かっちゃんの菜園

約50坪の菜園で、野菜の栽培を行っています。 菜園での作業内容・歓び事や失敗例等の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブロッコリ- 無情

2013年01月31日 | 日記
本日の 天気予報では 、 「 暖かく 風も 穏やかな 天気です 」  
・ ・ ・  とか  。

そして 実際は 、 本日 菜園の 正午の 天候は  予報 通り  
しかも 微風です 。   

ああ  もうすぐ 春なのかなあ   と云う 天候です 。 

   1月31日 菜園 の  正午の  気温は  8.0 
      そして 畝の温度は   表面では  17.0 ℃
           深さ  5 cm の 所では   5.5 ℃
           深さ 10 cm の 所では   4.0 ℃ 
です 。

しかし 、 本日も 地中は まだ 冬の 様 ですね   


3日後の
2月3日は 節分の日 です 。  
「 鬼は外 福は内 」 の “ 豆撒き ” の 日 です 。 
“ 豆撒き ” は 是非 行って 、 福を取り入れたい もの ですね  
その翌日 2月4日 は 立春です 。 

あと4日で その立春の日 と なります  。 
それからが いよいよ 春です 。 
菜園作業も 準備 本格化 です 。

菜園を 見渡すと    ~ 
昨日まで 、 葉っぱ だけは 元気で 立派であった ブロッコリ-に 
異変が 発生しています 。
本日の 状況を 図―1で 示しました 。

 
             図―1   葉っぱ を 食い荒らされた ブロッコリ-

野鳥が ブロッコリ-の 葉を 食い散らかして いる  様です 。
図-1 中 の  黄色枠で 被害部を 拡大いたしました 。 

そう云えば 、 先週の 半ば あたりに “ ヒヨドリ ” らしき 
鳥が 木に 停まって 、 あたりを 観察している 様でした 。
奴が 再飛来して 、 葉っぱ を 食った ・ ・ ・  ・ ・ 

他の 菜園の ブロッコリ-を 見てみると 、 無防備の ものに 
ついては 、 本菜園と 同様に  葉っぱ が 食われています 。

しかし A さんの 畝の ブロッコリ-は 殆ど 無傷 ・ ・  ・ 。
なるほど その筈 です 。 
ブロッコリ-の 上部に 、 横方向に 数本の 釣り糸を を しかけて
いました 。 
その為 鳥が 羽根の傷つくのを 恐れて  近付かなかった 様です 。

“ 葉物野菜 を 食する鳥 が いる ” を 忘却 しておいて 、
ふと 思いついた 手前勝手な 川柳 
 【 頂花蕾  出来る見込み 無いならば  
   撤去してしまうぞ  ブロッコリ-    】 の
心境です 。

しかし ちょっと 待てよ   ・ ・ ・  未だ 葉っぱ が 
再生して その内に 頂花蕾 が 出来るかも  ・ ・ ・  


“ ヒヨドリ ” らしき 鳥を 見た時に 、 防鳥手法 しておけば
  ・ ・ と 後悔するも    既に あとの祭り   です 。

もう少し 様子を 観ても 、 次作 ( とうもろこし )  の
の 種蒔き には  間に合い そう 。

2月末 までは 暫く 様子を みよう    に 決定 です 。        



  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント

頑張る 絹さや & スナップ豌豆

2013年01月30日 | 日記
天気予報 では 、 本日は 「 暖かく 穏やかな 天気です 」  ・ ・ ・  とか

それに 誘われ 、 いざ 菜園に 出勤する ・ ・ ・  と ・ ・ ・ 

実績は 、
本日 菜園の 正午の 天候は  予報通り  です 。   
しかも 気温は 冬場とは 異なり 、 確かに 春らしい 大気温です ・ ・ ・ ・ 
しかし 北西の風が かなり 強い     

ああ  未だ未だ 寒い ・ ・ ・   冬    です 。         

   1月30日 菜園 の  正午の  気温は  12.0 
      そして 畝の温度は   表面では    20.0 ℃
           深さ  5 cm の 所では     9.0 ℃
           深さ 10 cm の 所では     5.0 ℃ 
です 。
穏やかな日 とは 云えない様な 体感です 。 
そして 地中 ・ ・  まだ 冬の まっただ中 の 様 ですね  


ところで 
1月17日の記事 では 「 寒起し 」 完了 と 記載
いたしました 。  
無理が祟ったのか 、それとも 日頃の トレーニング不足 なのか 
いずれか で しょうが 、 その数日後 から 左手首に 痛みを 
感じる 様に なりました 。 
温熱湿布を 貼り 準静養で 、 最近 やっと の 事で 痛みも 
回復し 始めた 様です 。 
その間 約10日の間は 、菜園作業は 出来ず ・ ・ ・ 
見回り作業 と 今年の 春・夏野菜 栽培の為の 準備 に 時間を 
費さざるを 得ませんでした 。


