勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

悪人

2010年09月11日 | 邦画
2010年のモントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねています。

実は正直、見る行く予定は予定は無い作品でした。ですが、深津絵里がモントリオール国際映画祭で最優秀女優賞を授賞したということで、一転して見ることにしました。

観客の年齢層は高め。妻夫木聡が出ていると言っても、カッコ悪い妻夫木聡ですからねぇ。だから、若い観客が少ないのかと勝手に想像です。はっきり言って、パッと見た感じ妻夫木聡とは認識できなかったし。

元々、深津絵里は演技派なので、いい演技するのは当然という感じもします。今回も、自然な演技で、普通にどこにでもいそうなOLを演じていました。モントリオール世界映画祭最優秀女優賞授賞のポイントは、どこだったんでしょうね? でも、この作品の見所は、深津絵里だけではありません。やっぱり、樹木希林と柄本明と言う両ベテランの演技は必見。この二人がいることで、話がグッと引き締まります。深津絵里よりむしろ、その二人の方が凄いと思いました。

話的には、『さまよう刃』や『誰も守ってくれない』に見られるように、この所の日本映画に多い、犯罪を犯した犯人そのものというより、犯人を取り巻く人間模様や環境、犯行後の犯人家族・被害者家族を描いた作品です。『悪人』と言うタイトルですが、かなり、考えさせられるタイトルでもあります。たぶん、本当の悪人は誰?と言う意味なんでしょうね?

139分という、比較的長めの作品。途中、ちょっと冗長だと思いました。前後にあまり繋がりがなく「えっ? このシーン必要なの?」と思ってしまうシーンもありました。結果として、もう少し、絞った内容に出来たのではないかと思います。

祐一と光代の最後のシーンは、祐一が光代の事を思ってわざと・・・ですよね?

タイトル 悪人
日本公開年 2010年
製作年/製作国 2010年/日本
監督・脚本 李相日
原作・脚本 吉田修一
出演 妻夫木聡(清水祐一)、深津絵里(馬込光代)、岡田将生(増尾圭吾)、満島ひかり(石橋佳乃)、樹木希林(清水房江)、柄本明(石橋佳男)

[2010/09/11]鑑賞・投稿

コメント (4)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« 特攻野郎Aチーム THE MOVIE /... | トップ | 食べて、祈って、恋をして / ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (馬球管理人)
2010-09-11 17:16:05
TBありがとうございました。

「さまよう刃」は感情移入できましたが、この作品では同情する余地がありませんでした。一人一人の演技は素晴らしかったと思いますが。

最後の場面、私もいろいろ考えましたが、共犯の光代を巻き込まないように、かつ自分の事を憎むようにもっていったのではないでしょうか。
Unknown (ときこ)
2010-09-11 22:01:57
初めまして。是非とも悪人読んでください・最後のシーンの謎がとけます。映画とはまた違った感動が得られます。
こんにちは。 (みぃみ)
2010-09-17 09:48:54
私は、逆に観に行こうと思っていたら、賞を受賞しちゃって、慌てました。
「おくりびと」の時の観客激増を知っているので。。。
休みをもらって、平日鑑賞しましたが、お客さんはやはり多かったです。

