勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

終の信託

2012年10月27日 | 邦画
2007年の『それでもボクはやってない』に続く、周防監督の社会派作品。あわせて、1996年に大ヒットしてハリウッドでもリチャード・ギア主演でリメイク作品まで作られた『Shall we ダンス?』以来の周防正行・草刈民代・役所広司が揃った作品としても話題になっている。

でも、やっぱり『Shall we ダンス?』よりも、『それでもボクはやってない』と比較しちゃいますね。『Shall we ダンス?』はコメディでしたが、『それでもボクはやってない』は社会啓蒙、民衆啓発の社会は作品。そして今回の『終の信託』も社会派作品ですからね。

『それでもボクはやってない』の時は、痴漢冤罪が社会問題化しつつあるタイミングでの映画界でしたが、この『終の信託』は、“終活”などという言葉も出来るほど、人間の一章の終わりに注目が集まりつつ有る時期の作品。そういう意味では、非常に良いタイミングでの映画化です。

いやぁ、作品終盤の折井が塚原に取り調べを受けるシーンですが、「あぁ、こうやって犯罪者は“作られていく”んだ」と思いました。まぁ、“事実”のみをつなぎ合わせると、塚原の言う感じになるのかもしれませんが、それでは背景が全く示されておらず、かなり一方的な主張に思いました。でも、『それでもボクはやってない』も思いましたが、あれが現実なんですかね。

ツッコミを一つ。江木が救急搬送されてきたシーン。あまりにも緊張感に欠けていないか?もうちょっと何とか出来たのではないかと思いました。

タイトル 終の信託
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2012年/日本
監督 周防正行
出演 草刈民代(折井綾乃)、役所広司(江木泰三)、浅野忠信(高井則行/綾乃の不倫相手)、大沢たかお(塚原透/検察官)、細田よしひこ(杉田正一/検察事務官)、中村久美(江木陽子/泰三の妻)

[2012/10/27]鑑賞・投稿

コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« エクスペンダブルズ2 / The ... | トップ | アルゴ / ARGO »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

終の信託 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
終の信託 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る現実世界でも議論が絶えない尊厳死を扱う社会派ドラマ「終の信託」。取調べ室と医療現場を行き来する構成がサスペンスフルだ ...
終の信託 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】役所さんが死ぬときに、安楽死をお願い
*『終の信託』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:日本映画、周防正行監督&脚本、草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、 細田よしひこ、中村久美出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
『終の信託』 (こねたみっくす)
尊重すべきなのは命か、幸せか。 これは『それでもボクはやってない』の周防正行監督が尊厳死をテーマにした「それでも私はやってない」なのですが、どうも説得力に欠けていると ...
終の信託 (あーうぃ だにぇっと)
終の信託@ニッショーホール
終の信託 (悠雅的生活)
喘息日誌。子守唄。リビング・ウィル。
「終の信託」検察は有罪ありきの終末医療に本当にどうするべきだったのか?真剣に考えさせられる人生最期の時 (オールマイティにコメンテート)
「終の信託」は周防正行監督最新作品でぜんそくで余命いくばくもない患者を殺した罪に問われた女医がそこに至るところの過程を回想しながら検事の事情聴取を受けてその真相と終末 ...
映画「終の信託」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「終の信託」観に行ってきました。朔立木原作の同名小説を、草刈民代と役所広司が「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに共演し、終末医療のあり方をテーマとした、周防正行監督の...
終の信託 (佐藤秀の徒然幻視録)
それでも私は殺してない? 公式サイト。朔立木原作、周防正行監督、草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこ、中村久美。現実に起き、世間を騒然とさせた女医によ ...
終の信託 (花ごよみ)
監督、脚本は周防正行、 朔立木の小説「終(つい)の信託」 (以前のタイトルは「命の終わりを決める時」)が原作。 尊厳死、終末医療がテーマ。 同僚の医師高井(浅野忠信)と、 不倫関係が続いていたが 裏切られ心に深い傷を負った、 呼吸器内科の医師の折井綾乃(草...
終の信託 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「Shall We ダンス?」の周防正行監督、草刈民代、役所広司の3人が再び顔を合わせた愛と生命を巡るドラマ。強い絆で結ばれた患者から最期を託された女医の決断が、やがて殺人罪を問う刑事事件に発展する。原作は現役弁護士でもある朔立木の同名小説。「桜田門外ノ変」の大...
『終の信託』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「終の信託」□監督・脚本 周防正行□原作 朔立木□キャスト 草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ■鑑賞日 10月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ...
最期のときに~『終の信託』 (真紅のthinkingdays)
 呼吸器内科の医師・折井綾乃(草刈民代)は、検察庁から召喚を受ける。自身 が担当し、3年前臨終に立ち会った喘息患者・江木(役所広司)の家族から、彼女 は殺人罪で告発されたのだ。  周防正行監...
「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『終の信託』を観て、心底疲れました。精神的に、とってもヘヴィーです。 検察庁
当事者同士は納得済でも・・・。『終の信託』 (水曜日のシネマ日記)
患者の希望で延命治療を止めた女医と彼女を取り巻く環境を描いた作品です。
終の信託 (いい加減社長の映画日記)
重いテーマだけど、観ておくべきかなぁ、と思って・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 呼吸器内科医の折井綾乃は、同じ職場の医師・高井との不倫に傷つき、沈んだ日々を送っていた。 そんな時、重度のぜんそくで入退院を繰り返す患者・江木秦三の優しさに触れ...
終の信託 (映画的・絵画的・音楽的)
 『終の信託』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)これまで周防正行監督の作品は、『シコふんじゃった』(1991年)、『Shall we ダンス?』(1996年)、『それでもボクはやってない』(2007年)と見てきていますので、この作品もと思って映画館に出かけました。  物語...
[映画][☆☆☆★★]「終の信託」感想 (流浪の狂人ブログ~旅路より~)
 現役弁護士でもある作家・朔立木原作の医療小説を、「Shall we ダンス?」の周防正行監督、草刈民代・役所広司主演で映画化。実際に起きた事件を題材に、終末医療のあり方を問うヒューマンドラマ。 単純に構成的な部分だけを評すると、前半から中盤にかけての展開がや...
映画「終の信託」 (FREE TIME)
映画「終の信託」を鑑賞しました。
「終の信託」 いろいろ考えさせられました (はらやんの映画徒然草)
「尊厳死」を題材にしているのは予告からわかりました。 重いテーマだなと思い、これ
『終の信託』 作文には書けないもの (映画のブログ)
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り詰めたからこそ、この緊迫...
映画『終の信託』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-90.終りの信託■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:144分■観賞日:11月18日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:0円 □監督・脚本:周防正行◆草刈民代(折井綾乃)◆役所広司(江木泰三)◆浅野忠信(高井則之)◆大沢たかお(塚原透)◆...