さて 久し振り の 菜園出勤です 。

1月24日の記事 では 
『 ブロッコリ-  絹さや・スナップ豌豆   タマネギ は 、
  春 4月~ 5月頃 まで  生育して 貰い 、
  その後 収穫の 予定です                              』 
と 記載した 時点では 、 絹さや・スナップ豌豆 は 全て 元気に 
生育中 でした 。

本日の 久方振り の 菜園出勤で 、 
 野菜類の 異常の有無 に ついて 確認 いたしました 。

“ 絹さや ” で  葉っぱが 一部で 黄変 したもの が 1株 、
そして  “ スナップ豌豆 ” でも 幹の先端で 萎びた もの が 1株  、
やや異常 と 思えるものが 見つかりました 。

図―1  図―2  で 示しました 。  

ちょっと 心配です  ・ ・  ・   ・    ・   

  
          図―1  葉っぱ の 一部が 黄変した  “ 絹さや ” 

  
          図―2  尖端の 葉っぱ が 萎びた  “ スナップ豌豆 ”

しかし 、 他の 株は 元気で 、 全く 問題なく 育成している 様です 。


今までは 、
 絹さや・スナップ豌豆 に ついては  幹・葉 の 水分が 寒気に より 
 凍結し その結果 凍死する 事を 懸念して 、 養分・日照 を 
 制限して 生長を 抑制させて いました 。 

 その為に 追肥を 差し控えたり 、 防風対策を 兼ねて 篠竹で 苗を 
 覆ったりして 日照を 妨げて いました 。

 そして 寒さを  乗り越えて 貰おう  と して いたのです 。


しかし もうすぐ 立春です 。 

栽培者の 身勝手 なのですが 、 春からは どんどん 生長して 貰い 
花を 咲かせ  結実して 貰いたい のです 。

春が 来れば 、 栄養分 や 水分 を 充分に補給 しますので 
それまでは  我慢して 頑張って ね   

あと 数日の辛抱   です 。        よろし            


  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 
コメント

インタ-ネットの 通信販売 で  種 購入

2013年01月26日 | 日記
菜園の 状況 ですが 、 行うべき 作業は 既に 完了 しています 。
2月の 中旬 ~ 下旬 までは  、 菜園に植わっている 野菜類に 、 異常が
発生して いない 事の 観察作業 が 中心 です 。 

2月の 中旬に なりましたら 、 畝への 施肥 や 入手した 野菜種の 播種
開始 の 時期と なります 。  ・ ・ ・ それまでは  休息が メイン です 。
休める時には  やすん  で  お こ ~ っ と   


本日は 、 準備中の 野菜種類 に ついて  記載いたします 。

1月23日の記事 では  
『 春からの 播種に 備えて 、 ホ-ムセンタ-で  購入した 
  種について                                                』
記載いたしました 。

一方
1月21日の記事 では 、
『 【 プリンスメロン 】 、 【 ミニ姫かぼちゃ 】 、
  【 姫とうがん 】 、 【 ズッキ-ニ 】 、 【 マスクメロン 】
  【 万願寺とうがらし 】 については 、 まだ 時期が  
  早すぎるのか ?   
  ホ-ムセンタ- では 取扱いが されて いない 様です 。  
  この 6品種類 の 種 に ついては 、 インタ-ネット
  の 通信販売 を 利用して 入手 の 予定です 。                      』
と 記載し 、 
その日に 、 図―1 の 取り扱いの メ-カ-に 通信販売 での 送付依頼
を 致しました 。

それぞれの メ-カ-から 、 本日までに 全ての 依頼品が 郵送されて
来ました 。 
早いものは 送付依頼後 3日目 には 送付されて 来ました 。
一方 遅いものでも 、5日目 には 送付されて 来ました 。

2~3週間の 間に 届けば いいや   と 思っていました
ので 、 メ-カ-さんの 通信販売 ・ ・ そのアクションスピ-ドの 
早さには 驚かされました 。 
メ-カ-さんの宣伝 を する 訳では ありませんが 自分自身 の 失念
防止の 為に 、 図―1 の 内容を 敢えて 記載する 事に 
致しました 。


  
              図―1  春・夏野菜 として 購入した 種類



★ “ プリンスメロン ” の 種 の 購入

 昨年度も 、“ プリンスメロン ” 地這え 作付け  で 4 ~ 5個 / 株  
 の 、 甘い成果 を 得る事 が 出来ました 。 

  
        図―2   購入した “ プリンスメロン ”の 種

 それ故 今年も  栽培する 事に 致しました 。



★ “ ミニ姫かぼちゃ ” の 種 の 購入

 昨年までは 別の 種メ-カ-の 「 栗坊 」 と云う 品名を 
 作付け していました 。

  
        図―3   購入した “ ほっこり姫 ”の 種

 特に 変更理由は ありませんが 、 今年は 「 ほっこり姫 」 と 云う 
 名の 別メ-カ-の ものを 作付け して みる 事に致しました 。
 成果も 同一の 掌サイズ の ものとか ・ ・ ・  



★ “ 姫とうがん ” の 種 の 購入

 昨年は 消費が 容易でない程 の 大豊作で でした 。 
 とうがんの 粕漬け に 使用いたしました 。 

  
        図―4   購入した “ 姫とうがん ”の 種

 今年も 、  柳の木の下・・・  の 何とか  やら 狙いで 
 作付け する 予定です 。



★ “ ズッキ-ニ ” の 種 の 購入

 昨年度は 、 7月9日の記事 等で 示しました 垂直生育手法 が
 効果があり 、随分 楽しませて頂きました 。
 今年も ・・・・・ 

  
        図―5   購入した “ ズッキ-ニ ”の 種


 今年は 〈 垂直生育 + 吊上げ  方式 〉 による 生育手法を 
 検討して みよう 思います 。



★ “ ネットメロン ” の 種 の 購入

 昨年度 、“ プリンスメロン ” の 栽培では 豊作 でした 。  
 今年は その経験 を 活かして ネットメロン の チャレンジ です 。 

  
      図―6   購入した “ ネットメロン ” ( モナミ レッド ) の 種


 メ-カ- の 解説では 、 「 モナミ レッド 」 と 云う 品種が 
 比較的 作りやすい  とか  ・  ・  ・  
 甘い成果 を 得る事 が 出来るでしょうか ? ? ?  



★ “ 万願寺とうがらし ” の 種 の 購入

 昨年度は 、 ピ-マンの栽培では 秋口から 豊作 。  
 今年は その経験 を 活かして 初めての “ 万願寺とうがらし ” の 
 チャレンジ です 。 

  
       図―7   購入した “ 万願寺とうがらし ” の 種

 “ 万願寺とうがらし ”は 「 からし 」 と 名が 付いて 
 いますが 、 辛くないそうで 食感 が よいとの事 ・ ・ ・ 



以上で 、 図―1 に 示した 作付け計画の 種は 全て 準備が 出来ました 。
時期を みて 、 2月中旬 から 播種して 行く 予定 です 。              



  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 

コメント

大根の収穫 と 防風壁

2013年01月24日 | 日記
本日の 天候は  です 。  
      風も 弱く 春の様な 暖かな 気候で 
            正に  作業日和 です  ・  ・  ・   

   1月24日 菜園 の  正午の  気温 は  11.0 ℃
        そして 畝の温度は   表面では  20.0 ℃
             深さ  5 cm の 所では  17.0 ℃
             深さ 10 cm の 所では  12.0 ℃ 
です 。

1月16日の記事 で 
『 現在 菜園の 畝 に 植わっている もの としては 、 
  白菜 ( 4 株 )  ブロッコリ-( 8 株 )  
  絹さや・スナップ豌豆 ( それぞれ 約 8 株 )
  防風用の大根 ( 約 23 株 )  ほうれん草 ( 約 10 株 )  
  そして タマネギ ( 約 1000 株 ) が あるだけです 。

  ブロッコリ-( 8 株 )  絹さや・スナップ豌豆 ( それぞれ 
  約 8 株 )  タマネギ ( 約 1000 株 ) は 、
  春 4月~ 5月頃 まで  生育して 貰い 、 その後 
  収穫の 予定です

  しかし 畝に残っている 白菜 ( 4 株 )   防風用の大根 
  ( 約 23 株 )  ほうれん草 ( 約 10 株 ) 春菊 等 
  については  近日中に 収穫し 完全に 撤収し 、 その後 
  の 畝に ついては 「 寒起し 」 の 予定                     』
と 記載し 、 その後  「 寒起し 」 の 計画を 実行 いたしました 。

その結果 
 ブロッコリ-( 8 株 )  絹さや・スナップ豌豆 ( それぞれ 約 8 株 )
 防風用の大根 ( 約 23 株 )  そして  タマネギ ( 約 1000 株 )  
 が  畝に 残っている 全てです 。


本日は  防風用の大根 ( 約 23 株 ) の内 5株を 収穫しました 。
残りの 大根は 18株 と なりました 。

大根は 、 絹さや・スナップ豌豆 畝 の 南で 栽培しています 。 
その為  絹さや・スナップ豌豆 に 対しては 、 冷たい 北風 ・ 北西風 
からの 直接的な 影響は ない様です 。 
 (  北側には 、 12月3日の記事 の 様な  御役御免の 野菜葉・茎
   による 防風壁を 設けています 。   )
しかし  冬場では 冷たい風が 南東・南西 からも  回って 吹いて
きますの 風よけ を 設けた方が 賢明 と 思われます 。

大根を 収穫した 後に 、 図―1 の 様に 、 比較的 高く  土寄せを 
行い 、 大根の 寒冷対策と 風よけ対策 を 兼ね させました 。

  
         図―1  大根 畝の 土盛による  絹さや等 の 防風壁

収穫した 大根は 、 「 ブリ大根 」  や  「 薄切り大根 の 昆布和え 」  
に 使用の 予定 です 。 



「  薄切り大根 の 昆布和え  」  は 、
  大根を 厚さ 1~2 mm 程度 の 銀杏切り に し 、 
  そして 人参も 同じ 程度の 厚さで 細切れ に して 、 
  容器に 投入します 。 
  それに 市販の 繊維状に 刻んだ 昆布を 適宜 混ぜ  、 
  最後に 寿司酢 を 適量 加えて 更に 混ぜ合わせます 。 
  粘り気 が 出てくれば  完成 です 。
  10~20分 放置すれば  美味しく 食べれます 。               


  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 
コメント

ホ-ムセンタ- で  種 購入

2013年01月23日 | 日記
菜園の 状況 ですが 、 行うべき 作業は 既に 完了 しています 。
2月の 中旬 ~ 下旬 までは  、 菜園の “ タマネギ ” や 
“ 絹さや ・ スナップ豌豆 ” “ ブロッコリ- ” に 、 異常が 
発生して いない 事の  観察作業 が 中心 と なります 。 

本日
 天候は   ですが  風も 弱く 作業日和 です ・ ・ ・   
   1月23日 菜園 の  正午の 気温は   7.0  ℃
      そして 畝の温度は   表面では   15.0  ℃
           深さ  5 cm の 所では    9.0  ℃
           深さ 10 cm の 所では    6.0  ℃ 
です 。

上記の 4種 の 野菜類は 特に 異常なく 、 降雪 そして その
後の 寒さに じっと 耐えながら 、 春の来るのを 待っています 。


ここから 後では 、 
     春からの 植付け 野菜の事に 
              話題を 移しましょう 。

1月21日の記事 で 
『 春・夏 の 栽培野菜 の 種 購入計画 を 図示 致しました 。 
  “ 茄子 ” “ じゃが芋 ” “ きゅうり ( 節成 ) ” 
  “ 白瓜 ” “ 丸オクラ ” を ホ-ムセンタ-で  購入する           』
と 記載いたしました 。

本日は 、
 下記の 種を 購入の為に ホ-ムセンタ- に 立ち寄り  致しました 。



★ “ 茄子 ” の 種 の 購入

昨年度までは 、丸茄子・白茄子 も 作付け していましたが 、 今年は 
最も ポピラ-な 中長茄子 に 限定して 栽培する 事に 致しました 。

  
          図―1  購入した “ 茄子 ” の 種

その 代表的な 品種である 【 千両二号 】 の 種を 購入する 事に
致しました 。
購入したものを 図―1 で 示しました 。



★ “ じゃが芋 ” の 種芋 の 購入

本年度は 従前とは 異なり 、ホ-ムセンタ-等 では 、 “ じゃが芋 ”
の 種芋の 売り出し を 、 早めに 開始 している 様です 。
昨年度の 実績では 3月末には 、 種芋は 売り切れて いた 
様でした 。
それ故 、 今年は その購入に 当たっては  少し 早めですが 、 
図―2 の 様に 、 昨年と同様に 3品種の 種芋を 各 1 Kg  づつ 
購入 致して おきました  。 

 
               図―2   購入した  “ じゃが芋 ” の 種芋 

発芽が 始まるまでの 暫くの間 、 暖かい所で 保管し 、 発芽した 
際には  2~3 ヶ所 の 芽部 / 芋  に 切断し 、 切断面を 
草木灰 で 処理して 、 菜園に 植付ける 予定です 。



★ “ きゅうり ( 節成 ) ” 種 の 購入

種メ-カ-の解説では “ きゅうり ” には 【 節成り型 】 
【 飛び節成り型 】 【 中間型 】 の 3種 が あるとか ・・・
昨年までは 、 品種には 無頓着で 栽培していたみたい てす 。
どうやら ポピラ-な 【 飛び節成り型 】 或は 【 中間型 】を 
栽培していた 様です 。
今年は 、 注意して 、 図-3 の 【 節成り型 】 の 
ものを 購入してみる 事に いたしました 。

