勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

白夜行

2011年01月30日 | 邦画
19年前に起きた、殺人事件。交わるはずのない被害者の息子と容疑者の娘の人生は、深く・複雑に絡み合っていた・・・。

う~ん、評価に困ります。恐らく、小説としては一級品です。間違い無く面白いと思います。ですが、映像化されると・・・、厳しいモノが。上手く説明できませんが、リズムが良くないんですよねぇ。小説のリズムのまま、映像化されているのだと思います。小説の場合は、読んでいる人が自由に時間をかけて理解できるので、複雑な話もゆっくりと理解できますが、ゆっくりとした小説のリズムのまま映像化されると話に入るこむのが難しいです。映画向けに、もう少し脚本を練るべきだったかと思います。とか、厳しい事を書きましたが、決して駄作というわけではありません。

さて、この物語のキモは、やっぱり雪穂を演じた堀北真希でしょう。完成試写会の際に、「こう言う怖い人だと思われると困る(笑)」と言っていましたが、雪穂は怖い人物であるという事は十分伝わりました。って言うか、雪穂を堀北真希をモデルにして描いた?と思うほどでした・・・、って言い過ぎ?

船越英一郎も良いんですが、やっぱり彼の場合は、結末は断崖絶壁が必須では(笑)。19年間もひとつの事件を追い続ける刑事を、どうやって演じるのかと思いましたが、老けさせたんですね。ですが、失礼ながらそれ程若いという訳でも無い方ですが、かと言って、老けた姿には、若干の違和感を覚えました。

非常に重いテーマを扱った物語です。怖いと同時に、悲しい話でもあります。描き方によっては、一級の映画作品になるのは間違いない話ですが、今回はちょっと難しかったかなぁと思います。話を絞って、スッキリさせた方が良い作品になったと思いますが、今回は冗長でしたね。

タイトル 白夜行
日本公開年 2010年
製作年/製作国 2010年/日本
原作 東野圭吾『白夜行』
監督 和泉聖治
出演 堀北真希(唐沢(西本)雪穂)、高良健吾(桐原亮司)、船越英一郎(笹垣潤三)、戸田恵子(桐原弥生子/亮司の母)、田中哲司(松浦勇)、姜暢雄(篠塚一成/雪穂の夫)、緑友利恵(川島江利子/雪穂の友人)、中村久美(唐沢礼子/雪穂の養母)、粟田麗(栗原典子)、今井悠貴(10歳の桐原亮司)、福本史織(10歳の西本雪穂)、山下容莉枝(西本文代/雪穂の母)、吉満涼太(桐原洋介/亮司の父親)、粟田麗(栗原典子/亮司の恋人)

[2011/01/30]鑑賞・投稿

コメント (2)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« ソーシャル・ネットワーク / ... | トップ | ジーン・ワルツ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (馬球管理人)
2011-01-30 22:39:32
こんばんは。
TBありがとうございました。
私もこの作品は評価が難しいと思います。そして作成も難しかったと思います。
基本的には原作を読んでいないとなかなか理解できない場面があったと思います。
淡々と流れていますのでどうしても睡魔が襲ってきてしまいます。終盤はそれなりに盛り上ったのですが、、、。
私はTVドラマの方が面白かったと思います。何れにしましても映像化の難しい作品だったと思います。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-06 17:22:24
TB有難うございました。
以前、ドラマ化されて評判を
聞いていましたが今回の映画で
白夜行を体験しました。
ラストに交錯する各々想いを
考えると未だに答えが見つかりません。
何度も考えてしまいます。
エンディング曲は久しぶり、物語に
マッチしていると思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