淡々と切ないストーリーですが、役者さん達が上手いので、映像に引き込まれていました。
無表情の中の表情っていうんでしょうか?。

なんだか、ずーんと心にきました。
同感! (Eureka)
2010-10-01 02:02:48
こんばんは

>もう少し、絞った内容に出来たのではないかと思います。

原作は未読ですが、かなりボリュームがあるのでこれでも相当削ったとは思いますが
削り方が悪かったのかどうしても散漫な印象が否めません

主人公2人と被害者そしてその家族
映画という時間を考えるとそのどれかに焦点を絞ったほうがよかったのかなと

原作のほうがより深く感動できるような気がして、無性に読みたくなっています♪

TBいただいていきますね。(*^▽^*)ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

『悪人』 (こねたみっくす)
まるで夜明けの来ない夜を過ごしているような、一生どこにも行けないような閉塞感。監督の演出で映画はこうも変わるのかと思い知らされる秀作でした。 恐らく第34回モントリオール国際映画祭で深津絵里さんが主演女優賞を受賞したのも、彼女の演技力以上に、この映画に漂...
映画「悪人」を観ました!!(2010-11) (馬球1964)
映画「悪人」を観ました!!
悪人 (Akira's VOICE)
善くもあり悪くもある。それが人間。  
『悪人』 大切な人はおるね? (映画のブログ)
 上手いなぁ。  『悪人』で、深津絵里さんが畦道を自転車で走るシーンを見ながら、そう思った。  片手で傘を差し、片手でハンドルを握り...
「悪人」みた。 (たいむのひとりごと)
例によって原作は未読なため、予告編から判っているのは”逃亡劇”だということのみ。しかし、主演から脇の脇まで実力派俳優陣がそろっているこの映画。単なる逃亡劇でなさそうなのは予告編からでもジワジワと感じら
悪人 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林、余貴美子、宮崎美子、塩見三省。 光代役の深津絵里が自転車に乗っていると、どうしても「博士の愛した数式」で自転車でせっせと博士宅に通う「無学で一人ぼっち」な...
映画「悪人」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員...
『悪人』・・・真の悪人は誰なのか (SOARのパストラーレ♪)
原作は未読ながら、ボリュームある小説を一本の映画にするための省略や圧縮の苦労(工夫)が随所に感じられた。登場人物一人一人の描写、さらにはそれぞれの係わり合いの描写がより掘り下げて描かれていればもっとインパクトある作品になったのではないだろうか。またこの...
真実が潜む場所。『悪人』 (水曜日のシネマ日記)
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞受賞した作品。九州で起きた殺人事件の被害者と加害者を取り巻く人たちの物語です。
■『悪人』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、李相日監督&脚本、吉田修一原作&脚本、久石譲音楽、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明出演。
悪人 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が12時だというのに妙に...
悪人 (to Heart)
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一...
「悪人」 (2010 東宝) (事務職員へのこの1冊)
監督:李相日 原作:吉田修一 脚本:吉田修一、李相日 音楽:久石譲 出演:妻夫木
『悪人』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
【悪人】 (日々のつぶやき)
監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明、岡田将生   なぜ、殺したのか。      なぜ、愛したのか。 「長崎に住む祐一は車で博多までやってきて待ち合わせをしていた佳乃に合うが、目の前で他の男の車に乗られてしまう。頭に
映画:「悪人」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年9月16日(木)。 映画:「悪人」レポ。 【監督・脚本】李相日  【原作・脚本】吉田修一 【 美術監督 】種田陽平 【音   楽】久石譲 【 キャスト 】妻夫木聡・深津絵里・岡田将生・満島ひかり・樹木希林・柄本明 【ストーリー】 ネットの出会いで知り...
淋しい人間が多過ぎる~『悪人』 (真紅のthinkingdays)
 長崎の寂れた漁村に祖父母と暮らす祐一(妻夫木聡)は、解体作業員として働く 孤独な青年。彼は出会●系サイトで知り合った保険外交員の...
映画「悪人」 (FREE TIME)
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。
悪人 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中...
「悪人」 無表情の感情 (はらやんの映画徒然草)
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば
悪人 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
悪人'10日本◆監督:李相日「フラガール」「69 sixty nine」◆出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明◆STORY◆長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってし...
悪人/妻夫木聡、深津絵里、岡田将生 (カノンな日々)
日本での公開直前に開催されたカナダはモントリオール映画祭で主演の深津絵里さんが見事に最優秀女優賞を獲得した作品です(ふかっちゃん、おめでとォ!)。かなり期待していた作品でしたのでこのニュースを知ってさらに期待度が増してしまいました。「作品自体も良かったか...
悪人 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/11公開(09/02試写) 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?若い女性保険外...
悪人 (いい加減社長の日記)
なんか、重そうな感じもして、「どうしようかなぁ・・・」と思ってたんだけど。 深津絵里さんが賞を取ったり、ピグとものゆきちゃんから、「実家近くがロケに使われてるから観ろ」と脅されたりで。 金曜日に「悪人 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方...
◆映画・悪人 (映画大好き☆)
悪人 観てきました。 モントリオール世界映画祭で 深津絵里が最優秀女優賞をとった作品。 ストーリーは大体皆さんもおわかりでしょうし、書きませんが・・・ まだズシーンと重い気持ちから抜け出せません。 ネタバレアリなので注意...
『悪人』 (+Paraiso*Caprichoso+)
【悪人】STORYひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人か土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒...
『悪人』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
WMC市川妙典にて先月公開された『悪人』を観てきました。毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した吉田修一のベストセラー小説を映画化。九州のとある峠で起きた殺人事件をきっかけに、ネ...
悪人 (こわいものみたさ)
『悪人』 【製作年度】2010年 【製作国】日本 【監督】李相日 【出演】妻夫木聡/深津絵里/岡田将生/満島ひかり/樹木希林/柄本明...
悪人 (幕張コーポ前)
「悪人」観てきました。灯台。悪人は誰だ。深津絵里の首を締めて、けじめをつけようとしたけど、それは彼女を救うためのものであって、2人を大切に思う人たちに対してのけじめではない。自分の弱さに勝てない妻夫木くんは悪人。「本気で誰かに出会いたかった…。ダサいよ...
悪人 (にき☆ろぐ)
さて、深津さんが賞をもらったことで注目された作品です。私自身みてみたいな~と思っていたんですがやっとみることが出来ました。監督はフラガールの李相日さんですね。あらすじ若...
悪人■主役は「風景」 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見て真っ先に感じたのは、ドラマの背景、舞台になっている町の風景のなんと寒々しいことかということである。寒々しいだけではなく情緒がないのである。即物的な潤いのな...
『悪人』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同...
悪人 (のほほん便り)
深津絵里、受賞作品という興味から見たのですが、なんとまぁ、殺される被害者が、今をときめく満島ひかり、彼女を車から蹴落とす男が、岡田将生、ってのに感心したのでした。なんとなく周辺情報で知った時は、妻夫木聡の金髪姿に驚いたのですが、原作を読み、自ら手を上げ...