  
        図―3   購入した  “ きゅうり ( 節成 ) ” の 種

【 節成り型 】 は 、 小蔓 や 孫蔓に 実がつくのでなく 直接 
幹に 実が なる そうである   と か  ・ ・ ・



★ “ オクラ ( 丸オクラ ) ” 種 の 購入  

当地に 隣接の 熊谷市の ホ-ムセンタ-で  図-4 に 示しました 
種を 購入しました 。

  
      図―4   購入した  “ オクラ ( 丸オクラ ) ” の 種

購入品 の 袋の 裏側には 、 図―5 の様に  大きさが 
15cm 程度 に なっても かたくならない と 記載されています 。 
昨年まで 栽培していた 五角形の “ オクラ ”は 生長速度が 大で 、
2~3日 収穫の 時期が 遅れると  すぐに 10cm 以上 の 
大きさ と なりました 。
そして 成果も 繊維質 と なり 、 固くて 食べられなく なって
しまう と 云う 欠点が ありました 。

  
       図―5  “ オクラ ( 丸オクラ ) ” 種袋の 裏面表示

 今回 栽培する “ オクラ ( 丸オクラ ) ” では その様な 危惧は 
 無い様です ので  一安心  です 。  栽培結果が 楽しみです 。



★  “ 白瓜 ” 種 の 購入 

市販の 奈良漬は 美味です 。
10月26日の記事 では 市販の 奈良漬に 匹敵する漬物を 、
瓜 の 代わりに とうがん で 代用して みる事に 致しました 。 
結果は 、 やはり 食感が 少し 異なりました ネ   
今年は 本格的に 奈良漬に チャレンジ ・ ・ ・ する 事に 
致しました 。
その為にも 瓜 又は 白瓜 が 必要 です  。 
瓜の 一種である “ 白はぐら瓜 ” を 栽培する 事に 致しました 。 

  
        図-6    購入した “ 白はぐら瓜 ” の 種 

種を 、 熊谷市の  ホ-ムセンタ-で 、 図-6 に 示しました 
種を 購入しました 。




★  “ 大玉とまと ” 種 の 購入 

事の ついでに 図-7 に 示しました “ 大玉とまと ” の 種も 
購入しました 。

  
       図-7    購入した “ 大玉とまと ” の 種 

残り種が 少々ありますが 、 横浜地方 に 住む人の 
 「 多量に 作ってほしい 」  との 要望 に より 
    種も 追加購入 する 事に 致しました 。                   


  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 



コメント

栽培野菜 の 種 購入計画 

2013年01月21日 | 日記
1月19日 20日 の 両日は 家事の為 、 ブログの 更新は 出来ませんでした 。
そして 本日は その休養 の ための 日 

20日 ( 昨日 ) は 大寒 の 日 でした  。 
寒中に 行わねば ならない 作業は 、 既に 1月18日 までに 片づけて
いますので  ・ ・ ・   ちょっと 休憩でも いいっか  で す  ・  ・  ・

そうは 云うものの 、休養 の ための 日でも 、 春からの 菜園野菜 の 
事が 気になります 。

本日は 、 春からの 菜園野菜 の 事を 考えて 、 
今後 準備 しなくては ならない 種の 種類に ついて 整理して 
みました 。
残り種の あるもの については 、 支障の 無いかぎり そのものを 
優先させて 使用したい と 思います 。


12月8日の記事 では 、
『 来年度の 夏野菜 栽培 計画  について 記載 致しました 。
  その計画では “ すいか ”  “ プリンスメロン ”  “ ミニかぼちゃ ”  
  “ 茄子 ” “ とうがん ”  “ ズッキ-ニ ”  “ とまと ”  
  “ じゃが芋 ” “ 枝豆 ” “ トウモロコシ ”  “ きゅうり ( 節成 ) ”
  “ 白瓜 ” “ オクラ ( ダビデの星 丸オクラ ) ” 
  “ 冬とれタマネギ ( シャルム ) ” “ 万願寺とうがらし ”  
  “ マスクメロン ”  を 計画して いました  。                    』

また 、 12月13日の記事 で
『 今回 初めて 栽培 しよう と している ものは 
  【 ダビデの星 】 、 【 シャルム 】  、【 丸オクラ 】  、 【 白瓜 】、
  【 マスクメロン 】 、 【 万願寺とうがらし 】  等 です 。
  前の 2品種 は 特種品で 、 ホ-ムセンタ-では 入手が 簡単では 
  なさそう 
  それ故 インタ-ネットで 取扱いの 業者に 直接注文 する 事に 
  致しました 。  
  後の 4品種は 、 近所の ホ-ムセンタ- で 手配ですので 、 
  種蒔の 時期に 購入の予定です 。                         』 
と 記載しましたが 

