勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ジーン・ワルツ

2011年02月05日 | 邦画
海堂尊の医療ミステリーシリーズの映画化。海堂尊の名を世に広めたバチスタシリーズとは違う系列の物語。もっとも、世界は繋がっていて、東城大学や帝華大学、極北市など、海堂尊の物語に出てくる大学・地名がこちらでも出てきている。

この映画の原作は、一応『ジーン・ワルツ』と言う事になっていますが、映画化に際して、原作の設定が一部改められています。大きい改変が、極北市で起きた産科医逮捕事件の医師が、実は三枝茉莉亜の息子であり、且つ、理恵や清川と交流があったということ。『極北クレイマー』では、その辺りの事も書かれていますが、『ジーン・ワルツ』では描かれていなかったと思います。まぁ、映画にするとしたら、そうやってうまく話に取り込んだ方が良いのかも知れません。合わせて、マリアクリニックに通院する妊婦も、1名減っています。また、そのサイドストーリーの『マドンナ・ヴェルデ』の話も一部入っていませんか? 山崎みどりに関する背景の描写は『マドンナ・ヴェルデ』に依るもののような気がしました。

バチスタシリーズでは、ドタバタとコミカルに進行していきますが、こちらは、シリアスに静かに進行していきます。産科医にまつわる様々な問題に焦点が当たるようになっていたなと言うのが、正直な印象。結構メッセージ性が強いです。原作では、それほどのメッセージ性は感じませんでしたが、映像化するに際して、その辺りを強化した様に思えました。

菅野美穂の曾根崎理恵ですが、“クール・ウィッチ”と言う事が、描ききれていない感じです。あまり冷徹と言う感じがしませんでした。清川も、軽妙洒脱で面倒事は好まないと言う性格が描ききれていなかった気がします。

この映画、産科医を取り巻く環境と代理母問題が主人公ですね。海堂尊が、その辺りに問題意識を持っているということがよく判りました。

タイトル ジーン・ワルツ
日本公開年 2010年
製作年/製作国 2010年/日本
原作 海堂尊『ジーン・ワルツ』
監督 大谷健太郎
出演 菅野美穂(曾根崎理恵)、田辺誠一(清川吾郎)、大森南朋(三枝久広)、白石美帆(甘利みね子)、音尾琢真(甘利健司)、桐谷美玲(青井ユミ)、濱田マリ(妙高みすず)、西村雅彦(屋敷教授)、片瀬那奈(田中美紀)、南果歩(荒木浩子)、大杉漣(荒木隆)、風吹ジュン(山咲みどり)、浅丘ルリ子(三枝茉莉亜)

[2011/02/05]鑑賞・投稿

コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 白夜行 | トップ | ウォール・ストリート / Wall... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

