勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マイウェイ 12,000キロの真実 / My Way

2012年01月14日 | アジア映画
ノルマンディ上陸作戦後、連合軍の捕虜になったドイツ兵の中に日本人がいたという話からインスパイアされた物語。という訳で『事実に基づく』とクレジットはされますが、どのくらい事実に即しているかは不明。

う~ん。突っ込んでくださいということなんですかね? 真面目に歴史考証したんでしょうか? 「おいおい、ホントかよ。」の連続です。そう言う意味では、ちょっと残念。もっと、まじめに歴史考証して欲しかった。とは言うものの、物語としては面白い話だと思います。大陸はつながっていますからね。もっとまじめに歴史考証してリメイクすると、もっといい作品になると思います。

のっけから厳しい突っ込みをしてしまいましたが、戦闘シーンは圧巻。これほどの迫力ある映像は、日本では撮れないです。その意味では、韓国映画の面目躍如と言えると思います。PG-12も納得。

ソ連軍として戦っている時に、辰雄は自分のした事に気づいた訳ですが、それ以降の辰雄は物凄く人間らしくなりますね。それまでは、人非人として描かれていた訳ですが。

ラストは、「え?なるほどねぇ。」と言う感じです。その直前までからくりになるとは気づきませんでしたが、ジュンシクが負傷した段階で「もしや」と思ったら、案の定、そう言うラストでした。

『事実に基づいた』と言うところは、あまり重視しないほうが良いと思います。普通に、迫力の韓国映画として見た方が、素直に見れると思います。

タイトル マイウェイ 12,000キロの真実 / 原題 My Way
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/韓国
監督 カン・ジェギュ
出演 オダギリジョー(長谷川辰雄)、チャン・ドンゴン(キム・ジュンシク)、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲(辰雄の祖父)、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎(辰雄の父)、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン

[2012/01/14]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 2011年振り返り | トップ | ロボジー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ン?)
2012-11-19 18:37:27
最後にノルマンディー上陸作戦がありましたが。ノルマンディー上陸作戦において連合軍による爆撃は悪天候により大外れだったらしいです。あと連合軍が昼間に空挺降下してましたが、それは前の日の夜のことです。
探せば探すほど矛盾してきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」 (ようこそMr.G)
映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」
劇場鑑賞「マイウェイ 12,000キロの真実」 (日々“是”精進! ver.A)
生きる道を、探して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201140003/ シュリ [DVD] カン・ジェギュ カルチュア・パブリッシャーズ 2006-06-23 売り上げランキング : 14412 Amazonで詳しく見...
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (ラムの大通り)
(英題:my way) ----おおっ。これは珍しく、観てすぐのお話だね。 「うん。公開がもう目目前(1月14日)に迫っているからね。 宣伝の時間も短いし、 少しお手伝いしたくなって…。 とにかくタフな映画。 これは、ヒットしてほしいなあ」 ----タフって? 「全篇、すべて...
マイウェイ 12,000キロの真実 (とりあえず、コメントです)
オダギリジョーとチャン・ドンゴン主演の戦争ドラマです。 この二人の主演でどんな映画になるのだろうかと気になっていました。 3つの国の軍人として戦った男の物語が壮大なスケールで描かれていました。
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (こねたみっくす)
生きるという信念。走るという信念。それを貫くために着た日本・ソ連・ドイツの3つの軍服。 京城からノモンハン、ジュコーフスキーを経てノルマンディーまでの12,000キロを共に歩 ...
マイウェイ 12,000キロの真実/???? (LOVE Cinemas 調布)
ノモンハン、シベリアの強制収容所、ノルマンディ―日本軍、ソ連軍、ドイツ軍と3カ国の軍服を着て闘うという数奇な運命を辿った日本人と韓国人の姿を壮大なスケールで描き出す。監督は『シュリ』のカン・ジェギュ。主演に『ウォーリアー&ウルフ』のオダギリジョーと『...
マイウェイ 12,000キロの真実 (あーうぃ だにぇっと)
マイウェイ 12,000キロの真実@よみうりホール
「マイウェイ 12,000キロの真実」本当のところ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ノルマンディー上陸作戦後に撮影されたドイツ軍捕虜の写真の中に、日本軍・ソ連軍・ドイツ軍の3つの軍服を着て生き抜いてきた東洋人の姿があった。 事実をもとに作られたこの映画に隠された、もう一つの真実は・・・・・
「マイウェイ 12000キロの真実」 西の果てまで生き延びた先にみたそれでも信じ合った2人のライバルの真実 (オールマイティにコメンテート)
「マイウェイ 12000キロの真実」 は第2次世界大戦時にノルマンディーで捕虜となった東洋人が語った真実で朝鮮占領時代から満州、ソ連、ドイツと捕虜になりながらも生き抜いてきた2 ...
マイウェイ 12,000キロの真実 (Akira's VOICE)
駆け足ドラマの真骨頂!  
マイウェイ 12,000キロの真実 (映画とライトノベルの日常自販機)
★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュン...
マイウェイ 12,000キロの真実/オダギリジョー、チャン・ドンゴン (カノンな日々)
オダギリジョーの韓国映画出演2作品目は第二次世界大戦で日本、ソ連、ドイツ三国の兵士として戦い、連合軍の捕虜になった日本人の実話をモチーフに描くヒューマン・ドラマです。監 ...
「マイウェイ 12,000キロの真実」 相互理解に至る道のり (はらやんの映画徒然草)
韓流ブームと言われて久しく、そのきっかけはいくつかあったと思いますが、1999年
『マイウェイ 12,000キロの真実』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)...
マイウェイ 12,000キロの真実 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦で日本、ソ連、ドイツ三国の兵士として戦い、連合軍の捕虜になった日本人の実話をヒントに、「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が描いた人間ドラマ。アジアか ...
マイウェイ 12,000キロの真実 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MY WAY】 2012/01/14公開 韓国 PG12 145分監督:カン・ジェギュ出演:チャン・ドンゴン、オダギリジョー、ファン・ビンビン、キム・イングォン、キム・ヒウォン、オ・テギョン、キム・シフ、チョン・ホジン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学 全てを....
マイウェイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画については、評価がすごく分かれるのではないかと思います。  クマネズミは、当初、オダギリジョーが久しぶりに主演する映画(注1)だから見なくてはと思って、映画館に駆け付けたのですが、半分....
3つの軍服~『マイウェイ 12,000キロの真実』 (真紅のthinkingdays)
 MY WAY  1928年、韓国・京城。東京からやってきた長谷川辰雄(オダギリジョー)は、 使用人の子、キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)と出逢う。走るのが得意な 二人は、切磋琢磨しながら...
『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと (映画のブログ)
 素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに...