勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight

2016年04月16日 | 洋画(アメリカ系)
カトリック教会の神父達による少年少女への性的虐待と言う一大スキャンダルを暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの活躍を描いた作品。第88回アカデミー賞では作品賞、脚本賞を受賞した。

そうかぁ。この作品でそのシーンを見るまで、この話が9.11を挟んでの出来事だったということに気が付きませんでした。9.11の発生で、世の中は、そしてボストン・グローブ紙もテロとの戦い一色になってしまい、それまで積み上げてきた事が、一時棚上げになりそうになるんですよねぇ。あの雰囲気を考えれば、それも致し方無いのかもしれませんが、そのままボツになることがなくて、良かったです。

この作品に対する、カトリック教会の反応がなんとも・・・。一応、このボストン・グローブ紙による調査報道で「一連の過ちが明らかになって、罪を認めて責任を取ることが出来た」みたいなコメントをしているようですが、本音ではどうなんでしょうね?この作品でも描かれているように、もみ消そうとしていたくらいですからね・・・。

宗教に寛容というか鈍感な日本人には、分かり難いテーマの作品だったかと思いますが、それでも、心の拠り所になっている組織・施設・人物たちに寄る、これらの出来事は、非常にショッキングだし、スキャンダラス。それを、よくここまで描いたと思います。そう言う意味で、アカデミー賞作品賞も、なっとくかな。

タイトル スポットライト 世紀のスクープ / 原題 Spotlight

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 トム・マッカーシー
出演 マーク・ラファロ(マイク・レゼンデス)、マイケル・キートン(ウォルター・“ロビー”・ロビンソン)、レイチェル・マクアダムス(サーシャ・ファイファー)、リーブ・シュレイバー(マーティ・バロン)、ジョン・スラッテリー(ベン・ブラッドリー・Jr.)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(マット・キャロル)、スタンリー・トゥッチ(ミッチェル・ギャラベディアン)、ビリー・クラダップ(エリック・マクリーシュ)、ジェイミー・シェリダン(ジム・サリヴァン)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ボーダーライン / Sicario | トップ | ハロルドが笑う その日まで ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ayame)
2016-06-09 14:28:41
勝手に映画評さん、こんにちは。TBをいただいた「六日の菖蒲」のayameです。
ブログ拝読いたしました。おっしゃるとおり、私もこのスキャンダラスな事件が公になった後のカトリック教会の反応はいまイチ、というより、まったく信用していません。宗教とは、そもそも訳のわからない捉えどころのないものだと、シニカルに考えておいた方が無難でしょうね。日本にもオウムとかSK学会とかのキワモノもありますから、やはり要注意でしょう。

ただ、アカデミー賞ということになれば、性的児童虐待との一線を画する意味で、LGBTへの言及があった方がよかったように思います。カトリック・スキャンダルが発覚した頃と映画が作られた現在とでは、LGBTへの社会の認知度が格段に違いますので、新たな差別を生むようでは、アカデミー賞の名が泣くように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事