「ジーン・ワルツ」みた。 (たいむのひとりごと)
海堂尊原作でおなじみの『チーム・バチスタの栄光』シリーズと同一の世界で繰り広げられている別の物語のひとつであるこの作品。近年妊産婦の救急搬送中のたらい回しなどが社会問題として注目を浴びているが、医療事
ジーン・ワルツ (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の...
「ジーン・ワルツ」母親になりたい本能が導き出した望まれて生まれてきた子供たち (オールマイティにコメンテート)
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。 この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、 産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、 ...
ジーン・ワルツ (とりあえず、コメントです)
海堂尊著の同名小説を映画化した作品です。 原作を読んでいたので、産科という医療現場の問題をどのように映像化するのかなと気になっていました。 これからの産科の現場はどうなっていくのかなあと考えさせられる作品でした。
『ジーン・ワルツ』 | 浅丘ルリ子の妖演がこの映画を救った? (23:30の雑記帳)
皆さんに謝らなければいけないことがあります。 今までいろいろな映画に、 容赦ない辛口批評を浴びせてきましたが、 この映画を観てしまった今、 下には下があることを思い知ら ...
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
■映画『ジーン・ワルツ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「なるほど、こうまとめましたか…」 映画『ジーン・ワルツ』は、海堂尊の原作からミステリ成分を少なくし、感動ものの要素をプラスした作品です。 もちろん、原作小説と映画が別物だということはわかっているんです。 ただ、どっちつかずになってしまった印象は否...
『ジーン・ワルツ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子■鑑賞...
『ジーン・ワルツ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
帝華大学病院で産婦人科の医師として働き、教鞭をもとる傍ら、閉院間近の小さな産婦人科医院マリアクリニックで院長代理を務める曾根崎理恵は、上司である保守派の教授からは煙たがられていた。 教授への昇進を確実視されている清川吾郎は、そんな彼女を複雑な想いで見つ...
【ジーン・ワルツ】命を作るということ (映画@見取り八段)
ジーン・ワルツ 監督: 大谷健太郎    出演: 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、風吹ジュン、     桐谷美玲、浅丘ルリ子 公開: 2011年2月 私は2男子の母であるが、出産の大変さ...
ジーン・ワルツ (花ごよみ)
菅野美穂が主演、 帝華大学病院の産婦人科医師、 曾根崎理恵を演じます。 共演は田辺誠一、白石美帆、 南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子等。 監督は大谷健太郎。 曾根崎理恵(菅野美穂)は 「マリアクリニック」という町の、 産婦人科医院でも勤務。 こちらの病院...
ジーン・ワルツ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ジーン・ワルツ生命誕生というテーマはなるほどシリアスなものだが、問題が大きすぎて掘り下げが浅い。これでは感動したくても難しい。医療の最高峰・帝華大学病院の産婦人科の医 ...
映画「ジーン・ワルツ」 (FREE TIME)
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
言いたい事は分かるけど・・・。『ジーン・ワルツ』 (水曜日のシネマ日記)
産婦人科医の目線を通して現代医療が抱える問題を描いた作品です。
ジーン・ワルツ 舞台挨拶 (メルブロ)
ジーン・ワルツ 345本目 2011-05 上映時間 1時間51分 監督 大谷健太郎 出演 菅野美穂(曾根崎理恵) 、 田辺誠一(清川吾郎)      大森南朋(三枝久広) 、 南果歩(荒 ...
ジーン・ワルツ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月13日(日) 19:25~ チネ10 料金:1300円(川崎の金券屋で前売券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ジーン・ワルツ』公式サイト 海堂尊の小説が原作なので、医療ミステリーかと思ったら、以外に甘ちゃんなドラマだった。 ただし原作のジャ...
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
「ジーン・ワルツ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現役医師にして作家の海堂尊原作。様々な問題を抱えた現代の産婦人科学会に、敢然と立ち向かう孤高の女性医師の姿を、「NANA」の大谷健太郎監督、「Dolls」「パーマネン...
ジーン・ワルツ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした....
ジーン・ワルツ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ...
ジーン・ワルツ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。海堂尊原作、大谷健太郎監督、菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、片瀬那奈、南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子、大森南朋、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉漣、西村雅 ...
ジーン・ワルツ/菅野美穂、田辺誠一、大森南朋 (カノンな日々)
海堂尊さんの同名原作小説を『NANA』の大谷健太郎監督が映画化した作品。骨太な医療ドラマを手がけてきた海堂尊さんが本作でテーマにしたのは産婦人科医療。主演の菅野美穂さん演じ ...
ジーン・ワルツ (いい加減社長の日記)
いくつ溜まってるんだろ・・・これも1ヶ月以上経ったか? 「ザ・タウン 」と迷ったんだけど。 とりあえず、こっちを先に、ということで、「ジーン・ワルツ 」を、公開日に鑑賞。 (C) 2011「ジーン・ワルツ」製作委員会 【ストーリー】 帝華大学医学部産...
【ジーン・ワルツ】 (日々のつぶやき)
監督:大谷健太郎 出演:菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、桐谷美玲、大森南朋、風吹ジュン、浅丘ルリ子、南果歩  遺伝子(ジーン)の女神の計画。あなたは、暴けない―。 「帝華大学病院の産婦人科医曽根崎理恵、院長が病で引退する為間もなく閉院するマリアクリ
ジーン・ワルツ(2011-014) (単館系)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。 産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品。 主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂。 「...
ジーン・ワルツ (いやいやえん)
菅野美穂、田辺誠一共演。このキャストだけでも観る価値あったわ。 出産を中心としたヒューマンドラマ。海堂尊さん原作の小説を映画化したものだけれど、どうやら方向性がだいぶ違うようで? 実際に産婦人科が廃院したり、産婦人科医が少なく受け入れ拒否する場合もあ...
海堂尊「ジーン・ワルツ」 (ご本といえばblog)
海堂尊著 「ジーン・ワルツ」を読む。 このフレーズにシビれた。  何もしないで現状を支えていくという選択肢の方が危険な道です。理想の医療といる影に捕らわれて、医師がどん ...