどこ...
「2012」を見て、ローランド・エメリッヒ監督に何を期待する... (映画と出会う・世界が変わる)
ローランド・エメリッヒという監督は結局はホーム・ドラマの監督だと思う。クリス・コロンバスが撮った「ホーム・アローン」や「ミセス・ダウト」のような作品がもしかしたらぴったり合っているのではなかろうか?地球滅亡の危機を描きながらも、人類を滅亡させたことはな...
『2012』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今...
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
2012 (うだるありぞな)
今回は、大スペクタル、ディズアスタームービー「2012」 ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のディザスターの大御所ローランド・エメリッヒ監督の作品。 主演には演技派で...
2012 (みすずりんりん放送局)
 『2012』を観た。  イエローストーン国立公園。  子供たちとキャンプに訪れたジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
2012 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...
『2012』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
題名が題名なだけに早いとこ見ておかないと、と焦って鑑賞した一本。 物語は映画公開時の2009年にスタート。 世界に滅亡の時が迫っていることに気付いた科学者が警鐘を鳴らし、米大統領だけでなく世界各国の首脳も交え、大規模なプロジェクトがスタート。それは選ばれ...