勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

父親たちの星条旗(2006年)

2006年10月28日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル 父親たちの星条旗

---感想---
第二次世界大戦末期の硫黄島の攻防戦が舞台。その中でも、有名な擂鉢山に星条旗を掲げた5人のアメリカ兵に関しての、アメリカ側の視点でのその後のエピソードです。日本側の視点から描かれる『硫黄島からの手紙』が年末に公開されます。

擂鉢山の星条旗が、厭戦気分の漂っていたアメリカの戦意高揚に役立ったのは想像を待ちませんが、写真に映っていた兵士たちが英雄に祭り上げられ、戦費捻出のための国債購入キャンペーンに借り出されていたとは知りませんでした。まぁ、国の為政者が考えそうなことではありますが。英雄に祭り上げられた三人の苦悩が良く描かれており、それを通して、戦争の凄惨さを見ることが出来ます。また、英雄として扱われても差別がなくならないインディアンの無念さも良く判ります。それと、国債購入キャンペーンで食事をするシーンが有るんですが、その場に写真の姿をかたどったアイスクリーム(?)らしきデザートが出て、それにチョコクリームやラズベリークリームをかけるんですが、それを見たアイラが侮辱されたような表情を見せたのが印象的でしたね。よく判る気がします。

擂鉢山に星条旗を掲げようとしているこの有名な写真が、二枚目の取り直した写真であると言うのは実は有名な史実です。第二次大戦にまつわるアメリカの写真にはそうしたものが多く、これも有名な、マッカーサーが幕僚を従えてレイテ島に上陸しようとしている写真もそうです。これに関しては、当初、マッカーサー本人はズボンが濡れるのを嫌がったのですが、いざ写真を見てみると勇壮に見えるので、そのまま使ったと言う話もあります。

製作にスピルバーグが絡んでいることもあり、かの『プライベート・ライアン』で用いられた、何となくモノトーンチックな映像としてみることが出来ます。また、その経験がフィードバックされたのか、上陸シーンや戦闘シーンはかなりリアルです。また、映画のエンドロールには、当時の実際の写真が使われており、映画に出演している人物本人の写真も出てきます。

英語版HP:Flags of Our Fathers from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
出演 ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル

[2006/10/28]鑑賞・投稿
コメント (3)   トラックバック (51)