勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

天使の分け前 / The Angels' Share

2013年04月21日 | 洋画(イギリス系)
原題に使われている“Angels' Share”とは、劇中でも説明がある通り、ウィスキーを樽で熟成させる際、空気中に自然に蒸発していく分の事。毎年2~4%蒸発していくといわれるので、10年も熟成させると結構な量が蒸発していっているんですよね。

でも、こう来るか。そうか、そういう事ね。日本的な発想で行くと、不良だった青年が、子供が生まれたことを契機に真面目に更生していくと言う、お涙頂戴的なストーリーになるんでしょうけど、イギリス人が考えると、素直にそう言う感じにはならないんですね~。でも、それならそれで、イギリス人らしく、もっと笑える所があっても良かったかなぁと思います。逆に、ああ言う、クスクス笑う所はあるものの、現実をシニカルに見つめるという所がイギリス的なんですかね?

英語を聞いていると、弁護士・裁判官という人たちは、クイーンズ・イングリッシュを話すわけですが、この物語のその他の登場人物たちは、非常に訛った、ぶっちゃけ何を言っているのかが不明な英語であったりして、階級社会イギリスを意識させられます。舞台はスコットランドなので、もしかしたら、弁護士・裁判官は支配階級=イングランドで、その他の登場人物たちは被支配階級=スコットランドと言う表現なんでしょうか?

それにしても、ウィスキーも、ワインのような表現で語ると言うことは、新たな驚き。まぁ、そうですよね。テイスティングと言う行為があるんだから、表現方法も有るわけで、それは他の酒類を似ていてもおかしくはないですよね。興味深かったです。

タイトル 天使の分け前 / 原題 The Angels' Share
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2012年/イギリス・フランス・ベルギー・イタリア
監督 ケン・ローチ
出演 ポール・ブラニガン(ロビー)、ジョン・ヘンショウ(ハリー)、ゲイリー・メイトランド(アルバート)、ウィリアム・ルアン(ライノ)、ジャスミン・リギンズ(モー)、シボーン・ライリー(レオニー)、チャーリー・マクリーン(ロリー・マカリスター)、ロジャー・アラムタ(デウス)

[2013/04/21]鑑賞・投稿

コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 舟を編む | トップ | 図書館戦争 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(イギリス系)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

