勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイウェイ 12,000キロの真実 / My Way

2012年01月14日 | アジア映画
ノルマンディ上陸作戦後、連合軍の捕虜になったドイツ兵の中に日本人がいたという話からインスパイアされた物語。という訳で『事実に基づく』とクレジットはされますが、どのくらい事実に即しているかは不明。

う~ん。突っ込んでくださいということなんですかね? 真面目に歴史考証したんでしょうか? 「おいおい、ホントかよ。」の連続です。そう言う意味では、ちょっと残念。もっと、まじめに歴史考証して欲しかった。とは言うものの、物語としては面白い話だと思います。大陸はつながっていますからね。もっとまじめに歴史考証してリメイクすると、もっといい作品になると思います。

のっけから厳しい突っ込みをしてしまいましたが、戦闘シーンは圧巻。これほどの迫力ある映像は、日本では撮れないです。その意味では、韓国映画の面目躍如と言えると思います。PG-12も納得。

ソ連軍として戦っている時に、辰雄は自分のした事に気づいた訳ですが、それ以降の辰雄は物凄く人間らしくなりますね。それまでは、人非人として描かれていた訳ですが。

ラストは、「え?なるほどねぇ。」と言う感じです。その直前までからくりになるとは気づきませんでしたが、ジュンシクが負傷した段階で「もしや」と思ったら、案の定、そう言うラストでした。

『事実に基づいた』と言うところは、あまり重視しないほうが良いと思います。普通に、迫力の韓国映画として見た方が、素直に見れると思います。

タイトル マイウェイ 12,000キロの真実 / 原題 My Way
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/韓国
監督 カン・ジェギュ
出演 オダギリジョー(長谷川辰雄)、チャン・ドンゴン(キム・ジュンシク)、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲(辰雄の祖父)、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎(辰雄の父)、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン

[2012/01/14]鑑賞・投稿

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2011年振り返り | トップ | ロボジー »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ン?)
2012-11-19 18:37:27
最後にノルマンディー上陸作戦がありましたが。ノルマンディー上陸作戦において連合軍による爆撃は悪天候により大外れだったらしいです。あと連合軍が昼間に空挺降下してましたが、それは前の日の夜のことです。
探せば探すほど矛盾してきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア映画」カテゴリの最新記事