白夜行 (花ごよみ)
  主演は堀北真希。 監督は深川栄洋。 高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、中村久美、 田中哲司、姜暢雄等が共演。 東野圭吾の原作小説を映画化。 本も過去に読んでいます。 綾瀬はるか、山田孝之の、 テレビの連続ドラマも見ました。 ストーリーはもう分かっています...
白夜行 (うろうろ日記)
試写会で見ました。幼い時に、父を殺された息子とその容疑者の娘に奇妙な繋がりがある
映画「白夜行」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『白夜行』(公式)を、初日(1/29)鑑賞。第一回目で観客は30名ほど。30歳代の女性同士や、50歳代の夫婦らしき人が多め。 最初に言っておきますが、原作小説・演劇・テレビドラマ等は一切見ていません。予告編以上の情報は殆んどない状態で鑑賞しました...
白夜行 (映画通信みるみる)
暗く、不気味。 物音を立てて観てはいけないような雰囲気で、成り行きを静かに見守るようでした。 “あたしの上には太陽なんかなかった。いつも夜。 でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから...
白夜行 (映画通信みるみる)
暗く、不気味。 物音を立てて観てはいけないような雰囲気で、成り行きを静かに見守るようでした。 “あたしの上には太陽なんかなかった。いつも夜。 でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから...
映画「白夜行」を観ました!!(2011-02) (馬球1964)
映画「白夜行」を観ました!!
白夜行■二人でないと生きていけない (映画と出会う・世界が変わる)
雪穂が幼い時期に過ごした再開発からも取り残されたようなスラム街。昭和55年には、まだ戦後の貧しさを残した地域が残っていたのか。ざらついた画面や褪色したような色調が、その貧...
白夜行 (LOVE Cinemas 調布)
今までにテレビドラマや舞台になってきた東野圭吾の同名人気小説を映画化。ある事件の容疑者の娘と被害者の息子が辿る数奇な運命を、事件を担当した刑事の目線で追う。主演は『誰かが私にキスをした』の堀北真希。共演に『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾、『ウルルの森...
東京国際映画祭・特別招待作品『白夜行』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーらしい「ホマキ」「まきまき」を押しのけ、wikipediaに載る ...
映画『白夜行』 | 東野圭吾ワールドを完璧に再現。 (23:30の雑記帳)
数年前に原作を読みました。 (私の中では『容疑者Xの献身』と並ぶ大傑作!) そのせいもあるでしょうが、事件の概要が とても分かりやすく整理されていたと思います。 あ ...
白夜行 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。東野圭吾原作、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、黒部進、小池彩夢。 ...
映画「白夜行」を見て映画「砂の器」がミス... (映画と出会う・世界が変わる)
映画「白夜行」を見て、思い出したのは映画「砂の器」である。この2作品は非常によく似ている。主人公たちの悲惨な子ども時代、そして一方が迎えようとしている栄光のとき。それを...
■『白夜行』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司出演。
「白夜行」と「悪人」とのそれぞれ二人を比... (映画と出会う・世界が変わる)
白夜行」の雪穂と亮司に対して「悪人」の祐一と光代とを比較してみよう。どちらのカップルも逃亡者である。雪穂と亮司は社会の中で生きているように見えるが、それはあくまでも表面...
スペシャルプレビュー「白夜行」 (かんげき♪ - 夢館 -)
2011年1月17日(月)18:30開映(上映時間 2時間29分) 松下IMPホールにて 主催/読売新聞大阪本社広告局 協力/ギャガ株式会社 監督/深川栄洋 原作/東野圭吾「白夜行」(集英社刊) 脚本/深川栄洋,入江信吾,山本あかり 音楽/平井真美子 主題歌/「夜...
日本のクムジャさん。『白夜行』 (水曜日のシネマ日記)
東野圭吾の人気小説を映画化した作品です。
『白夜行』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「白夜行」□監督・脚本 深川栄洋 □原作 東野圭吾 □脚本 入江信吾、山本あかり□キャスト 堀北真希、高良健吾、船越英一郎、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、田中哲司、戸田恵子■鑑賞日 1月29日...
映画「白夜行」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「白夜行」観に行ってきました。 東野圭吾原作のサスペンス小説映画版。 質屋の殺人事件から始まる、被害者の息子、容疑者の娘、そして18年もの歳月をかけ真相に迫る刑事の視点で綴られる心理描写ミステリー作品です。 ちなみに私は、原作未読のまま映画を観に行...
白夜行 (voy's room)
  密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを放つ少女・雪穂と被害者の息子で、どこか暗い目をした...
白夜行 びゃくやこう(2011-007) (単館系)