“ きゅうり ( 節成 ) ”  “ 白瓜 ” “ オクラ ( ダビデの星 丸オクラ ) ” 
“ 冬とれタマネギ ( シャルム ) ”  “ 万願寺とうがらし ”  
“ マスクメロン ” に ついては  今年  初めて 栽培する 野菜類です 。

【 ダビデの星 】 ( “オクラ ” ) 、 【 シャルム 】 ( “ 冬とれタマネギ ” ) に
ついては 、 12月13日の記事 及び 12月23日の記事 で 示しました 様に
既に 入手済 です 。

  
       図―1  今後の 栽培野菜  種子 購入計画

図―1 では 、 これから 必要な 種の種類 を リストアップ してみました  。

【 プリンスメロン 】 、 【 ミニかぼちゃ 】 、 【 姫とうがん 】 、 【 ズッキ-ニ 】 
【 白瓜 】 、 【 マスクメロン 】 、 【 万願寺とうがらし 】  については  
比較的 ポピュラ-な 野菜ですので 、 その種は ホ-ムセンタ-でも 
販売 しいているだろう  と  考えていました 。
三軒の ホ-ムセンタ-で 探してみました 。 

   ところが どっこい   の  結果です 。
【 白瓜 】 については ホ-ムセンタ-で 購入が 可能でした 。

しかし 【 プリンスメロン 】 、 【 ミニ姫かぼちゃ 】 、 【 姫とうがん 】 、
【 ズッキ-ニ 】 、 【 マスクメロン 】 、 【 万願寺とうがらし 】  については 、 
まだ 時期が  早すぎるのか    取扱いが されて いない 様です 。  

この  6品種類  の 種  に ついては 、 
インタ-ネットの 通信販売 を 利用して 入手 の 予定です 。

通信販売では 配達費が かかりますが 、 しょうがないっか  
   早めに 手配して 一安心 しよ~ぅ と  ! !            

  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント

“ タマネギ ” への 追肥

2013年01月18日 | 日記
先日の 降雪 の 影響 が 、 まだ 残っています 。
溶出した 水分 及び 夜間の 寒波による その 水分の  霜柱化 。
そして 日中の 太陽による 霜柱の 再溶解 、 この繰り返し が 
続いて います 。 

その 影響で 、 半ぬかるみ の 状態が 続いて います 。
あぜ道 も 、 昨日と 同様に 、  通行には  容易でない 状態です 。


さて 菜園の 状況 ですが 、 
天候は  ですが  風が ビュンビュン と ・ ・ ・   
駐車している 自転車を 、 転倒 させる くらいの 強風 です 。
   1月18日 菜園 の 正午の 気温は   5.5   ℃
      そして 畝の温度は   表面では    5.5   ℃
           深さ  5 cm の 所では   2.5  ℃
           深さ 10 cm の 所では   2.0  ℃ 
です 。
一方 深さ 20 cm の 所でも 、
                  以外と 冷たく   3.0  ℃ でした 。

昨日まで 飽きもせずに 「 寒起し 」 を 実施していましたが やっと
計画した 畝 全て で 「 寒起し 」 が 完了 いたしました 。

今日からは 別な 作業の 開始です 。

そこで 本日は タマネギ への 追肥 を 行う 事に 致しました 。
タマネギ は 図―1 の 様に 、 寒さに 耐えながらも 、
中央から 新芽を 出して います 。

植付け分は どうやら ほぼ 順調に 生育 を 続けています 。

  
     図―1  寒さに 耐えながら 生育している 「 タマネギ 」 

先回の 追肥は 11月30日に 行っていましたが 、 春に 
おける 生長に 向かい 、 今時分の 追肥が 最適と 考えられます 。

図―2 で 追肥の 状況を 示しました 。

  
          図―2 「 タマネギ 」への 追肥を 行った 畝 

追肥は 、 牛糞 鶏糞 そして 硼素を含んだ化成肥料 を ほぼ
4:4:1 の 比で 混合したものを 使用致しました 。

畝の 「 タマネギ 」 ( 概略 1000本 ) の 間に  肥料を 
散布し 、 除草を 兼ねて 、 「 ホ- 」 で 中耕して おきました 。


今回の追肥で 、 追肥回数は 2回目です 。
今後の 追肥は 、 2月の下旬~3月上旬 に かけて あと 1回         
行なう 予定です 。                                  

  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント

「 寒起し 」 完了 

2013年01月17日 | 日記
1月14日 の 「 成人の日 」 の 「 爆弾低気圧 」 の 為に 降った 雪 が
その後 、 日中の 暖かさ の 為に 溶けだし  そして 夜間の 寒波で 
霜柱を 形成したり  が 、 繰返し 続いています 。 

