かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・綴っていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「朝倉での田中克成さんの講演会」

2018年01月14日 | 大分県
今日は、朝倉市などでは、行方不明者の捜索がありました。九州北部豪雨以来、毎月一度行われているそうです。
 

そんな中で、朝倉市総合市民センター大ホールで新春の講演会がありました。



新春のお饅頭つきの講演会です。


この講演会は、ヨットで単独無寄港無補給世界一周した白石康次郎さんや「命の授業」を展開する腰塚勇人さんなどのエネルギッシュな講師が講演していただけます。
 


日田に勤務していた時のお家の方のご配慮で、チケットをいただきました。
 


今回は、ポテンシャリスト「田中克成さん」の講演会でした。


インターネットなどでポテンシャリストって何だろうと検索すると、
「深層心理的に分析するだけでなく、解決策を見つけ出す、心の病に苦しむ人を救い出せる職業」と書かれています。
 


「道に迷う若者たちへ」という原稿を書いた人の本を出版したく、出版会社を立ち上げます。

本は出版したものの売れない。

「流通の仕組みに頼らず、リヤカーでも引っ張って売ってみろ。」と冗談半分のある企業の方の言葉を受けます。

2013年から2016年まで、アドバイスから、イメージを描いて、全国47都道府県6248キロを歩いて行脚します。これだけでもすごい。
最初は本は全く売れませんでした。

しかし、また歩く中での出会いでアドバイスをもらいます。


〇縁ができた人に本を売ろうとするな。
 
「本は売らなくてもいい。」縁ができた人と、体験したことを伝えたり、相手の話を掘りまくったりしながら、まずコミュニケーションをとることです。


途中、悪たちの出会い、不良牧師アーサーさんとの出会いなど興味深く聞かせてもらいました。


本を売ることに血走っていた田中さんの行脚の姿が変わっていきます。

出会った人たちとの本が要るか要らないかだけの会話30秒から長い時間続くようになります。


その中で、思いが伝わり、口コミで田中さんの行脚が有名になります。


〇人生は振り子、マイナスはない 

人生には、流れがあります。4つの成功のバイオリズムの法則・周期があります

①成長期(新しいことを吸収する)
②停滞期(依存する。人のせいにしたり、出来事のせいにするなど)
③活動期(ほめられる。しかし、全部ひとりでやりとげたと過信をする。周りを批判する。しかし、結果はついていこない。)
④過渡期(人が去る、心がついていけない、余裕がない。死のうとする。)でもここであきらめない。必ず価値観との出会いがある。湧いてくる感情がコントロールできるようになる。600人いて、600人、100%超えられている。


そして、また①に戻る。
というサイクルがあります。
人は4つの波を繰り返しながら、成長と進化を遂げていくというのです。



〇人は生まれてから現在に至るまでの困難を常に同じ能力で乗り越えてきた

 
人には、困難を乗り越える3つのタイプがあります。その能力とは、
①デザイナータイプ(デザイナー)常に夢を描いてそれに向かって走っていく  
②プランナータイプ(設計士)期日を決めて、逆算しながら物事に取り組む  
③ビルダータイプ(大工さん)やるべきことをこつこつと取り組んでいく。

自分がどのタイプなのかを知ることが、大切で、デザイナーがプランナーになれないし、プランナーがビルダーになることもできない。デザイナータイプが違うタイプになろうとすると大きなストレスを抱くことにもなる。

 
 


「あきらめてはいけない」
「人生は必ず好転をする」


そんな話を聴いていきました。

田中さんの話から、たくさんの学びがありました。会場いっぱいの方は、時間が過ぎるのも忘れて聴き入っていました。


途中の道からの朝倉の風景では、捜索日のために報道陣の方も河川にいました。また多くの被災した跡も見ました。

この地でこの話を聴くことができたのも意味のあることだと思いました。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「冬くんを楽しもう」 | トップ | 「いよいよ受験シーズンがや... »
最近の画像もっと見る

大分県」カテゴリの最新記事