白夜行 東野圭吾さん原作の小説を映画化。 例によって原作は読んでいません。 過去にTBSで早瀬はるかさんと山田孝之さんで 連続ドタマ化されているので記憶にある方も 多いのでは? ドラマとちょ...
映画「白夜行」 (FREE TIME)
映画「白夜行」を鑑賞しました。
白夜行 (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2011 映画「白夜行」製作委員会 製作年: 2010年 製作国: 日本 日本公開: 2011年1月29日
★ 『白夜行』 (映画の感想文日記)
2011年。映画「白夜行」製作委員会。   深川栄洋監督・脚本。東野圭吾原作。  原作は読んでいない(苦手な作家なので)ので、これがアンファン・テリブル(恐るべき子供たち)ものの映画だとは意外...
その献身に泣く~『白夜行』 (真紅のthinkingdays)
 昭和55年。廃墟となったビルで、男の死体が発見される。担当刑事の笹垣(船 越英一郎)は、被害者の息子・亮司と、加害者の娘・雪穂の幼い姿に、妙な胸騒 ぎを覚える。  大人気作家・東野圭吾の代表...
「白夜行」事件の真相に辿り着いた先にみた壮絶な運命を背負わされた2人の見えない絆 (オールマイティにコメンテート)
1月29日公開の映画「白夜行」を鑑賞した。 この映画は東野圭吾原作の「白夜行」を映画化した作品で、 昭和55年に起きた殺人事件が発端となり、 その周りに関わった容疑者の少 ...
「白夜行」を見て深川監督に期待をしたくな... (映画と出会う・世界が変わる)
監督の深川栄洋は1976年生まれである。推定するに、この「白夜行」の主人公たちとほぼ同年代である。つまりこの物語の進行と共に育った世代である。それだけに、深川監督にとっては...
『白夜行』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。既にテレビドラマ、韓国版映画、舞台と映像・舞台化されている東野圭吾の人気小説『白夜行』を『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の深川栄洋監督が映画化。文庫で850ページに
■映画『白夜行』 ()
東野圭吾好きの友人から薦められてちょっとハマってしまい、小説、ドラマとチェックしてきた「白夜行」が映画になりました。 この「白夜行」、もともとがベストセラー小説ですし、ドラマ化もされていて、ストーリーをご存じの方も多いでしょう。 とはいえ、ネタばれはし...
白夜行 (映画的・絵画的・音楽的)
 『白夜行』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)この映画は、冒頭で少年・亮司の父親が殺され、その殺害事件の犯人は誰なのかを巡る事件の真相が物語の展開の中で明らかにされるミステリー物といえるのでしょう。  とはいえ、事件が起きた昭和55年から次第次...
No.240 白夜行 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 テレビドラマ化もされたベストセラー作家・東野圭吾の長編ミステリーを、堀北真希主演で映画化。「半分の月がのぼる空」「洋菓子店コアンドル」の深川栄洋監督がメ ...
[遅ればせながら、映画『白夜行』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆良い出来の作品ではあった。  公開からかなり遅い時期になっての鑑賞なので、その内容について語るつもりはない。  が、原作の東野圭吾については、何ゆえに、こんなにも「通俗的」かつ「大衆迎合的」な作家に変貌してしまったのかと、私は、ずーっと考え続けている...
■映画『白夜行』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
東野圭吾好きの友人から薦められてちょっとハマってしまい、小説、ドラマとチェックしてきた「白夜行」が映画になりました。 この「白夜行」、もともとがベストセラー小説ですし、ドラマ化もされていて、ストーリーをご存じの方も多いでしょう。 とはいえ、ネタばれはし...
映画「白夜行」 (itchy1976の日記)
白夜行 - goo 映画 白夜行(映画.com) 「白夜行」オフィシャルサイト 白夜行@ぴあ映画生活 白夜行-Wikipedia ○作品データ(goo映画) 監督 深川栄洋 エグゼクティブプロデューサー 石垣裕之 小竹里美 菅井敦 阿久根裕行 プロデューサー 小島里佳 朴木浩美 井上竜太 ...
白夜行/堀北真希、高良健吾 (カノンな日々)
東野圭吾さんの同名小説を原作に『半分の月がのぼる空』の深川栄洋監督が映画化した作品です。原作小説は未読ですが5年前に放送された山田孝之さん綾瀬はるかさん主演のTVドラマに ...
白夜行 (りらの感想日記♪)
【白夜行】 ★★★★  映画(9)ストーリー 昭和55年。密室となった廃ビルで質屋の店主が殺される事件が発生する。決定的な証拠のないまま、や
【映画】白夜行…携帯電話に騙されそうな感覚 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
以前の記事でも書いた大晦日の携帯水没事故について追記。 (サブタイトルの携帯電話云々はこの話ではなくて、下のほうの映画鑑賞記録のほうね) …直ぐに書こうかと思っていたのですが、すでに一月以上前の出来事です 昨年大晦日に携帯をトイレに落としてしまったのは以...
白夜行 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
邦画で食指をそそられて観る気になる・・・ってのは滅多にないわ