その 影響で 、 本日も 畝は 水分を 多く 含み 、 半ぬかるみ 
の 状態と なっています 。
あぜ道 も 、 昨日と 同様に 、 通行には  容易でない 状態です 。


さて 菜園の 状況 ですが 、 天候は   強い 北風  です 。 
   1月17日 菜園 の  正午の 気温は  5 ℃ 
     そして 畝の温度は     表面では   8 ℃
           深さ   5 cm の 所では  5 ℃
           深さ  10 cm の 所では  4 ℃ 
です 。 
       一方 深さ 20 cm の 所では 、 4 ℃  でした 。


今年 に なり  数度に わたり 「 寒起し 」 を 実施 している 事
について 記載して いますが 、 本日も  またまた 飽きもせずに
「 寒起し 」 の 記事です 。
しかし 、 本日を 以て 「 寒起し 」 の 記事 は 最後 です 。

それは 、 計画した 畝 全て で 「 寒起し 」 が 完了 した 為です 。


昨日の記事 では 
『 今後 「 寒起し 」  の 必要な 畝 としては 「 ほうれん草・
  春菊 」 の 畝 が 残っています 。
  これ等 に ついては 近日中に 実施の予定です 。           』
と 記載 致しました 。

本日は 、 その 「 ほうれん草 ・ 春菊 」 の 畝 について
「 寒起し 」 を 実施 致しました 。  
図―1 で 「 寒起し 前後 」 の 様子を 示しました 。

  
           図―1  「 ほうれん草 ・ 春菊 」畝の 「 寒起し 」 

これで 、 「 寒起し 」 は  完了   で す     

  長い間   シ ン ド カ ッ タ  ・ ・ ・ ・ ・  

       バ    !!                       



  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント

続 ・ 寒起し

2013年01月16日 | 日記
1月5日の記事  1月8日の記事  1月9日の記事  1月11日の記事 
等 で 「 寒起し 」を 実施している 事を 記載しています 。

本日も 、 飽きもせずに 「 寒起し 」の 記事です 。          

一昨日は 「 成人の日 」 で 「 爆弾低気圧 」 の 為 風も 強く 
本格的な 雪 と なり 各地の 交通手段に 大きな 影響を 
与えた 様でした 。
そして 昨日は その低気圧も 東方に 去り  空は 晴れて 
いましたが 、 冷たい 強い風が ビュ-ビュ-と 音を 立てながら 
吹いて いました 。 
しかし 太陽の 恵みが 一昨日の 降雪を 溶かして いました 。

溶けた 雪は 、 菜園の表土に 多量の 水分を もたらし 、
昨日の夜 の 寒波で 、 再度 霜柱を 形成した 様です 。 
 
本日 
 菜園 出勤時 の 頃には 、 その霜柱も 陽射し に より 溶けて 、 
 畝は 水分を 多く 含み 、 半ぬかるみ の 状態と なっていました 。

  
         図-1  半ぬかるみ 状態の あぜ道

その為に あぜ道 では 、 図―1 で示しました 様な 状態と なって 、
通行には  容易でない状態 と なって しまいした  。


さて 菜園の 状況 ですが 、 天候は  で 微風 です 。
   1月16日 菜園 の  正午の 気温は  9  ℃
      そして 畝の温度は   表面では   14  ℃
           深さ  5 cm の 所では   7  ℃
           深さ 10 cm の 所では   4  ℃ 
です 。
一方 深さ 20 cm の 所では 、
                  以外に 暖かく  9  ℃ でした 。



昨日の記事 では 
『 さあ また 本日も 菜園作業として 、 あの 辛い 重労働の
  「 寒起し 」 の 再開です   と  決意し 菜園に 行きました
  が  ・  ・  ・  ・  ・ ・
  しかし 、 低温 及び 強風に 耐えきれず 、 
  決意は  明日以降  に  御預け  ・   ・  ・ ・ ・   
      そして 退散です   。                            』 
と なって しまいました 。

今日こそ  「 寒起し 」 の 再開です  
畝に残っている 白菜 ( 4 株 ) 、 防風用の以外の大根 ( 8 株 ) 
について 収穫 ・ 撤収し 、 その後 の 畝に ついて 
「 寒起し 」 を 実施 致しました 。


