勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

祈りの幕が下りる時

2018年01月28日 | 邦画
加賀恭一郎シリーズの最終章。

キャッチコピーに“泣けるミステリー”とありますが、確かに少しウルっとくるかも。特にね、浅居博美の子供の頃の逃避行の件とかね、泣けますね。

シリーズ最終章と言う事で、このシリーズでここに至るまでのところが凝縮されている感じがします。エンドロールではなぜか、この作品には出ていない人が登場していたりしますしね。まさに、回想シーンと言う事でしょうか。

阿部寛の演技はすごく良いのですが、ちょっとだけ突っ込みを。って言うか、阿部寛への突っ込みでは無く、加賀の母が仙台に居たと言う設定についての突っ込みです。あの、加賀の母が居たところって、仙台市内じゃ無いんじゃね?塩釜とか、多賀城とか、そういう感じがしたんですけど?違いますかね?河口のすぐ近くに建屋がある街なんで、そういう所かなぁと。

それと、一方の松嶋菜々子。「やっぱ、ちょー美人だな。」と言う加賀のセリフはさておき(笑)、なんか、彼女の演技の良いところが、あまり出ていなかったような気がするんですよねぇ。加賀中心に話が進むので、彼女の演技力を試されるシーンが意外に少なかったかなと。なんか、あまりにも淡々とした感じで、もうちょっと演技を見たかった気がします。

いやぁ、それにしても、浅居博美の話は、悲しい話ですね。この話は、ミステリーと言うより、ヒューマンドラマと言う方が、正しいような気がします。

タイトル 祈りの幕が下りる時

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 福澤克雄
原作 東野圭吾『祈りの幕が下りる時』
出演 阿部寛(加賀恭一郎)、松嶋菜々子(浅居博美)、溝端淳平(松宮脩平/警視庁捜査一課刑事、加賀の従弟)、田中麗奈(金森登紀子/加賀の父を看取った看護師)、キムラ緑子(浅居厚子/博美の母)、烏丸せつこ(宮本康代/スナック「セブン」のママ)、春風亭昇太(大林/警視庁捜査一課刑事)、及川光博(苗村誠三/浅居博美の中学時代の担任教師)、飯豊まりえ(20歳の浅居博美)、桜田ひより(14歳の浅居博美)、小日向文世(浅居博美の父)、伊藤蘭(田島百合子/加賀の母)、山﨑努(加賀隆正/加賀の父)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネイビーシールズ ナチスの... | トップ | スリー・ビルボード / Three ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事