「天使の分け前」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE ANGELS' SHARE )ケン・ローチ監督作としては「エリックを探して」に続く甘口のヒューマン・コメディだが、今回はいささか甘すぎた。こういう筋書きにしたいのならば、もっと主人公に同情を寄せられるようなシチュエーションをあらかじめ作っておくべ...
映画『天使の分け前』★この“分け前”をテイスティングあれ(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161120/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですがボカしています) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344...
天使の分け前 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Angels' Share [Kindle版]労働者階級の味方のケン・ローチ監督が描くハートフル・ドラマ「天使の分け前」。最近のローチ作品は明るく軽妙だ。スコットランド、グラスゴーに住むロビー ...
天使の分け前 (to Heart)
かけがえのない出会いと スコッチウイスキーがもたらす“人生の大逆転”! 原題 THE ANGELS' SHARE 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/フランス/ベルギー/イタリア 上映時間 101分 脚本 ポール・ラヴァーティ 監督 ケン・ローチ 出演 ポール・ブラニガン/...
天使の分け前 (シネマ日記)
予告編を見て面白そうだと思って見に行きました。ケンローチ監督なので、当然イギリスの労働者階級のお話だけど、彼の映画には珍しく明るい要素が多そうな雰囲気だったので期待していました。長年の腐れ縁で近所の不良とケンカばかりしているロビーポールブラニガン。今回...
天使の分け前 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『大地と自由』『麦の穂をゆらす風』などのイギリスの名匠、ケン・ローチ監督によるヒューマン・コメディー。 スコッチ・ウイスキーの故郷スコットランドを舞台に、もめ事ばかり起こしてきた若者がウイスキー作りを通じて師や仲間と出会い、自らの手で人生を再生していく...
『天使の分け前』 (2012) / イギリス・フランス・ベルギー・イタリア (Nice One!! @goo)
原題: THE ANGELS' SHARE 監督: ケン・ローチ 出演: ポール・ブラニガン 、ジョン・ヘンショウ 、ガリー・メイトランド 、ウィリアム・ルアン 、ジャスミン・リギンズ 、ロジャー・アラム 、シボーン・ライリー 、チャーリー・マクリーン 観賞劇場: 銀...
天使の分け前 男は家族のために頑張らなくてはいけないのだ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=22 うち今年の試写会3】 新年度になって新しい職場で働き出した次女、職場にある2つの労働組合から勧誘があったそうで、自分としては○○労にしてやと勧めたけど、彼女は「動員が多いか少ないか」で決めたいという、ま、結果的に自分が勧めた方だったが・・・ははは(...
『天使の分け前』 2013年4月2日 サイエンスホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『天使の分け前』 を試写会で鑑賞しました。 サイエンスホールは遠い。。。九段下の駅から雨の中を武道館を超えて結構歩く~ 【ストーリー】  いつもケンカばかりしている青年ロビー(ポール・ブラニガン)は、トラブルを起こして警察ざたに。しかし、恋人との間にで...
映画・天使の分け前 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE ANGEL’S SHARE 2012年 イギリス/フランス/ベルギー/イタリア 舞台はスコットランド・グラスゴー 主人公のロビー(ポール・ブラニガン)は幼い頃から環境に恵まれず暴力とケンカが絶えない毎日を送っており少年院を10か月前に出所したばか....
天使の分け前 (KATHURA WEST)
天使の分け前 原題:The Angels' Share 監督:ケン・ローチ キャスト:ポール・ブラニガン、ジョン・ヘンショウ、他 2012/イギリス=フランス=ベルギー=イタリア オフィシャルサイト スコットランドを舞台に、芸は身を助け、人生大逆転のお話。 ラスト...
天使の分け前 (とりあえず、コメントです)
ケン・ローチ監督がスコットランドを舞台に描いて昨年のカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したドラマです。 予告編を観て、ウイスキーとの出会いが青年の人生をどんなふうに変えたのだろうと気になっていました。 厳しい生い立ちから辛い人生を送った青年が新たな未来へと向...
天使の分け前 (こんな映画見ました~)
『天使の分け前』---THE ANGELS' SHARE---2012年(イギリス/フランス/ベルギー/イタリア) 監督: ケン・ローチ出演:ポール・ブラニガン 、ジョン・ヘンショウ、ガリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン 、ジャスミン・リギンズ 、ロジャー・アラム...
「天使の分け前」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Angels' Share」2012 UK/フランス/ベルギー/イタリア スコットランド、グラスゴーに住むロビーは周りの環境のせいで喧嘩沙汰が絶えない。そして、またまた人を殴り裁判を起こされるが、なんとか刑務所送りは免れ300時間の社会奉仕活動に参加することを余儀な...
天使の分け前  THE ANGELS' SHARE (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場予告で見て気になっていた作品、DVDが出たので鑑賞しました。 題名「天使の分け前」とは、ワインやブランデー、ウィスキーなど、熟成中に樽から蒸発する 水分・アルコールのこと(約2%ほど)。何とも粋なネーミングです。 予告編で、失業中の若者が利き酒の才を活かし...
「天使の分け前」 (ここなつ映画レビュー)
銀座にあるテアトルシネマが閉館となったのは今年の5月。さよならロードショーとして選ばれたのが、この「天使の分け前」。名匠ケン・ローチ監督作品で、銀座の名画座がフィナーレを飾るには相応しい選択のように思う。 ケン・ローチにしては小粒な作品のような気も...
天使の分け前 (いやいやえん)
えーと、犯罪歴のある男が、恋人と新しい命のため更正しつつ自分の才能(テイスティング)に気がつき、自立の道を歩んでいたはずが、彼女と子供のために奮起して計画したのが希少なウィスキーの窃盗でした。(゜ロ゜;) これがまんまと成功し、主人公は金と仕事を手に...