  
              図-2  白菜 畝の 寒起し 前・後

図-2 では 白菜 ( 4 株 ) 畝の 寒起し前・後 に ついて 示しました 。

  
              図-3  防風用の以外 の 大根 畝 の 寒起し 前・後

図-3 では  防風用の以外の大根 ( 8 株 ) 畝 の 寒起し前・後 に 
ついて 示しました 。

今後 「 寒起し 」  の 必要な 畝 としては 「 ほうれん草 ・ 春菊 」 
の 畝 が 残っています 。
これ等 に ついては 近日中に 実施の予定です 。

ところで 、 収穫した 白菜 ・ 大根 は 
     どの様に して  頂きましょうか  ・ ・ ・ ・ ・              

  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント

初雪の あと ・ ・  ・ 

2013年01月15日 | 日記
昨日は 「 成人の日 」 で 休日 でしたが 、 「 爆弾低気圧 」 の
為 朝10時 頃 から 風も 強く 本格的な  と なり 各地
では 、 航空便の欠航 、新幹線の遅れ 、高速道路の通行止め が 
続出し 交通手段に 大きな 影響を 与えた 様でした 。

本日は その 低気圧も 東方に 去りました 。 
そして 空は  ですが 、 冷たい 強い風が ビュ-ビュ-と 
音を 立てながら 吹いて います 。    

体感温度 と しては 、 非常に 冷たく 感じます 。        


菜園に 降った 雪も 菜園出勤時間 の 頃には 溶けて 、 畝は
水分を 多く 含み 半ぬかるみ の 状態と なっています 。
絹さや・スナップ豌豆 は 図―1 の 様に 、 そして 大根は 
図-2 の 様に 降雪をも 諸ともせずに 、 元気に 育って います 。

  
      図―1   雪にも 負けずに 元気な 絹さや・スナップ豌豆


  
       図―2   寒さに 耐え 忍んでいる  大根


さて 菜園の 状況 ですが 、 
   1月15日 菜園 の 午後1時の 気温は   3.5 ℃ 
       そして 畝の温度は     表面では     8   ℃
            深さ  5 cm の  所では     6   ℃
            深さ 10 cm の  所では     4  ℃ 
です 。

さあ また 本日も 菜園作業として 、 あの 辛い 重労働の 「 寒起し 」 の
再開です   と  決意し 菜園に 行きましたが  ・  ・  ・  ・  ・ ・

   現在 菜園の 畝 に 植わっている もの としては 、 白菜 ( 4 株 )  
   ブロッコリ-( 8 株 )  絹さや・スナップ豌豆 ( それぞれ 約 8 株 )
   防風用の大根 ( 約 23 株 )  ほうれん草 ( 約 10 株 )  そして  
   防風用の以外の大根 ( 8 株 ) タマネギ ( 約 1000 株 ) が ある
   だけです 。

   ブロッコリ-( 8 株 )  絹さや・スナップ豌豆 ( それぞれ 約 10 株 )  
   タマネギ ( 約 1000 株 ) は 、 春 4月~ 5月頃 まで  生育
   して 貰い 、 その後 収穫の 予定です 。

   しかし 畝に残っている 白菜 ( 4 株 ) 防風用の以外の大根 ( 8 株 )
   株 )  ほうれん草 ( 約 10 株 ) 等 については  近日中に 
   収穫し 完全に 撤収し 、 その後 の 畝に ついては 「 寒起し 」 
   の 予定  。

   ほうれん草 と 同じ 畝に 残っている 春菊 も 、 主芽は 既に 
   収穫を 終了して いますが 、 脇芽の 生長が 期待されますので 
   暫く 放置して いました 。
   しかし 、 寒さの為に 期待した 程 生長しないので 思い切って 
   今回 撤収する事に しましょう    
   そして 「 寒起し 」 の 作業を 行おうと  ・ ・ ・   。

   本日は 、ほうれん草 ( 約 10 株 ) の 最終収穫 を 行い 、 
   春菊 と ほうれん草 が 植わっている 畝 の 「 寒起し 」 の 実施 
   を ・ ・ ・ 。 
   また ついで として 、 白菜 ( 4 株 ) も 収穫し  それが 
   植付け られて いる 場所に ついても 、  「 寒起し 」 の 実施
   を  ・ ・ ・  。 

以上の 決意で 臨んだ の ですが 、  低温 及び 強風に 耐えきれず 、 
    決意は  明日以降  に  御預け  ・   ・  ・ ・ ・   
           そして 退散です   。                         


本日の 成果は 、 残念ながら 大気温度 及び 畝の温度 の 測定のみ  ・ ・ ・
です 。                                              

  最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 


コメント