勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

麒麟の翼~劇場版・新参者~

2012年01月29日 | 邦画
原作者東野圭吾自身が、シリーズ最高傑作と言う『麒麟の翼』の映画化作品。

原作は読んでいてその面白さは知っていたのですが、本は面白いのに映像化されるとイマイチと言う事が良くあるので、ちょっと心配していたんですが、その心配は杞憂だったようです。ここに至るまで、TV連続ドラマとTVスペシャルドラマとして、加賀恭一郎シリーズは作られていたので、杞憂だったようです。

このシリーズの肝は、やっぱり阿部寛演じる“阿部”恭一郎では無いでしょうか。この作品でも、その魅力は十分発揮されていました。かっこいいですね。

一方、溝端淳平クンですが、う~ん。頑張ってはいますが、刑事には見えない・・・。若すぎるのかなぁ。もう少し、渋さが加わるといいのかも。あと、黒木メイサも、このシリーズだと、なんか浮きませんか? 若手の二人が若干微妙です。

本での金森看護師のイメージは、もう少し年齢の高いベテラン看護師のイメージですが、田中麗奈だと、ベテランと言うよりは、主任クラスのバリバリのやり手と言う感じですね。まぁ、そう言うのもアリですかね。

新垣結衣が、可憐で強い女性を演じています。中原香織は、ガッキーで正解ですかね。

ちょっと気になったのが、TBSの制作ということで、あとで地上波放送が容易な様に(と言う意図では無いかもしれませんが)、編集ポイントが所々にあるところ。映画ではなくて、「ここでCMだな」と言う事を感じるTV的なカット割りなんですよね。全体の流れを絶ち切ってしまうようで、気になってしまいました。

最初の頃から悠人が水泳をしていることをほのめかすなどなど、原作とは違う所はありますが、それは演出上の都合と言う事でよしとしましょう。その意味では、概ね原作に忠実に作られていて、それほど違和感は感じませんでした。

原作を読んでいるので、話の筋は知っているんですが、最後はうっかり泣きそうになってしまいました(苦笑)。中々見応えのある映画です。あ~、日本橋行きたくなった!

タイトル 麒麟の翼~劇場版・新参者~
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2012年/日本
原作 東野圭吾『麒麟の翼』
監督 土井裕泰
出演 阿部寛(加賀恭一郎)、新垣結衣(中原香織)、溝端淳平(松宮脩平)、松坂桃李(青柳悠人)、中井貴一(青柳武明/悠人の父)、三浦貴大(八島冬樹/香織の恋人)、山賢人(杉野達也)、聖也(黒沢翔太)、菅田将暉(吉永友之)、鶴見辰吾(小竹由紀夫/青柳武明の部下)、松重豊(小林)、劇団ひとり(糸川肇)、田中麗奈(金森登紀子)、黒木メイサ(青山亜美)、山崎努(加賀隆正/恭一郎の父)

[2012/01/29]鑑賞・投稿

コメント   この記事についてブログを書く
« J・エドガー / J. Edger | トップ | ペントハウス / Tower Heist »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事