勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ザ・シークレットマン / Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House

2018年02月24日 | 洋画(アメリカ系)
ウォーターゲート事件で“ディープ・スロート”であった、FBI副長官の姿を描く。

リーアム・ニーソンと言えば、“史上最強のオヤジ”(失礼)な訳ですが、この作品でのリーアム・ニーソンは、動のアクションは無く、静の頭脳での戦いを繰り広げます。私のつたない知識では、2005年にマーク・フェルト本人が、「自分が“ディープ・スロート”であった」と認めるまで、“ディープ・スロート”が誰であるかは、謎であったと思っていたんですが、事件当時に既に、結構な人たちに怪しまれていたんですね。冷静に考えてみれば、非常に重要な限られた人物しかアクセスできない情報が漏洩していたりするんで、その元を辿っていけば、自ずと漏洩源は限られますよね。

実際のマーク・フェルトですが、この作品でのリーアム・ニーソンの姿と、似ていると言えば似ていますね。まぁ、実在の人物を描いたわけですから、『全然違うじゃん!』という感じには出来ないですよね。

いま(2018年現在)のトランプ政権では、2016年の大統領選挙でのロシアゲートが囁かれていて、“大統領による犯罪”、“FBIへの捜査干渉”と言う観点では、ウォーターゲート事件と似た構図になってきているのですが、こちらはどうなるんでしょうね?時の政権トップに対して、正々堂々と公明に捜査を行う捜査機関があると言うアメリカは、良いですね。

この作品は、“邦題あるある”です。いやね、マーク・フェルトと言う名前は、確かに日本での知名度は無いので、原題そのままで行くのは難しいのは認めます。でもね、『ザ・シークレットマン』は無いよ。それだったらさぁ、“ディープ・スロート”としてさ、原題の“ホワイトハウスを倒した男”とかサブタイトルを付ければ良いんじゃね?

タイトル ザ・シークレットマン / 原題 Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2017年/アメリカ
監督 ピーター・ランデズマン
出演 リーアム・ニーソン(マーク・フェルト/FBI副長官)、ダイアン・レイン(オードリー・フェルト/マークの妻)、マートン・ソーカス(L・パトリック・グレイ/FBI長官代行)、アイク・バリンホルツ(アンジェロ・ラノ/FBI捜査官)、トニー・ゴールドウィン(エド・ミラー/FBI捜査官)、ブルース・グリーンウッド(サンディ・スミス/TIME誌記者)、マイケル・C・ホール(ジョン・ディーン/ニクソン大統領の法律顧問)、ブライアン・ダーシー・ジョーンズ(ロバート・クンケル)、ジョシュ・ルーカス(チャーリー・ベイツ/FBI捜査官)、エディ・マーサン(CIAの男)、ウェンディ・マクレンドン=コービ(キャロル・ツシューディ)、マイカ・モンロー(ジョアン・フェルト/マークの娘)、トム・サイズモア(ビル・サリバン/FBI高官)、ジュリアン・モリス(ボブ・ウッドワード/ワシントン・ポスト紙記者)、ケイト・ウォルシュ(パット・ミラー)、ノア・ワイリー(スタン・ポッティンガー/連邦検事)

コメント   この記事についてブログを書く
« あなたの旅立ち、綴ります / ... | トップ | 15時17分、パリ行き / The 15... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事