勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

タイムライン(2003年)

2004年02月21日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル タイムライン

---感想---
空間転送装置で、過去(14世紀)に行ってしまった人物を救いに行く、と言うはなし。映画中で、「30年前、文字を電話で伝えられるようになった。今度は、物体を(通信で)伝えられるようになる。」と言うような趣旨の台詞があるが、中々面白い台詞である。

元々はマイケル・クライトンの小説である。しかし、2時間に内容をまとめようとしたためか、教授が14世紀に行ってしまったいきさつなど、所々説明が少ないところがある。また、インディケーターに有効期限がある理由も説明不足。物語の大筋に影響を与える訳ではないが、ちょっと不親切。

一応SFに分類される内容だと思うが、それほどSFチックに感じないところに好感。映画中、現代と14世紀を結びつける伏線が所々にあり、中々面白い。

英語版HP:Timeline from Yahoo!

公開年 2004年
原作 マイケル・クライトン
監督リチャード・ドナー
出演 ポール・ウォーカー、フランシス・オコナー、ジェラルド・バトラー、ランベール・ウィルソン

[2004/02/21]鑑賞
[2006/01/09]投稿

コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ラスト・サムライ(2003年) | トップ | レディ・キラーズ(2004年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マイケル・クライトンに・・・ (chibisaru)
2006-01-10 01:44:28
こんばんは。

マイケル・クライトンに期待して見たのですが・・・

期待していたほどでもなかったです(^o^;

確かにちょっと不親切な感じは否めませんでしたね。



こちらからもTBさせていただきます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

タイムライン (Yasutaka\'s DIARY)
タイムライン フランス南西部の修道院跡で行われている発掘プロジェクトで、14世紀の遺跡から現代の眼鏡と「Help me」と書かれたメモが発見される。眼鏡とメモの筆跡がプロジェクトの責任者ジョンストン教授(ビリー・コノリー)のものと判明し、教授の息子クリス(ポール・
#440 タイムライン (風に吹かれて-Blowin\' in the Wind-)
製作:リチャード・ドナー 監督:リチャード・ドナー 原作:マイケル・クライトン 出演者:ポール・ウォーカー 、フランシス・オコナー 、ジェラルド・バトラー 、ビリー・コノリー 、アンナ フリエル 2003年アメリカ フランス南西部の14世紀の遺跡から発掘された現代