勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

殿、利息でござる!

2016年05月16日 | 邦画
江戸時代中期の1770年代に仙台藩の吉岡宿の領民が、仙台藩に1000両という大金を貸し付けて、その利息を持って宿場の繁栄を目指したという事実に基づく作品。

正直、あんまり期待しないで見に行ったんですが、いい意味で期待を外されました。意外に良かったし、勉強になりました。表の話としては、田舎の篤志家が民衆のために一肌脱いで、みんなと街の繁栄を願ったということなんでしょうけど、その奥には、「一体何のために仕事をしているのか」「誰にために仕事をしているのか」と言う様な、意外に深い主題が隠されていたと思います。そう言う意味でも、思ったよりも、結構いい話だなと思いました。

時の仙台藩主伊達重村をアイススケート選手の羽生結弦が演じていることが話題になっています。ほんのワンシーンですが、日頃スケートでも演じているからか、まぁまぁな延期だったと思います。出てくるとき、見ていたおばちゃんが「ゆず、ゆず」ってうるさかったですが(苦笑)。あ、一応、小声でほんの囁く程度でしたけどね。

思ったのが、阿部サダヲって、ああ言う時代劇の格好が似合う風貌ですね。全く違和感なく、「あぁ、ああ言う江戸時代の商人って、いるよね~。」と無条件で思うような見た目でした。

見た目といえば、浅野屋陣内は、妻夫木聡だったんですね。ちょっとわかりませんでした。中村俊介かと思っていました。そう言う意味では、阿部サダヲとは逆に、あんまり時代劇の様な作品での格好は似合わないかもしれませんね。

あと、松田龍平。冷たいというか、冷酷なと言うか、仙台藩の出入司を上手く演じています。彼は、ああ言うクールな演技は似合いますね。それと、今も昔も、お金を握る役職は、強いんですね。なんだかなぁ~(笑)

「なんか昔見たことが有るような気がするなぁ。」と思っていたんですが、『武士の家計簿』と同じ原作者なんですね。まぁ、似たテイストにはなるか。

タイトル 殿、利息でござる!

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 中村義洋
原作 磯田道史『無私の日本人』
出演 阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内/穀田屋十三郎の弟)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、きたろう(穀田屋十兵衛)、千葉雄大(千坂仲内)、橋本一郎(早坂屋新四郎)、中本賢(穀田屋善八)、西村雅彦(遠藤寿内)、山本舞香(なつ)、岩田華怜(加代)、堀部圭亮(橋本権右衛門)、重岡大毅(穀田屋音右衛門)、松田龍平(萱場杢)、羽生結弦(伊達重村)、草笛光子(きよ/穀田屋十三郎の母)、山崎努(先代・浅野屋甚内十三郎/穀田屋十三郎の父)

コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« ヘイル、シーザー! / Hail, ... | トップ | 君がくれたグッドライフ / Hi... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

映画『殿、利息でござる!』★“無私”のドタバタに笑い心打たれる (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168121/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・ 原作:磯田道史「無私の日本人 」 ・大和町のHPです→ コチラ   殿様にお金を...
殿、利息でござる! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ...
殿、利息でござる! (映画好きパパの鑑賞日記)
 笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、山崎努 上映時間:...
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、なんとこれが!驚きの映画でございました。  江戸時代中期の...
殿、利息でござる!★★★★ (パピとママ映画のblog)
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売...
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
殿、利息でござる! (にきログ)
さてさて相変わらず映画の感想ですね 今回は時代劇でしたが 見に行ったら年齢層の高さに驚きました 以前「駆込み女と駆出し男」を見に行ったときはあんまり感じなかったんで で、この作品予告やポスターはコメディ押しでしたが実際は人情モノでしたね コミカルな場...
殿、利息でござる! (だらだら無気力ブログ!)
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。
殿、利息でござる! (佐藤秀の徒然幻視録)
借金をなくさなければ、日本は滅びるpart2 公式サイト。磯田道史原作、中村義洋監督。阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西 ...
殿、利息でござる! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 これも世の貯め、人の貯め。 STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙...
殿、利息でござる!  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金...
殿、利息でござる! (映画的・絵画的・音楽的)
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次い...
「殿、利息でござる!」 つつしみの掟 (はらやんの映画徒然草)
タイトルからもっとコメディ色が強い作品かと思っていたのですが、どちらかといえば泣
殿、利息でござる! (みすずりんりん放送局)
 『殿、利息でござる!』を観た。  【あらすじ】  江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮...
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~ (ペパーミントの魔術師)
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。...
殿、利息でござる! (C’est joli ここちいい毎日を♪)
殿、利息でござる! '16:日本 ◆監督:中村義洋「予告犯」「奇跡のリンゴ」 ◆主演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、...
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......